経絡治療

【経絡】経絡治療の圧倒的メリットとは?

 

ALLアプローチ協会 山口拓也です。

いつも当協会の公式ブログをお読みいただきありがとうございます。

 

今回は、理学療法士・作業療法士・柔道整復師の方々へ向けて、

「経絡治療の圧倒的メリットとは?」

というテーマでお話しします。

 

経絡治療と聞いて、

実際にどういった時に使うといいのか?

そもそもそんな治療やったことがない!

といった方がほとんどだと思います。

私も初めは、

「使いこなせるようになったけど、」

「際あんま使う場面ないなー。」

「結果は出るけど、筋骨格治療で全然対応できるしなー。」

と、必要性やメリットを見出せませんでした。

しかし、

臨床経験を積む中で

「こういった患者さんには使えるな!!」

といった

圧倒的なメリット

を見出すことができました。

それは、、

「急性期の痛みや痛みを非常に感じやすい方」

にはかなり有効な治療法であると気づきました。

おさらいですが、

経絡というのは、

肝経、心経、腎経など、

12本の東洋医学でいう

気の流れ

が身体をそれぞれの経路に沿って流れていると言われています。

その

12パターンある経絡というのは、

筋膜のライン

とリンクしている部分があります。

例えば、

脾経・肝経・腎経などは、

ディープフロントライン

肺経は、

ディープフロントアームライン

と重なる部分があるため、

経絡を使うことで、筋膜の治療に応用ができます。

 

経絡治療は、

⓵井穴(せいけつ)またはその他の経穴(けいけつ)を調整する。

※井穴とは、足・手の爪の際にある気の流れの出入り口のこと。

⓶エネルギーを経絡に流していく。

といった治療テクニックがあります。

どちらも、

ほとんど患部を触れることなく治療ができる。

といった圧倒的なメリットがあり、

いわゆる、

徒手療法は積極的に行えないとされる、急性期の患者様や

閾値が低く、少しの刺激で痛みを感じてしまうような患者様7

には

この低刺激でできる経絡治療は

患者さんの負担を最小限に抑えることができるので、

とても喜ばれる治療法であるといえます。

事実

上腕骨骨折ope後の患者様を担当する機会があり、

上腕~前腕にかけて腫脹があり、

触るだけでも強い痛みを訴える状態でした。

この方に、

手指の井穴を押圧、またはエネルギーを経絡上に流し、ターゲットとなる筋・筋膜を調整する。

といったアプローチを行った結果、

ほとんど治療中に苦痛を訴えることなく、疼痛・可動域の改善につながりました。

つまり、

経絡治療を使いこなすことができれば、

徒手での介入が困難な患者様にもアプローチができ、

患者様の負担が減るので、

結果、症状の改善と満足度の高い治療を提供することができます。

逆に、

強い刺激や指圧による心地よさを求める患者様にはあまり向いていない治療だと思いますので、

その辺は使い分けていただければと思います。

どんな患者様にも満足していただける治療を提供できるようになるためにも、

経絡治療を学ばれることをおススメします!

 

(経絡に関係するYouTubeはこちら↓)

<関連記事>
筋膜×経絡×内臓調整のヒントについて
https://bit.ly/2QKbzfU

本日は以上になります。

最後まで当協会の公式ブログをお読みいただき、誠にありがとうございました!

FB・ツイッターなどでシェアして頂けると幸いです。

ALLアプローチ協会 代表 山口拓也

FBやツイッターでシェアお待ちしております↓✨

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 【内臓治療】便秘に対する内臓アプローチ(大腸の奇形や変形パターン含め)
  2. ロベットブラザーの法則って知ってる?頸椎治療の重要性!
  3. 【内臓治療】心膜リリーステクニック セルフメンテナンス
  4. 冷え性に対する筋膜治療アプローチ紹介
  5. カーフサインって知ってますか?【内臓の関係】

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    【内臓治療】免疫のひし形とは?

    皆さんこんにちは!ALLアプローチ協会 代表 山口拓也です。本…

  2. セルフメンテナンス

    ガンコな頭痛 首コリ 眼精疲労!経穴を使ったセルフメンテナンス

    おはようございます(^^)ALLアプローチ協会 ブル と申します。…

  3. 内臓治療

    【経絡・内臓治療】東洋医学における脾臓と肺

    みなさん、こんにちは。ALLアプローチ協会 代表 山口拓也です。本…

  4. 山口拓也

    筋膜×経絡×内臓調整のヒントについて

    今回のテーマは、「筋膜・経絡・内臓を掛け合わせて調整す…

  5. ALLアプローチ協会

    【筋膜×運動連鎖】階段昇降時の膝痛に肩のある筋肉が原因となる新事実とは?

    皆さんこんにちは♪ALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー 渡…

  6. ALLアプローチ協会

    リハビリセラピストでも聞いたことがある経絡×筋膜×内臓治療について(経穴編)

    リハビリセラピストでも使える上肢経絡治療についてFrom 山口拓也…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

プレミアムコースのご案内

年間コミニティー×オンラインサロン

栄養学プロフェッショナル認定コース

関連サイト

 

 

セミナー案内

最近の記事

マーケティング公式メルマガ

美容テクニック専門の公式メルマガ

心理学専門の公式メルマガ

Facebookページ

インスタグラム

Tik Tok

YouTubeチャンネル

 

 

 

 

 

 

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

スタッフ・仲間募集中

  1. ALLアプローチ協会

    古傷、事故、外傷の既往が筋・筋膜・疼痛に与える影響
  2. ALLアプローチ協会

    【腰痛治療 パートⅢ】腰痛に対して、運動連鎖を理解して筋膜を治療する
  3. ALLアプローチ協会

    大腰筋治療 内臓・経絡・運動連鎖からのアプローチ
  4. ALLアプローチ協会

    【経絡・内臓治療】東洋医学における腎臓アプローチ
  5. 内臓治療

    内臓治療における必要な生理学 膵臓治療編
PAGE TOP