触診術

硬結はココ!でもなんでココなの?後脛骨筋の解剖学×触診

おはようございます(^^)

ALLアプローチ協会 触診大好きセラピスト ブル と申します。

本日は1~3年目の理学療法士・作業療法士・柔道整復師・整体師など

新人セラピストの先生方に向けて

 

「硬結はココ!でもなんでココなの??後脛骨筋の解剖学×触診」

 

というテーマについてお伝えしたいと思います。

どうぞよろしくお願い致します。

 

それでは本日もイメージを持って触診をして頂くために

① 筋の走行と作用

② 硬結ポイントを解剖してみる

③ 触診手順 

の3ステップでお伝えしたいと思います。

 

【基礎知識】

起始:骨間膜、脛骨と腓骨(骨間膜付着部の近傍)

停止:舟状骨粗面、内側・中間・外側楔状骨、第2~4中足骨底

支配神経:脛骨神経(L4・L5)

作用:足関節底屈

   足部内反(回外)

   内側縦アーチの保持

アナトミートレイン:DFL(ディープ・フロント・ライン)

経絡:腎経・脾経・肝経

 

【後脛骨筋の走行と作用】

後脛骨筋は下腿骨間膜・脛骨・腓骨の骨間膜側より起始し、

主に舟状骨粗面、内側楔状骨へ停止後、足底に広く付着しています。

 

作用は足関節底屈、足部の内反(回外)に作用します。

足部が固定されている場合は下腿を後傾かつ内方へ引っ張ります。

 

足部内側縦アーチの保持に重要な筋としても有名です♪

内側縦アーチを構成している骨は後方から

踵骨・距骨・舟状骨・内側楔状骨・母指中足骨で、

このアーチ構造の要石となるのが舟状骨です。

この舟状骨を上方へと引き上げる作用があるため重要な筋として挙げられています。

 

【後脛骨筋の硬結ポイントを解剖してみる】

後脛骨筋の滑走不全が生じやすい場所として内果から3~4横指上方の部位は

有名ですよね♪

よりイメージしながら触診・アプローチが行えるためにも

なぜここに硬結が生じやすいのか

簡単にではありますが、みていきたいと思います。

 

まず解剖学的にはどのようになっているのでしょうか。

後脛骨筋は長趾屈筋と長母趾屈筋にはさまれるようにして始まり、

内果より約3横指上方で長趾屈筋と交叉(下腿交叉)します。

後脛骨筋が長趾屈筋の腱の下を横切っているんですね。

この長趾屈筋の作用は足関節底屈、第2~5趾の屈曲です。

また、足部の内反(回外)にも働きます。

 

後脛骨筋の作用と足関節底屈・足部の内反は同様ですが、

足趾の屈曲に作用するという点で違いがあります。

この作用の違いから足趾の過活動によって

長趾屈筋が後脛骨筋を圧迫してストレスが生じたり、

または腱が交叉しているという特徴から硬結による滑走不全が生じやすいと考えられます。

 

これらの滑走不全や短縮・過緊張が生じるとどのようなことが起きるのでしょうか。

足関節背屈制限はもちろんのこと

内側縦アーチ重要な筋ですので、偏平足など足部アライメントにも影響します。

また、後脛骨筋はDFLの一部であるため、

腰痛・肩こり、パフォーマンス低下の原因となる可能性もあるかと思います。

 

また、この場所は経穴でいうと三陰交(脾経)とよばれる場所でもあります。

経絡という観点からみた時に、ココは3つの陰脈(脾経・肝経・腎経)が交流している

というのもポイントです。

 

硬結による滑走不全が生じやすく、かつエネルギーも滞りやすい場所ですので

触診・アプローチする機会も多いのではないかと思います。

 

アプローチとしては

後脛骨筋と長趾屈筋との筋間を押圧しながら

足趾屈曲伸展を伴う足関節底背屈運動を自動他動運動で行ったり、

経絡の観点からは井穴をほぐす、または直接三陰交をマッサージしても良いと思います。

その際には経絡をイメージしながら行うと良いかと思います♪

 

他にも舟状骨粗面の場所も硬結が起きやすいです。

ココは母指外転筋と後脛骨筋腱が隣接しているため

硬結による滑走不全が起きやすいポイントですのでぜひ評価してみて下さいね。

 

それでは次に触診の方法をお伝えしますね。

 

【触診方法】

後脛骨筋腱の触察

〇被検者肢位: 側臥位

〇ランドマーク:「脛骨内果」「舟状骨」

〇触診の手順

〇後脛骨筋腱の触察

内果と舟状骨粗面の位置を確認します。

足部の回外・内転運動(内果と舟状骨を近づける運動)をしてもらうと

舟状骨粗面から内果後方に向かう腱が観察できますのでこれを触察します。

 

〇触診のコツ

足部の回外・内転運動をしてもらう際には足趾の屈曲が生じないように注意して下さい。

 

〇硬結ポイント

舟状骨粗面の硬結部位と内果上方約3横指の部位となりますので、触察してみて下さいね。

 

後脛骨筋は深層筋ですのでその筋腹の触察は困難であるとされていますが、

筋の輪郭や筋腹の位置をイメージしていくために、

以下に筋腹の触診方法も併せて書かせて頂きます。

筋腹の触察

〇肢位:腹臥位  膝関節90°程度屈曲位  足関節軽度底屈位
    ※下腿三頭筋の緊張を排除するため

〇後脛骨筋の筋腹を触察する

足関節の底屈位を保持した状態で、

他動的に足部の回内、外転運動を加えながら

先ほど触察した腱から近位に向かって触察していきます。

脛骨と腓骨に挟まれた領域の深層に筋腹があるので

下腿三頭筋を介して下腿骨間膜に向かって圧迫して触察します。

 

〇触診のコツ

筋腹の目安は下腿の中央やや外側に位置するので参考にしてみて下さい。

足関節が背屈位となると下腿三頭筋の緊張が高まり

触察が難しくなりますので注意してくださいね。

 

いかがでしたか?うまく触る事ができましたか??

家族や友人、同僚と練習してみて下さいね♪

後脛骨筋の解剖学×触診についてお伝えさせて頂きました。

 

本日は以上になります。

最後までブログをご覧頂き、本当にありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 坐骨神経痛の運動学的視点から改善させる方法
  2. 【経絡・内臓治療】東洋医学における肝臓と心臓
  3. 腎臓の解剖学的イメージと膜について
  4. 【五十肩】肩外転の痛みで、圧倒的な結果を出せる筋膜・経絡治療とは?
  5. 内臓治療・感情との関連とは?(上級者向き)

関連記事

  1. 触診術

    みんな大好き!大腰筋の機能解剖と触診方法

    皆さん こんにちはALLアプローチ協会の 触診大好きセラピスト ブル …

  2. 触診術

    トリッキーな作用が面白い!膝窩筋の解剖学×触診

    皆さん こんにちはALLアプローチ協会 触診大好きセラピスト ブル と…

  3. ALLアプローチ協会

    触診の極意「触診の在り方」とは?

    皆さんこんにちは!ALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー 渡…

  4. 五十肩

    母指球筋の解剖学×触診×リリースポイント

    ALLアプローチ協会 触診大好きセラピスト ブル と申します。本日…

  5. ALLアプローチ協会

    【評価テクニック】評価に必要な3つの診とは?(問診・視診・ 触診)

    皆さんこんにちは♪ALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー 渡…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

プレミアムコースのご案内

年間コミニティー×オンラインサロン

栄養学プロフェッショナル認定コース

関連サイト

 

 

セミナー案内

最近の記事

マーケティング公式メルマガ

美容テクニック専門の公式メルマガ

心理学専門の公式メルマガ

Facebookページ

インスタグラム

Tik Tok

YouTubeチャンネル

 

 

 

 

 

 

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

スタッフ・仲間募集中

  1. 五十肩

    肩こりアプローチ 見逃しやすい筋膜3つのポイントについて
  2. ALLアプローチ協会

    【腰痛治療 パートⅠ】腰痛に対して、運動連鎖を理解して筋膜を治療する
  3. ALLアプローチ協会

    【内臓治療セミナー事前学習】 肝臓アプローチのイメージを より明確にする(後…
  4. セルフメンテナンス

    頭痛と本気で戦う【インナーアプローチ編①】
  5. ALLアプローチ協会

    話題の鎖骨ほぐしについて【鎖骨アプローチ・テクニックの重要性】
PAGE TOP