筋骨格系

横隔膜評価、テクニック編【呼吸補助筋や腰痛、背部痛】

横隔膜評価、テクニック編【呼吸補助筋や腰痛、背部痛】

皆さん こんにちは 
ALLアプローチ協会代表 山口拓也です。

いつもALLアプローチ協会公式ブログをお読み頂き、
ありがとうございます!
 
前回は、横隔膜の重要性
というテーマでお伝えしました。
 
復習はこちらからどうぞ↓
https://goo.gl/mWHSeJ
 
 
今回は、理学療法士、作業療法士、柔道整復師に向けて
横隔膜の評価・治療
というテーマでお伝えしていきます。

横隔膜の治療は頻繁に治療する部位なので
評価と治療について書かせて頂きたいと思います。

【横隔膜と肩こりの関係性】

まずは、横隔膜と肩こりの関係性は内臓の硬さや

呼吸補助筋を緊張を高めてしまいます。

横隔膜の硬さが、背部痛や腰痛、肩こりに関係することが多々ありますからね。

内臓と横隔膜の関係性については、前回の記事に書かせて頂いたので

ぜひご覧ください。

呼吸補助筋が硬くなる要因としては、

通常の吸気では、横隔膜、外肋間筋も使用する。

通常の呼気は筋肉を用いず、伸展された肺のもとに戻ろうとする力で行われる。(この時横隔膜は弛緩する)

そのため、横隔膜が硬いと安静呼吸から努力呼吸に変わってしまい呼吸補助筋を常に使い

肩こりにつながってしまいます。

【横隔膜評価】

横隔膜を触診する際は、肋骨弓から手を入れて硬さを確認してみてください。

【横隔膜治療】

動画をご参照下さい。

最後まで読んで頂き本当にありがとうございました!
それでは、また明日!
山口 拓也
本日の記事はいかがでしたか?

 

【もし、この記事が気に入って頂ければシェア・リツイートして下さると幸いです↓】

    

【セミナーご案内】

【メルマガ登録】

興味のある方は、公式サイトよりご登録お願いします。↓

LINE@登録はこちらから LINE@限定の治療テクニック配信中 

ピックアップ記事

  1. 蛋白質の選び方と注意点(動物VS植物)
  2. グルテンがあなたの患者さんの治りを妨げている!?
  3. 腎臓の解剖学的イメージと膜について
  4. 内臓治療の負荷・禁忌について【好転反応‐マニュピレーション】
  5. 胃の内臓治療が左肩痛・便秘などに影響するほど重要な治療部位である・・【内臓調整】…

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    しゃがみ動作での膝の痛みを改善させるには?

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、誠にありがとうございます…

  2. ALLアプローチ協会

    靴下着脱動作の獲得に有効な筋ランキング ベスト5

    皆さんこんにちは!ALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー 渡…

  3. ALLアプローチ協会

    リンパ系アプローチテクニックの重要性について・・・

    リンパ系アプローチテクニックの重要性について・・・…

  4. 筋骨格系

    【大腿骨頸部骨折】歩き始めの痛みがなかなか取りきれないあなたへ

    【大腿骨頸部骨折】歩き始めの痛みがなかなか取りきれないあなたへ&n…

  5. 山口拓也

    臀筋群と上・下殿皮神経、坐骨神経の重要性【支配・走行・障害について】

    臀筋群と上・下殿皮神経の重要性【腰痛・痛み・痺れの関係とは?】Fr…

  6. ALLアプローチ協会

    緊張性頭痛に対するアプローチポイント・思考方法

    おはようございます。All アプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. セルフメンテナンス

    【内臓治療】 肝臓が訴える不調のサイン(後編)
  2. ALLアプローチ協会

    リンパマッサージの重要性 セルフメンテナンス やり方【基礎・基本まで】
  3. 健康・体質・栄養

    【小腸インナーアプローチ】小腸内細菌増殖症SIBO 原因と対応策に関して
  4. 健康・体質・栄養

    便秘と下痢の定義とは?食物繊維&内臓治療&栄養指導について!?
  5. 筋膜

    股関節治療における動作・筋肉・アライメントの評価について
PAGE TOP