ALLアプローチ協会

死の4重奏・5重奏に必要な指導・アプローチについて

皆さん いつもメルマガを読んで頂き本当に有難うございます。

ALLアプローチ協会 代表 山口拓也です。

本日は、「死の4重奏に必要な指導・アプローチ」というテーマでお話をさせて頂きます。

臨床で良く出会う症状ですからしっかり理解しておきましょう。

死の4重奏に対してどれだけ向き合えるのか?がセラピストとして重要になっていると思いますので

ぜひ実践して頂ければと思います。

 

まず、死の4重奏について覚えていない人もいらっしゃると思いますので

そこから書かせて頂きたいと思います。

【死の4重奏って何?】

死の4重奏とは、

アメリカの研究者によって提唱された

4つの症状が合併した状態をさします。

4つの症状が合併すると

冠動脈疾患による死亡率が高く、まさに死の序曲を奏でるという意味合いから

「死の四重奏(The Deadly Quartet)」と呼ばれたそうです。

 

その4つとは↓

①肥満

②糖尿病

③高脂血症

④高血圧

 

あとは、

睡眠時無呼吸症候群を加えると

「死の5重奏」と呼ばれております。

 

 

ちなみに先ほど

私の整体院に新規の患者様がいらっしゃたのですが

まさに死の4重奏の状態でした。

 

それに加えて

睡眠時無呼吸症候群があり

非常に悩みが深い患者様でした。

これで死の5重奏ですね(汗)

 

評価したところ

食生活も脂質の負担が強く

さらに職場でのストレスがかかりすぎているという状況なため

しっかり生活習慣指導をしておきました。

 

では、どんな指導をしたのか?

下記に書かせて頂きますね。

 

死の4重奏・5重奏を改善させるために

必要なことは体重コントロールです。

 

それはなぜか?

脂肪組織は肥満状態にあるとき、レプチンを過剰に分泌し、アディポネクチンという成分の生産を低下させます。

アディポネクチンには、インスリンの働きを良くしたり、動脈硬化を防いだりする作用があります。

その他にも、脂肪細胞から分泌されるさまざまな成分の増減が、「死の四重奏」を引き起こす要因として作用します。

そして、これらが加齢による動脈硬化を加速させ、心臓病や脳卒中につながるというわけです。

 

なので

カロリー摂取量や運動量の調整を

こちらで指導することが重要です。

 

内臓治療では

肝臓や腸の機能を上げる必要があります。

代謝アップさせるのが目的ですね。

そのほかにも腸腰筋など姿勢保持筋も

代謝に関係が深いので一緒にアプローチしておきましょう。

 

今回私が診た患者さんも

ストレスが要因で内臓を悪くして

ストレスがあるから食生活が崩れている状態でした。

 

ストレスの根本原因が取り除けない場合は

糖質のコントロールと有酸素運動などで

負担を軽減させる必要があります。

 

もしみなさんの前に

死の4重奏の患者様がいらっしゃったら

運動管理と食事管理・ストレス管理をしっかりして

体重コントロールをしておきましょう。

 

本日も最後まで記事を読んで頂き誠に有難うございました。

ALLアプローチ協会 代表 山口拓也

 

【もし、この記事が気に入って頂ければシェア・リツイートして下さると幸いです↓】

    

【セミナーご案内】

【メルマガ登録】 興味のある方は、公式サイトよりご登録お願いします。↓

LINE@登録はこちらから LINE@限定の治療テクニック配信中 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. あなたは、相手の立場で話しておりますか?コミュニケーションで最も大切な事とは?
  2. 胸椎の重要性【胸椎治療‐自律神経‐セルフメンテナンス‐内臓治療との関係】
  3. 【大腿骨頸部骨折】筋膜治療×操体法で痛みを8割以上改善させる方法とは?
  4. 内臓と頭蓋の関係性【頭蓋仙骨療法&内臓治療】
  5. 下肢外側の痺れに対する筋膜・運動連鎖アプローチ

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    顎関節症に対するアプローチについて

    from 山口拓也 整体院 デスク よりいつもALLアプローチ協会…

  2. ALLアプローチ協会

    脾臓の解剖学的イメージ【膜】

    おはようございます。 all アプローチ協会 鈴木 正道です。  …

  3. ALLアプローチ協会

    猫背姿勢と内臓の関係性について 姿勢指導の重要性

    from 山口拓也 整体院 デスク よりいつもALLアプローチ協会…

  4. ALLアプローチ協会

    【神経リリース】五十肩の痛みに橈骨神経リリース

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  5. ALLアプローチ協会

    内臓治療に活用できる脊柱内臓反射点を全公開

    脊柱でも内臓に反射点がある??From 山口拓也横浜 ホテルよ…

  6. ALLアプローチ協会

    大腰筋のアプローチ方法をいくつ知っていますか?

    皆さんこんにちは♪ALLアプローチ協会 山口拓也です。&nbs…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

公式メルマガ

LINE@登録

プレミアムコースのご案内

栄養学プロフェッショナル認定コース

関連サイト

 

 

セミナー案内

最近の記事

マーケティング公式メルマガ

美容テクニック専門の公式メルマガ

Facebookページ

インスタグラム

YouTubeチャンネル

 

 

 

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

スタッフ・仲間募集中

  1. ALLアプローチ協会

    ストレス反応を知ることで内臓・腰痛にアプローチ 腰痛 内臓 ストレス
  2. ALLアプローチ協会

    治療家自身の感覚レベルを高めるワークを紹介!
  3. ALLアプローチ協会

    【症例報告】内臓治療 胃の調整が膝折れの改善につながった症例
  4. ALLアプローチ協会

    【肩こり治療】内臓と感情が肩こりへ与える影響
  5. ALLアプローチ協会

    【五十肩・肩関節拘縮】 結帯動作の可動域制限・痛みのワンポイント
PAGE TOP