ALLアプローチ協会

グランフェルト三角について・・・上腰三角の重要性!

皆さん こんにちは 
ALLアプローチ協会代表 山口拓也です。

越谷レイクタウンのスタバから
記事を作成しております。

ちなみに最近、こんなツイートしました↓

皆さんはどんな努力を続けていますか?

 

さて今回は、理学療法士、作業療法士、柔道整復師に向けて
グランフェルト三角(上腰三角)とは?
というテーマでお伝えしていきます。

実際に私が腰痛専門の整体院で開業しているので
個々の部位を治療することがあります!

文献としては、ヘルニアと関係があることが言われていますね!

ぜひ、あなたも腰痛治療の上達に役立てて頂ければと思います!

【グランフェルト三角って?】
上腰三角とも呼ばれており、第12肋骨、背筋群、内腹斜筋のこの3つの組織に囲まれている

三角形の部位ですね!

では、ここがなぜ大事なのかというと内臓治療に役立てるから&痛みに関係しているからです!

まず、内臓治療の関係から話します。

内臓治療の中で上腰三角と関係しているのは、腎臓ですね!

なぜかというと、上腰三角のやや下(右と左で高さ違います!肝臓の関係で!)ではありますが腎臓が収まっているんです。

この周囲は、広背筋や腰方形筋など筋自体が薄いので感覚が繊細なんです。そのため、腎臓が周囲の組織と

癒着するとフランフェルト三角を腎臓が圧迫することで神経痛などが出やすいです!

また、内臓治療の場合で腎臓をやる際は

腹部からよりも背面からの方が筋自体が薄いのでアプローチしやすいというのも特徴にあります!

 

痛みとの関係もあり

臀部痛や股関節痛、体幹伸展時痛などとも関連しております!

 

また、グランフェルト三角は、ヘルニアの好発部位ですが

腰椎椎間板ヘルニアに対してアプローチする部位ではありません。

詳しくは動画で解説していますので最初に貼ったYouTubeをご覧下さい。

 

他にもこの周囲には広背筋や内腹斜筋、脊柱起立筋、下後鋸筋などが密集している場所でもありますので

上記のような痛みのある方にはぜひ治療していみて頂ければと思います!

もし宜しければ、FB・ツイッターでのシェアお待ちしております。

<関連記事・動画>
腎臓反射点について↓
https://bit.ly/2xQ1wjo

それでは、また明日!
山口 拓也

\\この記事のシェアをよろしくお願い致します‼︎//

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 【症例報告】メンタルアプローチにより立ち上がり動作が改善した症例
  2. 足揺らし操体×経絡治療!【全身調整テクニック】
  3. 内臓治療・感情との関連とは?(上級者向き)
  4. 大腸の生理学~反射点一覧~治療について【どんな人に治療するのか?】
  5. 年間コミニティー×オンラインサロンについての話

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    どうしても取れない腹部の硬さを取りきる3つのポイントとは?

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございま…

  2. ALLアプローチ協会

    24歳の平凡な作業療法士がセミナー講師になる物語 第1章

    2017年の秋、24歳元作業療法士の私はセミナー講師に…

  3. 疾患別 治療

    【脊柱管狭窄症】なかなか取りきれない痛みを改善させるには?

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございます!…

  4. ALLアプローチ協会

    【難治性疼痛】なかなか治らない足部痛(前半)

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  5. ALLアプローチ協会

    片頭痛に対する頭蓋治療・内臓治療のポイント

    おはようございます。All アプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道…

  6. ALLアプローチ協会

    【症例報告】内臓治療 腸の調整によりリウマチの左肘痛が改善した症例

    皆さんこんにちはALLアプローチ協会 山口拓也です。当協会の公…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

公式メルマガ

LINE@登録

プレミアムコースのご案内

年間コミニティー×オンラインサロン

栄養学プロフェッショナル認定コース

関連サイト

 

 

セミナー案内

最近の記事

マーケティング公式メルマガ

美容テクニック専門の公式メルマガ

Facebookページ

インスタグラム

YouTubeチャンネル

 

 

 

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

スタッフ・仲間募集中

  1. ALLアプローチ協会

    重度の変形性股関節症にも有効なある筋肉とは?
  2. セルフメンテナンス

    【体質アプローチ】腸活の落とし穴 なんでもかんでも腸活でいいわけではない
  3. ALLアプローチ協会

    【内臓セミナー事前学習】大腸の立体的イメージ・構造の理解を深める
  4. ALLアプローチ協会

    なぜ「咬筋」の治療が頭痛改善に繋がるのか?
  5. ALLアプローチ協会

    臨床で考えるストレス連鎖反応について パート①(ストレスと神経内分泌系・視床下部…
PAGE TOP