疾患別 治療

脳卒中片麻痺に対する姿勢コントロールの重要ポイント

おはようございます。

All アプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道です。

本日も当協会のメルマガをご覧いただきありがとうございます。

今日も、

理学療法士・作業療法士・柔道整復師・整体師などセラピストの皆さんに向けて、

明日からの臨床ですぐ使える治療テクニックや介入のヒントをお伝えします。

今回は脳卒中片麻痺に対する姿勢コントロールの重要ポイント

をお伝えしたいと思います。

最近の医療情勢としては、

片麻痺患者が退院したあと

継続的なリハビリテーションの継続が

困難になっているケースが増えています。

俗に言う、リハビリ難民ですね!

そこで登場したのが自費領域のリハビリセンター、

全国にチェーン店が増えており、

参入企業も増えているのが現状です。

 

世の中には、自費でもリハビリを継続したい人が

多くいるため、こういった事業が成功するケースが

増えているようですね。

 

今後町の整体院でも脳卒中片麻痺に対して

リハビリやコンディショニングをしていく

ケースが増えていくかもしれませんね。

 

もしくは、腰痛専門や疼痛専門よりも

継続したリピートが必要となる

分野になっていくのかもしれません。

 

私が病院や生活期で働いてきた経験から言えることは、

退院後の脳卒中片麻痺患者の運動機能は

いい意味(量的な意味)で向上する場合もあるが、

多くは質的な部分で低下する印象があります。

 

それは患者様が何を目指すかによるのかもしれませんが、

多くのケースで徐々に機能低下がみられます。

 

国は集団運動によるリハビリや

自治体の活動に任せる方向に舵を切っていますが

ストレッチを自分でうまく行うこともできない状態で

十分なセルフケアは困難なことが多いです。

 

本来は定期的なコンディショニングは必要と私は考えます。

 

理学療法士、作業療法士の方々は日常なのかもしれませんが、

柔道整復師の方々にとっては新しい分野になるのかもしれませんね。

 

今回お伝えする

片麻痺患者を目の前にした時に重要となるポイントが、

 

姿勢制御の観点と

 

 

触り方のポイントです。

 

 

【姿勢制御の観点】

姿勢制御に関して簡単に3つのポイントを挙げると

アライメント・支持基底面・重心をコントロールする能力です。

 

回復期から生活期にかけてもっとも困難となるのが

アライメントをコントロールすることです。

回復期の段階ですでに

自力では回復することができない

短縮を起こし、

動きたくても動けない、

バランスを取りたくても

バランスを取れない状態が

発生しているケースがほとんどです。

 

それは急性期のリハビリテーションの

リハビリ時間の少なさにも問題があるかもしれません。

 

急性期から非常に丁寧にアライメントや循環、可動域を

管理された病院の患者様は回復期で非常にスムーズな

回復の段階を踏むことが可能ですが、

 

多くの場合はベッド上でのポジショニング不良や

車いす座位の崩れ、リハ時間の短さによって

早期に短縮を起こし、それを回復期から

生活期にまで、ひきずってしまうことも多くあります。

 

実際に重度の異常緊張では

どんなに管理しても避けられない制限もありますが、

 

生活期(退院後患者)では

二次的に起きてくる身体機能の低下を

予防・改善していくことが重要となります。

 

 

このアライメント異常の原因である

短縮や筋の深部感覚の低下、

運動コントロールに対する触り方のポイントを

説明させていただきます。

 

 

ポイントは

筋の長さ・形・位置を整えること

正確に短縮している筋をみつけて伸長することです。

 

この触り方のポイントは

単純に片麻痺患者だけではなく、人間すべてに当てはまります。

パフォーマンスを上げたい場合、

運動感覚の入力や神経系の指令を

うまく伝えたいときに注意してみてください。

 

〈筋の長さ〉

単純にどの筋が伸びていて、どの筋が縮んでいるか

細かく評価できていないケースが多いので

注意してください。

筋は伸びることができて、縮むことができないと

十分な出力を発揮できないばかりか、

支持基底面を支える筋や体重がかかることで

伸長される筋は荷重感覚や姿勢緊張に

大きく影響するので十分に長さを作ることが

できるようにする必要があります。

 

〈筋の形〉

麻痺している筋や機能していない筋は

形が悪くなっているケースが多くみられます。

解剖的に言えば筋の区画がはっきりしていない状態

触っても筋のエッジが明確につかめない状態です。

こういった形の不明瞭な筋は脳の信号も正確に

伝わり辛い状態です。

自分でためしてみてもらいたいのですが、

どちらでもいいので三角巾の形を作るように

自分の筋のエッジを丁寧に触っていくと

肩の緊張や循環が変化し、肩を上げるときに

力が入りやすくなりますので試してみてください。

 

〈筋の位置〉

これは長さと形の複合した問題になりますが、

多くの場合筋が捻じれたり、

重力に負けて下がっているケースが多くあります。

形を整えながら捻じれや、下がっている筋を

持ち上げながら伸長することで腱の長さを

作っていくことも意識しましょう。

 

 

十分な筋の長さを作り、

筋の形・位置を整えることで

深部感覚情報はより良好なものとなり、

 

十分な可動域は、姿勢制御に重要な

アライメントを整える準備となります。

筋の状態が整い深部感覚が向上し、

アライメントが修正できる可動域があれば、

重心をコントロールする学習の段階に移行することが

できるので

 

お伝えしたポイントをもとに、

片麻痺、麻痺のある患者様に

アプローチしてみてください。

本日も最後までメルマガをご覧いただきありがとうございました。

今日も一日良い時間をお過ごしください。

鈴木 正道

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 片頭痛を筋膜リリースでスッキリ改善!?
  2. 冷え性改善治療【内臓アプローチや筋骨格テクニック】
  3. 人間関係の怒り・ストレスの解消法 合理的な方法とは?
  4. 内臓治療の精度・効果を更に上げる3つのポイントとは?
  5. 内臓評価時間を短縮する問診スキル「東洋編」

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    【内臓治療】免疫のひし形とは?

    皆さんこんにちは!ALLアプローチ協会 代表 山口拓也です。本…

  2. ALLアプローチ協会

    【内臓治療】アレルギーに対する内臓アプローチの思考方法

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  3. 山口拓也

    ジンクパターンの話

    皆さん こんにちは ALLアプローチ協会代表 山口拓也です。…

  4. セルフメンテナンス

    【栄養指導・たんぱく質 パートⅠ】セラピストに必要なタンパク質指導の知識

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  5. 五十肩

    肩外転時の上腕外側部痛・腋窩周囲の痛み 解剖学で解決

    皆さん こんにちはALLアプローチ協会  ブル と申します。本日は…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

プレミアムコースのご案内

年間コミニティー×オンラインサロン

栄養学プロフェッショナル認定コース

関連サイト

 

 

セミナー案内

最近の記事

マーケティング公式メルマガ

美容テクニック専門の公式メルマガ

心理学専門の公式メルマガ

Facebookページ

インスタグラム

Tik Tok

YouTubeチャンネル

 

 

 

 

 

 

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

スタッフ・仲間募集中

  1. ALLアプローチ協会

    【頚椎症】なかなかとりきれない痛みを改善させる!有効な内臓治療とは?
  2. ALLアプローチ協会

    受講者の声

    心理学に興味がある方にも受講をお勧めします。
  3. 山口拓也

    ラポール形成テクニック② オウム返しの重要性
  4. ALLアプローチ協会

    セラピストが最低限知るべき栄養学の知識とは?
  5. ALLアプローチ協会

    筋膜治療で大切な5つの癒着・硬結ポイントの紹介
PAGE TOP