筋骨格系

【大腿骨頸部骨折】歩き始めの痛みへの対策~動作・活動レベル編~

ALLアプローチ協会 スタッフの渡会です。

本日も当協会の公式ブログをお読みいただきありがとうございました。

前回は、

「歩き始めの痛みへの対策~機能・構造レベル編~」

というテーマでお伝え思案した。

復習はこちらからどうぞ。

https://goo.gl/sk34Pq

今回は、

「歩き始めの痛みへの対策~動作・活動レベル編~」

というテーマでお伝えさせていただきます。

 

 

前回までの内容をおさらいすると、

・立位の時点で、患側のIC(イニシャルコンタクト)が十分に機能する筋・関節の状態に整える。

・ICに深い関わりがある筋と、それらの筋をどのような状態に調整していくのか。

についてお話をしました。

ここからは、

実際にICが有利に機能するための筋・関節の状態に調整をした後の話になります。

ポイントは、

立位の時点

でICが機能できる筋・関節の状態になっているかです。

おそらく、筋を調整する際は、

臥位の状態にしてアプローチをしてくと思います。

さらには、

生活の場面では必ず臥位姿勢は寝るときなどに取りますよね。

つまり、

・寝返り

・起き上がり

・立ち上がり

の動作で、

ICに不利な筋・関節の状態、パターンを作って今うと、

立位の時点でICに不利な筋・関節の状態となり、

結果、

歩き始めの痛みの改善には繋がらなくなります。

この、

・寝返り

・起き上がり

・立ち上がり

の動作学習に対するアプローチが最後は重要になります。

では具体的なアプローチ方法を解説していきます。

まずはキーマッスルを紹介します。

それは、

腸腰筋

です。

ICが有利に機能するには、

腸腰筋は求心位である必要があります。

つまり、

腸腰筋を使いながら立位までの動作が行えているか。

がポイントになります。

<寝返り・起き上がり>

・バックラインの代償に注意!

頸部骨折・転子部骨折術後早期は、股関節の内外旋・内外転のコントロールが上手く行えず、側臥位ではなく長坐位を経由した動作となりやすいです。

それが、習慣化し学習をしてしまうと、常に広背筋や腰方形筋、脊柱起立筋などバックリアンでの代償パターンでの動作となり、ほとんど腸腰筋を使わないままになってしまうので、側臥位を経由した起き上がりを獲得・習慣化させる必要があります。

<立ち上がり>

・大腿直筋・大腿筋膜張筋での代償に注意!

体感前景~離臀のタイミングで、この2つの筋が過剰に働いてしまうと、下腿は前傾せず股関節は外旋し、結果骨盤法後継位に入り、腰椎は後彎します。

腰椎が後彎するということは、腰椎前彎に作用する腸腰筋は求心性に収縮がしづらい状態になります。

なので、体感前景~離臀部のタイミングで、腸腰筋を使った純粋な股関節屈曲が行えるようにしていく必要があります。

 

以上のポイントを踏まえて、

どうしたら腸腰筋を求心性に収取を行いながら、

寝返り・起き上がり・立ち上がりが行えるのかを評価しアプローチしていただければと思います。

本日は以上になります。

最後まで、当協会の公式ブログをお読みいただきありがとうございました!

ALLアプローチ協会 渡会 賢太

本日も最後までお付き合いいただきありがとうございました。  今日も一日良い時間をお過ごしください。

追伸
栄養学、内臓・頭蓋治療、筋骨格手技、運動療法、経絡、エネルギー治療、メンタルアプローチ、心理学を掛け合わせた内容について、ALLアプローチ協会公式メルマガにて配信しております。
興味のある方は、公式サイトよりご登録お願いします。↓

理学療法士-作業療法士-セミナー
セミナーのご案内はこちらから↓

ALLアプローチ協会

ピックアップ記事

  1. 目線の動きで自分の身体感覚を上げる方法!!
  2. 栄養ください!!肝臓は、無料で働かない
  3. 冷え性の知識と原因(臨床思考の材料)
  4. 古傷、事故、外傷の既往が筋・筋膜・疼痛に与える影響
  5. 下肢外側の痺れに対する筋膜・運動連鎖アプローチ

関連記事

  1. 理学療法士-作業療法士-セミナー

    内臓治療

    腎臓の解剖学的イメージと膜について

    おはようございますAllアプローチ協会 鈴木 正道です。本日も…

  2. ALLアプローチ協会

    【骨格調整】脚長差が体に及ぼす影響(腰痛)(股関節痛)

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  3. セルフメンテナンス

    外反母趾に対する骨・筋膜・内臓アプローチ

    おはうございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、誠…

  4. ALLアプローチ協会

    リンパ系アプローチテクニックの重要性について・・・

    リンパ系アプローチテクニックの重要性について・・・…

  5. 山口拓也

    ポジショナルリリースセラピーって何?【筋硬結~筋緊張~治療への応用!】

    ポジショナルリリースセラピーって何?【筋硬結~筋緊張~治療への応用!】…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. ALLアプローチ協会

    冷え性改善治療【内臓アプローチや筋骨格テクニック】
  2. ALLアプローチ協会

    痛みの原因と分類を基礎から学び臨床に活かす(末梢神経・脊髄・脳)
  3. ALLアプローチ協会

    内臓と感情のタイプを徹底解説‼︎ 【内臓と感情で性格分析?】
  4. 内臓治療

    目線の動きで自分の身体感覚を上げる方法!!
  5. ALLアプローチ協会

    【内臓治療】胸骨・縦隔・胸膜にアプローチ(肺・心臓のつながり)
PAGE TOP