疾患別 治療

【膝OA】膝痛×浮腫を同時に改善させるマル秘テクニック公開

 

いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございます!

ALLアプローチ協会 テクニカルトレーナー 渡会賢太です。

本日も、

勉強熱心な理学療法士・作業療法士・柔道整復師・整体師などセラピストの皆さんに向けて、

明日からの臨床ですぐ使える治療のアイデアやヒントをお伝えします。

 

今回は、

【膝OA】膝痛×浮腫を同時に改善させるマル秘テクニック公開

というテーマでお話していきます。

 

前回のブルグでも、

OAに対して、

局所へのアプローチについてお伝えしていきました。

 

今回は、

膝の痛みと、

「浮腫」

を同時に併発している方への、

具体的なアプローチについてお話していきます。

 

変形性膝関節症の患者様で、

膝の痛みにプラスして、

「膝の浮腫」、「下腿の浮腫」、「足部の浮腫」

がある方っていませんか?

そしてこういった方って、

膝の痛みがなかなか改善せずに、

治療が難渋するケースが多くて、

結構苦労しませんか?

 

このように、

膝痛+浮腫掛け合わせた患者様には、

両方の症状に対して、

同時にアプローチしていくための、

治療のアイデアやテクニックが必要になってきます。

そうでないと、

すぐに痛みが戻ってしまい、

なかなか膝の痛みが改善しません。「

浮腫も同時に改善させていかなければなりません。

そうなると、

また注射で水を抜かないといけなくなったりして、

根本的な解決がいつまで経っても達成できません。

 

では、

「どのようにして膝痛と浮腫を同時に改善させるのか?」

その部位と具体的なアプローチについてお伝えしていきます。

 

【足趾に注目せよ!】

膝痛+浮腫の改善に重要な部位としては、

「足趾の骨間膜」

になります。

この骨間膜が短縮し硬くなってしまうと、

荷重時に十分に床に足底が接地せず、

不安定な状態になってしまいます。

そうなると、

膝や股関節に負担がかかります。

傾向的に高齢者になると、

股関節周りの筋肉の働きが落ちてくるので、

結果的に、

膝に負担がかかってしまい、膝の痛みへと繋がっていきます。

 

さらに、

足趾の骨間膜に硬結が起きることによって、

「足背動静脈」

の狭窄や捻じれなどが併発的に起きてきます。

慢性的になってくると、

血管自体が硬化ないし骨化してしまうこともあります。

 

「静脈還流量」

ようするに、

末梢から中枢(心臓)に戻る血液量がうっ滞してしまうと、

全体の血流量が低下してしまうといった生理学的な現象があります。

これを、

「ステーリングの法則」

といいます。

 

その生理学的根拠からも言えるように、

足部と下腿、膝にかけての浮腫の原因となり、

老廃物や疼痛物質などが溜まり、

なかなか痛みが引かない。

自然治癒が促進せずに、

さらに状態が悪化したり、

痛みが戻ってしまう。

といった状態になってしまいます。

 

なのでまずあなたは、

足趾の骨間膜を調整するスキルが、

浮腫を伴う膝痛に対して結果を出すために、

重要になってきます。

 

今回は、

当協会のプレミアムコースでもお伝えしていない、

足趾骨間膜・足背動静脈」のリリーステクニックについて、

特別に公開いたします!

 

実技テクニックはこちらから↓↓

 

 

【触診部位】

中足骨と中足骨の間。

足趾の伸筋腱と中足骨の間。

こうした部分に硬結ができやすいです。

【治療のコツ】

  中足骨から骨間膜を剥がしていくようなイメージで圧を加えて動かしていく。

  動かした際に緩みやすい方向があるので、その方向を探りながら動かしてい超制していく。

  再評価で足趾の動きが出てきた李、骨幹部の圧痛が減っていればオーケー。

※1患者様によっては、結構痛みを訴える方も多いので、患者様の訴えを聞きながら強さは調整してください。

※2血管が軟化している方で圧が強すぎると内出血を起こす方もいるので、高齢者や廃用症候群で寝たきりに近いような方は注意して行ってください。

 

<まとめ>

今回は、

「浮腫を伴う膝痛の改善テクニック」

についてお伝えしました。

浮腫を無視して膝の痛みを取り切るのはなかなか難しいですから、

同時に改善させる治療のアイデアやテクニックを持っておくことは重要です。

そして何より、

膝痛も浮腫も取れれば、

患者様はとても喜びますし、

より信頼されるセラピストにあなたはなっていくことでしょう!

是非、皆さんの臨床で活用していき、

患者様に貢献していただけたらと思います。

 

本日は以上になります。

最後まで当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございました!

ALLアプローチ協会 テクニカルトレーナー 渡会 賢太

 

心理学×筋膜・経絡・内臓セミナーはこちらから

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 【内臓治療】胸骨・縦隔・胸膜にアプローチ(肺・心臓のつながり)
  2. 足底腱膜の重要性について【解剖‐役割‐痛み】
  3. 【血管アプローチ】血流の血管の機能低下を見つける簡単なポイント
  4. 腹腔神経叢の重要性、治療への活用について…‼︎
  5. 【腰痛治療 パートⅠ】腰痛に対して、運動連鎖を理解して筋膜を治療する

関連記事

  1. 内臓治療

    【内臓セミナー事前学習】腎臓のイメージを大切により深く

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  2. 山口拓也

    腱鞘炎に効く筋膜・骨格アプローチ総まとめ

    腱鞘炎アプローチまとめ‼︎みなさん こんにちは…

  3. ALLアプローチ協会

    グランフェルト三角について・・・上腰三角の重要性!

    皆さん こんにちは ALLアプローチ協会代表 山口拓也です。…

  4. ALLアプローチ協会

    【腰痛治療 パートⅣ】体幹機能を支える神経システムと内臓の関係性

    おはようございます。All アプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道…

  5. 疾患別 治療

    学生・新人セラピスト必見!肩こりで診るべきポイント

    おはようございます(^^)ALLアプローチ協会 ブル と申します。…

  6. ALLアプローチ協会

    【内臓治療】便秘に対する内臓アプローチ(大腸の奇形や変形パターン含め)

    おはようございます。All アプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

公式メルマガ

LINE@登録

プレミアムコースのご案内

栄養学プロフェッショナル認定コース

関連サイト

 

 

セミナー案内

最近の記事

マーケティング公式メルマガ

美容テクニック専門の公式メルマガ

Facebookページ

インスタグラム

YouTubeチャンネル

 

 

 

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

スタッフ・仲間募集中

  1. 山口拓也

    患者様の頭痛を改善するために筋膜リリースが必要な筋肉をご紹介 
  2. ALLアプローチ協会

    【膝OA】しゃがみ・膝屈伸時痛に有効な筋骨格・内臓・経絡アプローチ
  3. ALLアプローチ協会

    【内臓アプローチ応用】 バランス機能改善と内臓アプローチ
  4. ALLアプローチ協会

    【膝OA・TKA】膝伸展可動域改善に有効な筋ランキング ベスト5
  5. ALLアプローチ協会

    膝裏の解剖学・血管・筋肉・リンパについて
PAGE TOP