五十肩

肩運動時の肘周囲の痛み、鈍痛、しびれ 筋皮神経×烏口腕筋

皆さん こんにちはALLアプローチ協会  ブル と申します。

本日は1~3年目の理学療法士・作業療法士・柔道整復師・整体師など

新人セラピストの先生方に向けて

 

「肩運動時の肘周囲の痛み、鈍痛、しびれ 筋皮神経×烏口腕筋」

 

というテーマでお伝えしたいと思います。

どうぞよろしくお願い致します。

YouTubeからご覧になる方はこちらからどうぞ↓

 

肩挙上時や結滞動作で

肘関節周囲の痛みや鈍痛を訴える患者さんっていらっしゃいませんか??

もしかしたら筋皮神経が絞扼されることで生じる症状かもしれません。

 

症状周囲の圧痛所見を確認して原因が見つからないときは、

筋皮神経の圧迫絞扼による症状を疑う必要があるかもしれません。

 

そこで、

今回は筋皮神経絞扼障害による症状や、

絞扼ポイントアプローチについてお伝えしたいと思います。

 

新人セラピストの方は必見の内容となっていますよ♪

復習としてもご活用頂ければ幸いです(^^)

 

本日の目次

1. 筋皮神経の基礎知識

2. 筋皮神経の走行と絞扼ポイント

3. 烏口腕筋の基礎知識

4. 筋皮神経絞扼障害の所見

5.アプロ―チ

 

【筋皮神経の基礎知識】

〇支配筋:烏口腕筋 上腕二頭筋 上腕筋

〇知覚:前腕外側(橈側)の感覚を支配

〇走行: C5C6頸神経により構成されています。

腕神経叢となり、鎖骨の下を通過した後で烏口腕筋を貫通しています。

ちなみにここが絞扼ポイントです!!

 

その後、上腕筋と上腕二頭筋の筋間を走行し、

この2つの筋を支配しています。

上腕二頭筋腱橈側のあたりで外側前腕皮神経となり、

前腕の外側(橈側)の皮膚感覚を支配しています。

 

〇絞扼ポイント:烏口腕筋の筋腹を貫通する場所

 

―神経障害を考える上で抑えておきたい考え方―

神経障害を考える際には頸椎疾患との関連を考慮しながら

評価をすすめていく必要があります。

 

これはどういう事かと言いますと

筋皮神経は主にC5C6由来でしたね。

仮に根本から障害を受けてしまうと、

C5C6から枝分かれしている各末梢神経への伝導が止まるため、

広範囲に筋力低下や感覚障害を伴うことが考えられます。

 

一方、

 

より遠位で各末梢神経単体で圧迫・絞扼が生じると

その神経の支配筋や感覚領域のみにトラブルが生じるという事になります。

 

今回のブログでは筋皮神経単体で絞扼圧迫された場合について、

そしてその好発部位と言われる烏口腕筋についてみていきますよ♪

 

神経が解剖学的に絞扼されやすい部位でトラブルが生じている場合は

その部位がどのような構造になっているのかを知ると、

評価やアプローチが腑に落ちてきます。

 

では後発部位である烏口腕筋の基礎知識をみていきたいと思います。

【烏口腕筋の基礎知識】

〇起始:烏口突起

〇停止:上腕骨骨幹部中央内側

〇神経支配:筋皮神経(C5C6)

〇作用:肩関節屈曲 内転 水平内転

肩関節下垂位では屈曲に作用し、肩関節外転90°では内転に作用します。

肩関節最終屈曲位では伸展方向へ作用します。

 

どのような状況で烏口腕筋は筋皮神経を絞扼するのか、

という疑問が出てきますよね。

 

烏口腕筋の作用は

肩屈曲、内転、水平内転というのは先ほどもお伝えしました。

反対に

烏口腕筋が引き伸ばされるのは、上肢を外転、外旋、伸展位ですよね。

 

つまりこの肢位で烏口腕筋と筋皮神経がストレッチされたときに

筋皮神経障害が生じることがあります。

 

また 烏口腕筋の収縮時に肘を強制的に伸展させられたときや、

他にも、烏口腕筋の収縮時に頭部を反対側へと倒すことで

筋皮神経にけん引力が加わりストレスがかかったりもします。

 

つまり、

烏口腕筋の硬さによる原因と、

烏口腕筋の硬さ+頸部や上肢の動きによる牽引

症状が引き起こされることが多いです。

 

これらの事からも

烏口腕筋の伸張性や癒着を改善することは

解決策の1つになりそうですね♪

 

【筋皮神経絞扼障害の所見】

筋皮神経が障害されている時によくみられる所見としては

・烏口腕筋の圧迫に伴う放散痛 圧痛

・上腕筋 上腕二頭筋の筋力低下

・前腕外側(橈側)の知覚障害

・上腕二頭筋反射の低下・消失

などがあります。

 

症状が軽い初期の段階では

上腕筋や上腕二頭筋の筋力低下がみられないものもありますが、

神経障害が進行していくと

筋力低下や腱反射の低下や消失も生じてくる可能性があります。

ですので

肩運動時や結滞動作時などに肘関節周囲に重だるさや痛みがある場合は、

症状周辺の圧痛を確認する事と同時に、

烏口腕筋の触診や圧痛を確かめて筋皮神経障害を疑うことも重要です♪

【烏口腕筋のリリース】

筋皮神経の絞扼圧迫を解放する目的で

烏口腕筋の柔軟性を改善することが必要になってきます。

烏口腕筋は上腕内側中央の深層に位置しています。

コツとしては上腕二頭筋と三頭筋の筋間に指を入れて

優しく上下にマッサージしていきます。

 

ここは上腕動脈や正中神経が走行している場所でもありますので、

力任せに行わないように注意して下さいね♪

 

YouTubeからご覧になる方はこちらから↓

 

本日は以上になります。

本日も最後までブログをお読みいただき、本当にありがとうございましたm(__)m

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 【内臓治療】脾臓治療の効果を最大化するマル秘テクニックとは?
  2. (内臓治療)膵臓のアプローチを解剖・発生から考える【内臓調整】
  3. 【内臓治療】免疫のひし形とは?
  4. リハビリ時代と整体院開業時の給料を比較してみました…【特別に昔の給料発表…】
  5. 冷え性に対する筋・筋膜アプローチ

関連記事

  1. 内臓治療

    【内臓治療セミナー事前学習】 心臓アプローチに必要なイメージをより明確する

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  2. 疾患別 治療

    治療に必要な膝の痛みに関する構造について【変形性膝関節症】

    みなさん、こんにちは。ALLアプローチ協会 代表 山口拓也です。…

  3. 筋骨格系

    足裏のしびれ 屈筋支帯×解剖学×リリース

    おはようございます(^^)ALLアプローチ協会 ブル と申します。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

公式メルマガ

LINE@登録

プレミアムコースのご案内

栄養学プロフェッショナル認定コース

関連サイト

 

 

セミナー案内

最近の記事

マーケティング公式メルマガ

美容テクニック専門の公式メルマガ

Facebookページ

インスタグラム

YouTubeチャンネル

 

 

 

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

スタッフ・仲間募集中

  1. ALLアプローチ協会

    脳が関与するストレス連鎖反応 パート②(HPA軸・コルチゾール)
  2. 山口拓也

    ラポール形成テクニック① なぜ、苦手な患者さんに対応できないのか?
  3. 内臓治療

    内臓治療 心臓編 【生理学 テクニック マニュピレーション 効果】
  4. 山口拓也

    頭蓋仙骨療法の応用 松果体ー視床下部ー下垂体
  5. ALLアプローチ協会

    浮腫を治すために必要なアプローチとは???【浮腫の治療について】
PAGE TOP