渡会賢太

【膝OA】膝痛×浮腫を同時に改善させるマル秘テクニック公開

 

いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございます!

ALLアプローチ協会 テクニカルトレーナー 渡会賢太です。

本日も、

勉強熱心な理学療法士・作業療法士・柔道整復師・整体師などセラピストの皆さんに向けて、

明日からの臨床ですぐ使える治療のアイデアやヒントをお伝えします。

 

今回は、

【膝OA】膝痛×浮腫を同時に改善させるマル秘テクニック公開

というテーマでお話していきます。

 

前回のブルグでも、

OAに対して、

局所へのアプローチについてお伝えしていきました。

 

今回は、

膝の痛みと、

「浮腫」

を同時に併発している方への、

具体的なアプローチについてお話していきます。

 

変形性膝関節症の患者様で、

膝の痛みにプラスして、

「膝の浮腫」、「下腿の浮腫」、「足部の浮腫」

がある方っていませんか?

そしてこういった方って、

膝の痛みがなかなか改善せずに、

治療が難渋するケースが多くて、

結構苦労しませんか?

 

このように、

膝痛+浮腫掛け合わせた患者様には、

両方の症状に対して、

同時にアプローチしていくための、

治療のアイデアやテクニックが必要になってきます。

そうでないと、

すぐに痛みが戻ってしまい、

なかなか膝の痛みが改善しません。「

浮腫も同時に改善させていかなければなりません。

そうなると、

また注射で水を抜かないといけなくなったりして、

根本的な解決がいつまで経っても達成できません。

 

では、

「どのようにして膝痛と浮腫を同時に改善させるのか?」

その部位と具体的なアプローチについてお伝えしていきます。

 

【足趾に注目せよ!】

膝痛+浮腫の改善に重要な部位としては、

「足趾の骨間膜」

になります。

この骨間膜が短縮し硬くなってしまうと、

荷重時に十分に床に足底が接地せず、

不安定な状態になってしまいます。

そうなると、

膝や股関節に負担がかかります。

傾向的に高齢者になると、

股関節周りの筋肉の働きが落ちてくるので、

結果的に、

膝に負担がかかってしまい、膝の痛みへと繋がっていきます。

 

さらに、

足趾の骨間膜に硬結が起きることによって、

「足背動静脈」

の狭窄や捻じれなどが併発的に起きてきます。

慢性的になってくると、

血管自体が硬化ないし骨化してしまうこともあります。

 

「静脈還流量」

ようするに、

末梢から中枢(心臓)に戻る血液量がうっ滞してしまうと、

全体の血流量が低下してしまうといった生理学的な現象があります。

これを、

「ステーリングの法則」

といいます。

 

その生理学的根拠からも言えるように、

足部と下腿、膝にかけての浮腫の原因となり、

老廃物や疼痛物質などが溜まり、

なかなか痛みが引かない。

自然治癒が促進せずに、

さらに状態が悪化したり、

痛みが戻ってしまう。

といった状態になってしまいます。

 

なのでまずあなたは、

足趾の骨間膜を調整するスキルが、

浮腫を伴う膝痛に対して結果を出すために、

重要になってきます。

 

今回は、

当協会のプレミアムコースでもお伝えしていない、

足趾骨間膜・足背動静脈」のリリーステクニックについて、

特別に公開いたします!

 

実技テクニックはこちらから↓↓

 

 

【触診部位】

中足骨と中足骨の間。

足趾の伸筋腱と中足骨の間。

こうした部分に硬結ができやすいです。

【治療のコツ】

  中足骨から骨間膜を剥がしていくようなイメージで圧を加えて動かしていく。

  動かした際に緩みやすい方向があるので、その方向を探りながら動かしてい超制していく。

  再評価で足趾の動きが出てきた李、骨幹部の圧痛が減っていればオーケー。

※1患者様によっては、結構痛みを訴える方も多いので、患者様の訴えを聞きながら強さは調整してください。

※2血管が軟化している方で圧が強すぎると内出血を起こす方もいるので、高齢者や廃用症候群で寝たきりに近いような方は注意して行ってください。

 

<まとめ>

今回は、

「浮腫を伴う膝痛の改善テクニック」

についてお伝えしました。

浮腫を無視して膝の痛みを取り切るのはなかなか難しいですから、

同時に改善させる治療のアイデアやテクニックを持っておくことは重要です。

そして何より、

膝痛も浮腫も取れれば、

患者様はとても喜びますし、

より信頼されるセラピストにあなたはなっていくことでしょう!

是非、皆さんの臨床で活用していき、

患者様に貢献していただけたらと思います。

 

本日は以上になります。

最後まで当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございました!

ALLアプローチ協会 テクニカルトレーナー 渡会 賢太

 

心理学×筋膜・経絡・内臓セミナーはこちらから

 

ピックアップ記事

  1. 【五十肩】肩挙上最終域の痛みに関係の深い筋膜・内臓・頭蓋骨とは?
  2. ほんとに知ってる?食物繊維の働き!ポイントは3つ!
  3. 腎臓治療について【反射点一覧ー内臓治療 腎臓編】
  4. 薬と肝臓の関係とは?【降圧剤‐副作用‐解毒】
  5. 内臓治療における必要な生理学 膵臓治療編

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    【触診が苦手なあなたへ】セラピストのための身体感覚調整法について

    かk皆さんこんにちは♪ALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー…

  2. ALLアプローチ協会

    【内臓治療】内臓のマルチタスク・内臓治療の禁忌と留意について

    皆さんこんにちは♪ALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー 渡…

  3. ALLアプローチ協会

    触診を磨きたいあなたへ 触診の極意「イメージ力」

    皆さんこんにちは♪ALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー 渡…

  4. 健康・体質・栄養

    【血管アプローチ】下肢の血流を改善する7つのポイント

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  5. 山口拓也

    トリガーポイント(筋膜)と経穴(経絡)の関連性について【リハビリ セミナー】

    トリガーポイントと経血の関連性についてFrom 山口拓也埼…

  6. ALLアプローチ協会

    なぜ、大腰筋で五十肩が改善するのか?

    新年あけましておめでとうございます。今年もALLアプローチ協会をよ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. ALLアプローチ協会

    【実技】大腰筋治療 内臓・経絡・運動連鎖からのアプローチ
  2. 内臓治療

    膵臓の位置・機能を知っていますか?【膵臓₋治療₋内臓】
  3. ALLアプローチ協会

    坐骨神経痛介入の新しい知見!~運動連鎖の視点から考える~
  4. 内臓治療

    【筋膜・隔膜治療】ボウストリングの構造、治療概念に関して
  5. 山口拓也

    足底腱膜の重要性について【解剖‐役割‐痛み】
PAGE TOP