筋膜

筋を緩めるのはなぜですか?

ALLアプローチ協会 スタッフの渡会です。
 
本日も、当協会のメルマガをご覧になっていただきありがとうございます。
 
今回は、
 
【筋を緩めるのはナゼですか?】
 
というテーマでお話ししていきます。

 

皆さんは、
 
可動域・疼痛・パフォーマンスの改善に向けて、
 
筋肉に対して介入をされると思います。
 
全く筋肉にアプローチしない人っていないですよね.
(気功やエネルギーにしかアプローチしないぞ俺は!といった先生はいるかもしれませんが 笑)
 
いずれにせよ、筋の状態が変化しなければ可動域やパフォーマンスは変わりませんよね?
 
当然ですが、関節運動を起こすには筋収縮が必要ですから。
 
よく僕たちは筋肉や筋膜に対して、
 
・マッサージ、リラクゼーション
・筋膜リリース
・ストレッチ
 
などを行い変化を出していると思います。
 
その時に、
 
「筋が緩んだ!」
「だいぶ緩んできたな~!」
 
といった感覚を頼りに調整できたかどうかを判断し、
また再評価をし反応をみて、
 
「おっ!さっきより可動域が広がったな!」
「おっ!痛みが取れたな!」
「さっきより歩行の安定性が上がったな!」
 
といった結果を出すことができますよね。
 
ただ、
 
「筋・筋膜が緩めたら何故結果がでるのか?」
 
と考えたことがあるでしょうか。
 
皆さん、

張力―長さ曲線
 
はご存知でしょうか?
 
「当然知ってるよ!」
 
という方が多いと思いますが、
 
結構大事な知識なのでおさらいしておきます。
 
筋の長さ(筋長)ごとの、
張力(筋力・出力)のパーセンテージが、
グラフになっているものです。
 
このグラフで言いたいことは、
 
筋肉は長すぎず短すぎず、ちょうど良い長さが一番張力を最大限に発揮できるよ!
 
ということを示しています。
 
つまり、
 
僕たちは「筋を緩める」が目的ではなく、
 
本質的には、
 
「ちょうど良い筋の長さに調整している。」
 
ということになります。
 
これにより、
 
最大限に張力(筋力・筋出力)を発揮でき、

可動域・パフォーマンスの変化へと繋がります。
 
また、
 
アクチンとミオシンの滑走性が上がり、
 
ヒスタミンなどの疼痛誘発物質も流れやすくなり、
 
疼痛の軽減へと繋がります。
 
「緩める」という意識よりさらに深く、
 
「筋の正常な長さ・状態に整える」
 
という意識を持っていただくことで、
 
同じ手技でも、
 
・より早く調整ができる。
・より深く調整ができる。
 
などのプラスαの効果を出す事が出来るので、
 
是非、臨床に取り入れてみてください。
 
本日も最後までメルマガをご覧になっていただきありがとうございました。
 
それではまた!
 
ALLアプローチ協会 渡会賢太

追伸

栄養学、内臓・頭蓋治療、筋骨格手技、運動療法、経絡、エネルギー治療、メンタルアプローチ、心理学を掛け合わせた内容について、ALLアプローチ協会

公式メルマガにて配信しております。

興味のある方は、公式サイトよりご登録お願いします。↓

理学療法士-作業療法士-セミナー

セミナーのご案内

いよいよ【心理学×筋膜・経絡・内臓セミナー】が開催されます!

心理学とすべてのテクニックを掛け合わせた最先端の技術セミナーを学べます!

テクニックだけではなくメンタルアプローチや人生の価値基準の高め方なども学びるセミナー。

以下がセミナー詳細です!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 【筋膜×内臓】筋膜治療で膵臓を調整する方法とは?
  2. セラピストのためのタッチの精度を極限まで上げる3つのポイント
  3. 認知的不協和テクニック【 簡単に相手の信頼を得られる方法!】
  4. ネットワークビジネスのメリットとデメリットとは‥?理学療法士のあなたへ‼︎
  5. 筋膜治療の精度を最大限引き上げる7つの要素とは・・・?

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    【症例報告】胃の治療で「寝違え」の痛みが改善した症例

    皆さんこんにちは♪ALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー 渡…

  2. ALLアプローチ協会

    【腰痛治療 パートⅣ】体幹機能を支える神経システムと内臓の関係性

    おはようございます。All アプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道…

  3. ALLアプローチ協会

    腸腰筋が引き起こす様々な障害とは…?

    腸腰筋が引き起こす様々な障害とは…?From 山口拓也埼玉…

  4. 五十肩

    経絡+キネシオロジー 肝経を使って筋にアプローチ 五十肩 頚椎症 猫背

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  5. ALLアプローチ協会

    グランフェルト三角について・・・上腰三角の重要性!

    皆さん こんにちは ALLアプローチ協会代表 山口拓也です。…

  6. 山口拓也

    足底腱膜の重要性について【解剖‐役割‐痛み】

    足底腱膜の重要性について【機能‐ポイント‐治療】皆さん こんに…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

公式メルマガ

LINE@登録

プレミアムコースのご案内

年間コミニティー×オンラインサロン

栄養学プロフェッショナル認定コース

関連サイト

 

 

セミナー案内

最近の記事

マーケティング公式メルマガ

美容テクニック専門の公式メルマガ

Facebookページ

インスタグラム

YouTubeチャンネル

 

 

 

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

スタッフ・仲間募集中

  1. 健康・体質・栄養

    便で簡単健康チェック
  2. セルフメンテナンス

    【栄養指導・たんぱく質 パートⅡ】セラピストに必要なタンパク質指導の知識
  3. ALLアプローチ協会

    【症例報告】内臓治療 胃の調整が膝折れの改善につながった症例
  4. 内臓治療

    腸間膜への内臓アプローチについて
  5. 山口拓也

    ラポール形成テクニック① なぜ、苦手な患者さんに対応できないのか?
PAGE TOP