ALLアプローチ協会

【内臓治療】腎臓の治療効果が最大化する3つのポイントとは?

いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございます!

ALLアプローチ協会 代表 山口拓也です。

本日も、

勉強熱心な理学療法士・作業療法士・柔道整復師・整体師などセラピストの皆さんに向けて、

明日からの臨床ですぐ使える治療のアイデアやヒントをお伝えします。

 

今回は、

【内臓治療】腎臓の治療効果が最大化する3つのポイントとは?

というテーマでお話していきます。

 

そもそも、

内臓治療って、

患者様の症状や筋骨格の崩れの根本的な原因が内臓であることがあって、

そのもどりを抑えるために行うことがありますが、

内臓自体も、

「もどり」

というものがあります。

もちろん、

食事や栄養などの生活習慣によって、

内臓の状態が戻ってしまうこともありますが、

内臓治療の精度によって、

すぐもどってしまうか。

それとも、

もどりを極力抑えることができるか。

大きく左右します、

 

なので、

どれだけ、一つの内臓を最大限治療できるかが、

とても重要になってきます。

 

そこで今回は、

「腎臓を最大限調整する3つのポイント」

について、

皆さんにシェアしていこうと思います。

 

【腎臓治療の効果を最大化する3つのポイント】

①  筋・筋膜アプローチ

腎臓と関りが深い、

「筋」、「筋膜」

へのアプローチが、

とても重要になってきます。

 

筋肉の硬さのもどりが、

内臓由来であったりはよくある話だと思いますが、

逆に、

筋肉が硬いままのせいで、

内臓の動きが悪くなってしまい、

内臓の硬さや位置の偏移を再び引き起こしてしまう。

といったパターンもあります。

なので、

筋・筋膜のアプローチも必要になってきます。

 

特に腎臓と深い関わりを持つ筋肉は、

「大腰筋」

そして、

「腰方形筋」、「腹横筋」

になります。

この3つはかなり重要になってくると思います。

 

大腰筋自体は、

腎臓の真後ろにある筋肉なので、

かなり関りが深いです。

腹横筋自体は、

腎臓をこの腹横筋が包んでいるといった解剖学的につながりがあるため、

腹横筋が短縮して硬くなってしまうと、

腎臓も動きが悪くなってしまう。

なんてことも考えられます。

腰方形筋自体は、

腸骨と第11・12肋骨に付着している筋で、

横隔膜が第11・12の背面まで付着しており、

腰方形筋と横隔膜の連結部位で硬さを作ることがあります。

横隔膜は、

アナトミー・トレインの書籍にある筋膜ラインの、

「ディープ・フロント・ライン(DHL)」

に含まれており、

大腰筋とつながりがあります。

大腰筋と腎臓は関わりが深いため、

間接的に、

腰方形筋の硬さが、

横隔膜⇒大腰筋⇒腎臓

という形で、

腎臓の硬さやもどりを引き起こしてしまう原因となります。

 

なので、

以上の3つの筋は、

しっかりと調整しておくことが、

腎臓治療の効果を最大限引きですために重要なわけです。

 

②  ベクトル

治療の際に、

「動かす方向」

をしっかりと明確にして調整していくことが重要です。

腎臓の動きとして大きく分けて4つあります。

それは、

「側方」

「回旋」

「上下」

「前後」

になります。

 

側方の動きとしては、

ほとんどの場合が、

腰椎側に偏移していたり、固まっているパターンが多いです。

なので、

外側に腎臓を動かすよう調整をすると、

比較的上手く調整が出来ます。

回旋は、前額面上の回旋の動きで、

特に、

右の腎臓の場合は左回旋(反時計回り)。

左の腎臓では右回旋(時計回り)。

方向の動きが硬くなっていることが多いので、

チェックしながら治療をしてみてください。

前後は、矢状面上の動きで、

ほとんどの場合は後方に落ちていることが多いですが、

女性の方で、

腰椎前弯が著明で、

腸や子宮などが硬くなっているケースでは、

腸・子宮が前下方に引っ張られる関係で、

腎臓が前方に偏移している場合もありますので、

評価しながら治療していくと良いでしょう。

上下は、前額面上の動きで、

ほとんどが下方に落ちていることが多いです。

 

上記で挙げたように、

調整する方向も細かく意識しながら治療をすることで、

治療の精度は一気に上がりますので、

参考にしていただけたらと思います。

 

③  経絡

東洋医学の中で、

経絡」

といった、

12本のラインが存在します。

これはいわゆる、

「気の流れ」

の事ですね。

経絡の中に、

「腎経」

という経絡があります。

これは名の通り、

腎臓ともつながっている経絡なので、

この経絡の流れを調整するだけでも、

腎臓の硬さや疲労のもどりを、

抑えることに繋がります。

 

【まとめ】

今回は、

「腎臓の治療効果を最大化する3つのポイント」

について紹介しました。

さらに、腎臓治療の質を上げていくことで、

患者様が出来るだけ長い時間、

症状が緩和されることへつながるのと同時に、

症状改善への近道になりますので、

是非とも参考にしていただき、

明日からの臨床で活用していただけたらと思います♪

 

本日は以上になります。

最後まで当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございました!

ALLアプローチ協会 代表 山口拓也

「いいね」と思った方は、ツイッター・FB等でシェアしてくれますと幸いです↓

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 【頭蓋治療】耳を使った頭蓋のセルフメンテナンス公開します!
  2. 浮腫を治すために必要なアプローチとは???【浮腫の治療について】
  3. 【腰痛治療 パートⅣ】体幹機能を支える神経システムと内臓の関係性
  4. 骨盤底筋治療の重要性!【内臓脱、腹圧、痛みの関係性など】
  5. 【栄養指導・たんぱく質 パートⅠ】セラピストに必要なタンパク質指導の知識

関連記事

  1. 内臓治療

    膵臓治療について【反射点一覧・内臓治療 膵臓編】

    膵臓治療について【反射点一覧・内臓治療 膵臓編】皆さん こんにちは…

  2. ALLアプローチ協会

    骨盤・膝周囲に影響を及ぼすアライメント・評価について

    【骨盤・膝周囲の評価、アライメント】みなさん、こんにちは。関西…

  3. ALLアプローチ協会

    「私の平熱35度台なんです~」 もう少しで死にかけますよ?

    おはようございます、all アプローチ協会 関東支部長の鈴木 正道です…

  4. 内臓治療

    内臓アプローチの種類を複数解説‼︎誰でもできる内臓テクニック

    内臓アプローチ種類一覧みなさん こんにちは一般社団法人 ALL…

  5. ALLアプローチ協会

    【頚椎症】デスクワーカーへの疼痛改善に有効な筋アプローチ

    皆さんこんにちは!ALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー 渡…

  6. ALLアプローチ協会

    腰痛といえば、腸腰筋アプローチ(触診・機能・役割)

    from 山口拓也整体院 デスク よりいつもALLアプローチ協…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

公式メルマガ

LINE@登録

プレミアムコースのご案内

栄養学プロフェッショナル認定コース

関連サイト

 

 

セミナー案内

最近の記事

マーケティング公式メルマガ

美容テクニック専門の公式メルマガ

Facebookページ

インスタグラム

YouTubeチャンネル

 

 

 

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

スタッフ・仲間募集中

  1. 内臓治療

    脳脊髄液と自律神経の関わりについて
  2. 健康・体質・栄養

    内臓治療には欠かせない東洋医学の概念 肝臓編
  3. ALLアプローチ協会

    ADL動作指導 3つのコツとは?~床上動作を例に~
  4. ALLアプローチ協会

    【経絡治療】内転筋の過緊張を一気に緩和させる経絡アプローチとは?
  5. 内臓治療

    【経絡・内臓治療】東洋医学における脾臓と肺
PAGE TOP