東洋医学

セラピストが知っておきたい東洋医学の基礎知識

みなさん、こんにちは。関西支部の井上です。

本日も当協会の公式ブログをお読みいただきありがとうございます。

本日のテーマ『東洋医学の基礎』についてです。

柔道整復師やPTOTの方はあまり馴染みがないかもしれませんが、臨床で活用できることがたくさんありますので、今回ご紹介させていただきますね。

<目次>

  1. 陰陽五行
  2. 東洋医学に人体の考え方
  3. 気の種類と作用

陰陽五行

基本的な考えである陰陽五行ついて説明していきます。

まず陰陽説とは、「全ての現象や原理は陰と陽の二つで構成されている」という考えです。

要するにすべて正と反の二面性を持っているということです。

陰は『静止したもの、内向的、下降的、寒冷的、暗いもの』を差し。

陽は『動くもの、積極的、外向的、温熱的、明瞭的』を差します。

自然界で表すと、暗闇や夜、冬は陰になり、昼間や夏は陽になります。

私たちの体を表すと、組織、内臓は陰になり、エネルギーや生命力は陽になります。

また、女性は陰で、男性は陽です。

また陰陽のバランスが崩れると体内に不調が生じます。

ここまでの説明で陰陽はなんとなくイメージができると思います。

次は五行についてです

五行とは『木・火・土・金・水』という五種類の物質を指し、全ての原理原則はこの五行からできているという考えです。

下記の図は五行色体表と言います。

ちなみにこれはほんの一部です。

五行

五臓

五腑

小腸

大腸

膀胱

五根

唇(口)

耳(二陰)

五主

血脈

肌肉

五志

例えば、木の欄をご覧ください。

下に肝、胆、目、筋、怒と続いています。

肝臓の調子が悪い人は、胆嚢も同時に悪くなり、目や筋肉が衰え、怒れない(やる気出ない)性格になります。

逆の考えも然りで、常にイライラしている人は、目が血走って、筋肉が硬くなり、肝臓や胆嚢に影響を与えます。

ですから、肝臓が硬い人は『仕事やプライベートで常にイライラしている』かもしれません。

東洋医学に人体の考え方

気・血(けつ)・津液(しんえき)

気・血津・津液は臓腑(内臓)・器官・経絡などの生理活動を営む源です。

気には、臓腑(内臓)・器官・組織の新陳代謝を推し進める作用(推動作用)や、体熱の産生、保持する作用(温煦作用)、疾病の原因から生体を守る作用(防御作用)などがあります。

血は東洋医学では「けつ」と呼び、血液を差します。

津液は体内の水分の総称です。

血・津液はともに、滋養作用があります。

気・血・津液は精(生命の源)が生成変化したもので、両親から受け継いだ先天の精と。食べ物から得た後天の精から作れます。

では、次はさらに細かく、深掘りして説明していきます。

気には主に五種類あります。

原気

原気は、両親から受け継いだ先天の精の変化したもので、生命活動の原動力となるものです。

食欲、性欲などの生きようとする欲求をもたらす気です。

また、原気は、中焦(消化器)よりもたらされる後天の精によって補給され、臍下丹田に集まり、三焦(リンパ管と言われてる)の働きにより、経絡を介して全身の臓腑・器官・組織に活力を与えています。

宗気

宗気は、肺において、後天の精と天の気(酸素)が交わって、胸中に集まる気のことをいいます。

また、宗気は五臓の心と肺に関係が深く、これらの活動を支えています。

心の拍動を力強く、そして規則正しく行わせたり、呼吸を発声をしっかりさせます。

ですから、東洋医学では呼吸、特に深呼吸、横隔膜の活動を大切にしています。

営気

営気は、後天の精から作られる陰性の気をいいます。

営気は、津液を血に変化させ、血とともに脈中を行き、一日に人体を巡り、臓腑や手足などを栄養し、それらの活動を支えます。

衛気

衛気は、後天の精から作られる陽性の気をいいます。

衛気は、脈外や体表近くで活動し、皮膚を温めたり、収斂作用や、また外邪から守る役割を持っています。

真気

真気は先天の精と後天の精からなるもので、人体の正常な活動を支える気を総称したものです。

要約すると五つの作用があります。

推動作用

人の成長や発育やそのほかの生理活動や新陳代謝をする働きで、ここまで紹介してきた気と全て関わりを持ちます。

温煦作用

臓腑・器官などの全ての組織を温め、体温を保持する役割を持ちます。

腎と深い関係性があります。

防御作用

体表において、外邪の侵入を防御する働きで、特に衛気と関係が深いです。

固摂作用

気・血・津液をつなぎ留める作用で、血が脈外にもれないようにしたり、汗や尿がむやみに漏れ出るのを防いだりします。

気化作用

精が気に、気が津液や血に変化したり、津液が汗や尿となって体外に出る働きがあります。

脾・肺・腎と深い関係があります。

血の源は飲食物であり、中焦(消化器)よりもたらされる後天の精から作れます。

また肺の呼吸作用に深く関係しています。

働きとしては、営気とともに、脈中を流れ、四肢や臓腑を栄養し、その働きを支えます。

また、血は夜、寝ている時に肝に戻り、覚醒、活動時に、必要に応じて脈中に流れます。

このことから、寝起きの痛みは肝臓が関係していることが多いです。

津液

津液の源は飲食物であり、体内の水分を総称したものです。

津は陽性の水分をいい、主に体表を潤し、体温調節や発汗、尿の調節を行います。

液は陰性の水分をいい、体内を流れるもので、骨や脳、目口鼻などの粘膜に潤いを与えます。

こうして改めて、東洋医学の勉強を行うと、いかに日常生活、特に食事が大事かが分かります。

摂取したもので身体が作られていると言っても過言ではありません。

そして身体を悪くして来られる患者さんは間違った食事法や不健康なものや甘いものを食べていることが多いです。

たとえどんなにいい治療をしたとしても、その人が毎日、ファーストフードやチョコばっかり食べいたら、治りませんよね。

ですから、患者さんを治療するためには、食事指導が必須だと考えています。

では、本日はここまでです。

今回は東洋医学の基本概念についてご紹介してきました。

次回は東洋医学から見る内臓についてご紹介していきます。

 

では、最後まで当協会の公式ブログをお読みいただき、誠にありがとうございます。


関西支部 井上

追伸

栄養学、内臓・頭蓋治療、筋骨格手技、運動療法、経絡、エネルギー治療、メンタルアプローチ、心理学を掛け合わせた内容について、ALLアプローチ協会公式メルマガにて配信しております。 興味のある方は、公式サイトよりご登録お願いします。

理学療法士-作業療法士-セミナー

セミナーのご案内

いよいよ【心理学×筋膜・経絡・内臓セミナー】が開催されます! 心理学とすべてのテクニックを掛け合わせた最先端の技術セミナーを学べます! テクニックだけではなくメンタルアプローチや人生の価値基準の高め方なども学びるセミナー。 以下がセミナー詳細です

セミナー

ピックアップ記事

  1. 西洋・東洋の類似点
  2. どんな人でも行動できるようになる秘密のルールとは?
  3. 内臓治療には欠かせない東洋医学の概念 肝臓編
  4. リンパ系アプローチテクニックの重要性について・・・
  5. マニアック肝臓解毒シリーズ 「硫酸化」

関連記事

  1. 内臓治療

    【経絡・内臓治療】東洋医学における肝臓と心臓

    みなさん、こんにちは。関西支部の井上です。本日も当協会の公式ブログ…

  2. ALLアプローチ協会

    内臓治療の負荷・禁忌について【好転反応‐マニュピレーション】

    内臓治療の負荷・禁忌について【好転反応‐マニュピレーション】 …

  3. 東洋医学

    東洋医学における 「中庸」ってなんだ?

    おはようございます。 allアプローチ協会 鈴木 正道です。 …

  4. ALLアプローチについて

    瞑想の重要性・効果・方法【内臓治療精度や集中力アップ】

    瞑想の重要性・効果・方法【内臓治療精度や集中力アップ】皆さん こん…

  5. ALLアプローチ協会

    頭蓋治療について【クラニオセイクラル‐1次呼吸‐頭蓋仙骨療法】

    頭蓋治療について【クラニオ‐1次呼吸‐頭蓋仙骨療法】皆さん こんに…

  6. 内臓治療

    脈診とは?【内臓評価・テクニック・東洋医学】

    脈診とは?【内臓評価・テクニック・東洋医学】From 山口拓也…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. 筋膜

    筋を緩めるのはなぜですか?
  2. 山口拓也

    腸腰筋を治療することで得られる数多くのメリットとは…?パート①
  3. 山口拓也

    頭蓋仙骨療法を治療する際の順番
  4. ALLアプローチ協会

    【症例報告】下部胸椎と消化器系の関係とは?  
  5. ALLアプローチ協会

    【内臓治療】逆流性食道炎に対するアプローチと思考方法
PAGE TOP