触診術

背屈制限になるのはなぜ??長母趾屈筋の解剖学×触診

おはようございます!!

ALLアプローチ協会 触診大好きセラピスト ブル と申します。

本日は1~3年目の理学療法士・作業療法士・柔道整復師・整体師など

新人セラピストの先生方に向けて

 

「背屈制限因子になるのはなぜ??長母趾屈筋の解剖学×触診」

 

というテーマについてお伝えしたいと思います。

どうぞよろしくお願い致しますm(__)m

 

それでは本日もイメージを持って触診をして頂くために

① 筋の走行と作用

② 足関節背屈制限因子になりうる理由

③ 触診手順とリリースポイント

の3ステップでお伝えしたいと思います。

 

【基礎知識】

起始:腓骨体の後面(下2/3)

停止:母指末節骨底

支配神経:脛骨神経(L5~S2)

作用:足関節底屈

   足部内反(回外)

   内側縦アーチの挙上

アナトミートレイン:DFL(ディープ・フロント・ライン)

 

【長母趾屈筋の走行と作用】

長母趾屈筋は腓骨の後面下2/3に起始し、

アキレス腱の下方を通過後に載距突起を滑車として母趾の末節骨に停止しています。

 

作用は母趾の屈曲足関節底屈足部の内反(回外)

足部が固定されている場合は下腿の後傾に作用します。

 

長母趾屈筋はちょうど舟状骨の下面で長趾屈筋と腱が交叉しているポイントがあります。

この交叉しているという特徴に加えて、

足趾の過活動がみられる方などは滑走不全が生じやすい場所になります。

 

【どうして背屈制限因子になるの??】

この長母趾屈筋は足関節背屈制限を引き起こす原因にもなります。

それはどうしてでしょうか?

解剖学にそのヒントがあります♪

 

まずは結論から

長母趾屈筋が距骨の内後方への動きを妨げることで背屈制限を起こす

 

お手元の解剖書を見て頂きたいのですが、

長母趾屈筋は足関節の後方を走行していますよね。

もう少し詳しくみてみると、

距骨の後方を走行しているのがわかるかと思います♪

ここがポイントです!

 

通常

距骨が後方へ移動することで(脛腓関節にはまり込む)背屈運動が起こります。

 

しかし

この距骨の後方を走行している長母趾屈筋がなんらかの影響によって

(短縮や過緊張、筋膜の癒着など)

距骨の後方への移動を妨げてしまうと足関節の背屈制限を起こしてしまいます。

 

さらに距骨前には脂肪帯や関節包もありますので、

距骨が後方に移動しないことでこれらの前方組織が挟み込まれてしまい

痛みを生じることもあります。

 

もちろん

背屈制限になりうるものは他にも、

下腿三頭筋や後脛骨筋、アキレス腱深層にある脂肪帯(kager’s fat pad)や

足関節前面の脂肪帯など多岐にわたりますが、

足趾の過活動が見受けられる症例に対しては

この長母趾屈筋にもぜひ着目して頂けると良いかと思います♪

 

それでは次に触診の方法をお伝えしますね。

 

【触診方法】

〇被検者肢位: 側臥位

〇ランドマーク:「腓骨」「載距突起」

〇触診の手順

【長母趾屈筋腱の触察】

載距突起を確認し、そのすぐ後下方にある長母趾屈筋溝を触察し位置を確認します。

※載距突起は内果から約1横指下方にある踵骨にある突起です

他動的に母趾伸展を促す、または母趾の屈曲を促しながら

長母指屈筋溝~載距突起のすぐ下方を走行する腱の緊張を触察します。

 

〇触診のコツ

母趾の伸展を他動的に促す際は、素早く行った方が腱の緊張を触察しやすいです。

母趾の屈曲を促す際は2~4趾を屈曲位にする(長趾屈筋をたるませておくため)

 

〇リリースポイント

長母趾屈筋と長趾屈筋が交叉する場所(足底交叉)は舟状骨の下方に位置するため、

ここは滑走不全が生じやすい重要ポイントです。

足趾の過活動を起こしている方は要チェックです。

 

【筋腹の触察】

肢位:腹臥位 膝関節90度程度屈曲位 足関節軽度底屈位

※下腿三頭筋の緊張を排除するため

足関節底屈位を保持したまま、

他動的に母趾伸展を加えながら、または母趾屈曲を促しながら

足関節近位でアキレス腱下を外側に向かって交叉していく筋腹を触察します。

その後は腓骨の後面に沿って走行する筋腹を触察します。

長母指屈筋は下腿の近位1/3あたりが起始部であるため、

そこまで触察していきます。

 

〇触診のコツ

腓骨後面を指標にしながら触察するとイメージしやすいかと思います。

腓骨筋腱のすぐ後方を長母指屈筋が走行しているので

位置関係をイメージすると行いやすいです。

 

いかがでしたか?うまく触る事ができましたか??

家族や友人、同僚と練習してみて下さいね♪

YouTubeからご覧になる方はこちらからどうぞ↓

 

長母趾屈筋の解剖学×触診についてお伝えさせて頂きました。

 

本日は以上になります。

最後までブログをご覧頂き、本当にありがとうございましたm(__)m

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 【腰痛治療】大腰筋では取り切れない痛みを改善させる筋膜治療とは?
  2. 【花粉症】 内臓と筋膜を掛け合わせた治療法とは? 頸部痛との関係とは?
  3. 【評価テクニック】経絡と筋膜を掛け合わせた評価方法
  4. 頭蓋仙骨療法における脳脊髄液の基礎・生理学・治療までについて・・・
  5. 腸腰筋リリーステクニックの精度と効果を上げる3つのポイントとは?

関連記事

  1. 触診術

    トリッキーな作用が面白い!膝窩筋の解剖学×触診

    皆さん こんにちはALLアプローチ協会 触診大好きセラピスト ブル と…

  2. 触診術

    知って得する!大腿筋膜張筋の機能解剖と触診方法

    皆さん こんにちはALLアプローチ協会の 触診大好きセラピスト ブル …

  3. ALLアプローチ協会

    浮腫を一気に取り除く足部調整テクニックとは?

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございま…

  4. 筋骨格系

    足裏のしびれ 屈筋支帯×解剖学×リリース

    おはようございます(^^)ALLアプローチ協会 ブル と申します。…

  5. 触診術

    硬結を見逃さない!腸骨筋の機能解剖と触診方法について

    皆さん こんにちはALLアプローチ協会の 触診大好きセラピスト ブル …

  6. 触診術

    そうだったの!?スカルパ三角の臨床意義と触診方法

    皆さん こんにちはALLアプローチ協会の 触診大好きセラピスト ブル …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

プレミアムコースのご案内

年間コミニティー×オンラインサロン

栄養学プロフェッショナル認定コース

関連サイト

 

 

セミナー案内

最近の記事

マーケティング公式メルマガ

美容テクニック専門の公式メルマガ

心理学専門の公式メルマガ

Facebookページ

インスタグラム

Tik Tok

YouTubeチャンネル

 

 

 

 

 

 

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

スタッフ・仲間募集中

  1. 内臓治療

    【経絡・内臓治療】東洋医学における肝臓と心臓
  2. ALLアプローチ協会

    内臓治療の精度を上げるための「経絡治療×内臓治療×筋膜治療」について
  3. ALLアプローチ協会

    「もどり」が早い人の問題となりやすい内臓システムとは?
  4. ALLアプローチ協会

    【内臓アプローチ応用】 バランス機能改善と内臓アプローチ
  5. 内臓治療

    骨盤底筋治療の重要性!【内臓脱、腹圧、痛みの関係性など】
PAGE TOP