触診術

硬結を見逃さない!腸骨筋の機能解剖と触診方法について

皆さん こんにちはALLアプローチ協会の 触診大好きセラピスト ブル と申します。

本日は1~3年目の理学療法士・作業療法士・柔道整復師・整体師など

新人セラピストの皆さんに向けて

 

「腸骨筋の機能解剖と触診方法」

 

というテーマについてお伝えしたいと思います。

どうぞよろしくお願い致します。

 

腸骨筋は大腰筋と小腰筋とあわせて腸腰筋と呼ばれています。

というのも腸骨筋と大腰筋は停止する手前で

お互いの筋繊維が交叉し合いますので腸腰筋として扱われることが多いみたいですね。

 

前回のテーマである大腰筋と隣り合った筋の走行ですし、

関連も深いですのでぜひここで学んでいきましょう。

 

まずは基礎知識から確認していきますね♪

 

【基礎知識】

起始:腸骨内面の腸骨窩の上2/3

停止:大腿骨の小転子

支配神経:大腿神経(L2~L4)

作用:股関節屈曲 外旋

   大腿骨が固定されている時は骨盤前傾

 

腸骨窩に起始があり、恥骨部で表層に近づいたのちに

大腿骨小転子に向かって走行しています。

 

支配神経は大腿神経です。

大腿神経の走行はとても面白くて、腸骨筋と大腰筋の間を走行しています。

 

大腿神経は腰神経叢の枝(L2~4)で重要な神経です。

股関節屈筋と膝関節伸展筋を支配し、大腿の前部と内側部分を覆う皮膚を支配しています。

 

他にも外側大腿皮神経が腸骨筋の近くを走行しています。

腰神経叢の枝L2~L3から腸骨筋の起始部付近かつ腸骨稜の少し下を走行していて、

鼠経靭帯と縫工筋のなす角に近い場所を通過して大腿へと走行しています。

外側大腿皮神経は読んで字のごとく大腿の前部・外側・背部領域の皮膚を支配しています。

 

腸腰筋、縫工筋などの癒着や、硬結が神経に与える影響を考えることも

臨床のヒントになりそうですね♪

 

実際に大腿近位外側部のしびれを訴える患者様に対して

腸腰筋のアプローチを行ったところ痺れが軽減したケースもありました。

人間の体って本当に面白いですよね!

 

次に腸骨筋のはたらきについてみていきますね。

 

【腸骨筋の働きについて】

作用は股関節屈曲 外旋です。

大腿骨が固定されている時(CKC)は骨盤を前傾させます。

 

大腰筋との違いは腰椎へのダイレクトな作用がないという点ですかね。

大腰筋は直接腰椎に起始をもっていますからね。

 

もちろん骨盤や股関節への作用から関節的に腰椎へ

運動が波及していくことは考えられますが、

ダイレクトに作用するかしないかという点で違いがありますね。

 

腸骨筋と大腰筋は並走していますので、

癒着や滑走不全が起こることで機能低下や痛みの原因になりやすい部位でもあります。

しっかりと触れるようにしていきましょうね。

 

ちなみに

ASISから2横指程度内側の部位恥骨部は癒着や硬結による滑走不全が起こりやすいです。

 

ということで上の2つのポイントを中心に触診方法についてお伝えします。

 

【触診方法について】

まずは恥骨部の触診についてです。

ランドマーク:「上前腸骨棘」

被検者:背臥位

触診の手順についてです。

1. 鼠経靭帯の位置を確認します。

  ASISから恥骨結節に向かって走行する鼠経靭帯を確認します。

2. 縫工筋を確認します。

    股関節屈曲外転外旋の複合運動をしてもらうと

    ASISから内下方に走行する縫工筋を確認できます。

3. 鼠経靭帯と縫工筋の間にある大腿動脈の拍動を感じてその位置を確認します。

4. 鼠経靭帯・縫工筋・大腿動脈に囲まれた三角の部分に手を当てて触診します。

    股関節屈曲運動をしてもらい筋の収縮を確認できればそこが腸骨筋です。

 

次に起始部付近の触診方法」についてもお伝えしますね。

ココも硬結ができやすいポイントです。

被検者:背臥位。

膝を立てて腹部の緊張をゆるめると行いやすいです。

触診の手順についてです。

1. ASISから2~3横指内側のポイントから床方向へ圧迫を加えます。

2. 床方向へ圧迫を加えたら、腸骨内側に向かって圧を加えて触察します。

 

いかがでしたでしょうか。触る事が出来ましたでしょうか??

家族や友達、同僚の方々と練習してみてくださいね♪

ちなみに起始部付近は大腸が位置していますので力任せに行わないよう注意が必要です。

相手の呼吸に合わせて少しづつ、少しづつ圧迫を加えていきましょう。

 

最後に腸骨筋のトリガーポイントについてお伝えしますね。

 

【トリガーポイントと関連痛】

腸骨筋のトリガーポイントはASISから2横指程度内側部恥骨周囲に発生しやすいです。

これらのトリガーポイントは

鼠径部大腿上部、そして腰部(腰椎に沿って縦に放散する)に関連痛を送ります。

 

【トリガーポイントの発生原因】

筋を酷使した場合に発生します。

(例えば、ランニングや蹴り動作の多いサッカーなど)

また、長時間の座位は筋を短縮させるため悪い影響を与えてしまします。

(例えば、長時間の車の運転・体育座りなど)

 

その他にも姿勢との関連も大きいです。

猫背姿勢などの不良姿勢は姿勢保持筋の過剰収縮を引き起こしてしまします。

代償によってアウターまで過剰収縮を引き起こしてしまうことがありますので、

その他の部位にまでトリガーポイントを発生させる可能性もあります。

 

これらの原因をつくらないためには、姿勢に注意を促すことも必要ですし、

長距離ドライバーやデスクワーカーなど長時間座っていることが多い方は

可能な範囲で休憩をとっていただき立ったり歩いたりして頂くよう生活習慣指導が必要です。

 

抗重力筋なので、どうしても姿勢によってもどりが起こりやすいと思いますので、

セルフストレッチの指導を行い日々メンテナンスをして頂く必要があるかと思います。

本日は

腸骨筋の機能解剖と触診方法、そしてトリガーポイントについてお伝えさせて頂きました。

 

以上になります。

本日も最後までブログを読んで頂き、本当にありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 片頭痛に対する頭蓋治療・内臓治療のポイント
  2. 仙腸関節の調整力ともどりに圧倒的な違いを創り出すタッチのコツとは?
  3. 頸長筋を治療することによる劇的なメリットとは…?
  4. 内臓治療をやる上で重要なイネイトインテリジェンスについて
  5. 【内臓治療】大腸の調整がたった3分で出来る5つのポイントとは?

関連記事

  1. 触診術

    知って得する!大腿筋膜張筋の機能解剖と触診方法

    皆さん こんにちはALLアプローチ協会の 触診大好きセラピスト ブル …

  2. ALLアプローチ協会

    触診の達人になるための「タッチのコツ」【内臓治療等で重要なタッチとは?】

    皆さんこんにちは♪ALLアプローチ協会 代表 山口拓也です。本…

  3. ALLアプローチ協会

    【評価テクニック】評価に必要な3つの診とは?(問診・視診・ 触診)

    皆さんこんにちは♪ALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー 渡…

  4. 触診術

    そうだったの!?スカルパ三角の臨床意義と触診方法

    皆さん こんにちはALLアプローチ協会の 触診大好きセラピスト ブル …

  5. 触診術

    おもしろ~い形してる!?大内転筋の機能解剖と触診方法

    皆さん こんにちはALLアプローチ協会 触診大好きセラピスト ブル と…

  6. 触診術

    トリッキーな作用が面白い!膝窩筋の解剖学×触診

    皆さん こんにちはALLアプローチ協会 触診大好きセラピスト ブル と…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

プレミアムコースのご案内

年間コミニティー×オンラインサロン

栄養学プロフェッショナル認定コース

関連サイト

 

 

セミナー案内

最近の記事

マーケティング公式メルマガ

美容テクニック専門の公式メルマガ

心理学専門の公式メルマガ

Facebookページ

インスタグラム

Tik Tok

YouTubeチャンネル

 

 

 

 

 

 

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

スタッフ・仲間募集中

  1. ALLアプローチ協会

    意外と知られていない頭蓋仙骨療法テクニックの部位とは?
  2. 内臓治療

    腹膜への内臓治療について解説
  3. セルフメンテナンス

    【栄養指導・たんぱく質 パートⅡ】セラピストに必要なタンパク質指導の知識
  4. ALLアプローチ協会

    【評価テクニック】経絡と筋膜を掛け合わせた評価方法
  5. ALLアプローチ協会

    リンパ系アプローチテクニックの重要性について・・・
PAGE TOP