内臓治療

胃反射点~治療 生理学 どんな人に治療するのか?

ALLアプローチ協会代表の山口拓也です。
いつもALLアプローチ協会公式ブログをお読み頂き、
ありがとうございます!
 
前回は、1日を満足させるポジティブシンキング
というテーマでお伝えしました。
 
復習はこちらからどうぞ↓
https://goo.gl/ZBQFzV
 
 
今回は、理学療法士、作業療法士、柔道整復師に向けて
胃反射点~治療 生理学 経絡の関係性
というテーマでお伝えしていきます。

【胃の位置は】
横隔膜下方にあり上方は胸椎11の高さ、幽門は横だとL1~2 立位だとL3と言われています。

【胃の反射点はどこ?】
・右母指球遠位部
・体幹第3肋骨中央(左)
・胸椎7番(文献によってさまざまです)

【胃が悪いとどんな症状が出るのか?】
ストレスは、胃の悪影響!
・胃もたれ
・腹痛
・便秘
・下痢
・消化機能の低下
・首肩痛、下肢痛など

【胃の生理学】
胃は、PH2~3の強酸で消化してから十二指腸に流れる。1日に1.5ℓ胃酸が出てくる。
胃酸は消化だけでなく、粘膜保護やビタミンB12の吸収も行っている。
ここで、胃酸の機能が低下していると胆のうや膵臓に負担をかけてしまうため
胃の治療が必要です。

※詳しく言うと、胃底腺からペプシノゲン、塩酸の胃液を出す。幽門に近いほうは、幽門腺からガストリン細胞を出します。

【胃のつながり】
胃は、
左に脾臓
右に肝臓
上方に食道、横隔膜
下方に横行結腸につながりがあります。

胃のマニュピレーションの際は、どこに癒着があり制限が強いかを見極めてあげます。横隔膜との癒着が多いですね。
どこかに硬さが出ていると思います。


治療後は、上記の反射点を触って評価を行ってみてください。

<関連記事>
胃もたれ・胃のムカムカについて↓
https://bit.ly/33zRBdc

最後まで読んで頂き本当にありがとうございました!
それでは、また明日!

山口 拓也

FB・ツイッターでシェアお待ちしております↓( ´ ▽ ` )

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 内臓治療の構造的アプローチが必要な2つの理由
  2. 赤血球の質と冷え性・血流障害
  3. 頭蓋仙骨療法 素人でもできるセルフメンテナンスのご紹介‼︎
  4. 交通事故の患者様で痛みの原因となりやすい意外な筋とは?
  5. 筋を緩めるのはなぜですか?

関連記事

  1. 山口拓也

    あなたは、相手の立場で話しておりますか?コミュニケーションで最も大切な事とは?

    皆さんこんにちは! ALLアプローチ協会代表の山口拓也です。…

  2. ALLアプローチ協会

    【頭蓋・内臓】発達の過程から考える頭蓋骨と内臓のつながり

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  3. 山口拓也

    みんながやらない頭蓋骨アプローチについて(頭蓋仙骨療法)

    皆さんいつも私の公式メルマガを見て頂いて有難うございま…

  4. ALLアプローチ協会

    リウマチに対応できるセラピストになるために

    皆さんこんにちは!ALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー 渡…

  5. ALLアプローチ協会

    肩こりアプローチ 肘・手首による影響について

    from 山口拓也自宅 デスク よりいつもAL…

  6. メンタルアプローチ

    過去に忘れ去りたい出来事、経験はありませんか?メンタルアプローチ編

    過去に忘れ去りたい出来事、経験はありませんか?メンタル…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

公式メルマガ

LINE@登録

プレミアムコースのご案内

年間コミニティー×オンラインサロン

栄養学プロフェッショナル認定コース

関連サイト

 

 

セミナー案内

最近の記事

マーケティング公式メルマガ

美容テクニック専門の公式メルマガ

Facebookページ

インスタグラム

YouTubeチャンネル

 

 

 

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

スタッフ・仲間募集中

  1. ALLアプローチ協会

    【腰痛】【痺れ】下後鋸筋と腰痛・痺れの関連性
  2. ALLアプローチ協会

    大腸の解剖学的特徴(トルツ筋膜ってなんだ?)
  3. 山口拓也

    あなたの人生の価値基準知っていますか?
  4. ALLアプローチ協会

    「成功」にとらわれるな、「成長」にとらわれろ!
  5. ALLアプローチ協会

    下肢外側の痺れに対する筋膜・運動連鎖アプローチ
PAGE TOP