ALLアプローチ協会

【癒着って何?】筋膜リリースや内臓調整で必須の癒着に対する知識を解説してみた

いつもALLアプローチ協会のブログを見て頂き有難うございます。

ALLアプローチ協会 代表 山口拓也です。

■ちなみに最近こんなツイートをしました↓

ちなみにこの前、受講生集まってゲーム(桃鉄)をしました(笑)
ただただ、遊んだだけですが非常に楽しかったです✨

ぜひ、皆さんもZOOMアウトプット会参加してみて下さい。

今回は、筋膜リリースや内臓リリースなどをしているセラピストに向けて
「癒着に対する知識・考え方」というテーマで記事を書かせて頂きます。

筋膜同士の癒着を剥がしたり内臓同士の膜の癒着を剥がす施術をしているのであれば
癒着とは何なのか?を解説しますので最後まで聞いていただければと思います。

以前のメルマガ記事について

以前に癒着しやすい部位である「筋間中隔」についての記事を書きました↓
https://bit.ly/3kfu9M7

筋間中隔には、結合組織(筋膜)によって隔てられているため非常に癒着が起きやすい部位なのでぜひ知っておきましょう。

【そもそも癒着って何?】

癒着(ゆちゃく)とは炎症などにより、本来離れているべき組織同士が臓器や組織がくっついてしまうことを指します。
手術後の癒着や腸(腸管漿膜)と腹膜の癒着、腸同士の癒着により腸閉塞や腹膜炎などにつながる際に表記される事が多いです。

しかし、癒着は手術後や腸のみで起こるわけではなく筋膜同士や他の内臓の膜同士にもみられます。
筋膜や内臓における癒着について解説していこうと思います。

筋膜の癒着の話

まず、筋膜とは筋肉を包む膜のことです。

筋膜と言っても、いろいろ種類があり下の写真を見てもらえれば分かると思いますが
浅筋膜や深筋膜・筋外膜・筋周膜・筋内膜などいろいろ種類があります。

(筋膜の役割)
①各組織を包み込み、組織と組織の間に仕切りをつくり分けると同時に結びつけ、体の姿勢を保つ役割を持つ
②組織同士がこすれあうことで生じる摩擦から保護する
③筋膜は、筋線維の動きを支え力の伝達を行う

皆さんがよくアナトミートレインを意識してアプローチすると思いますが
全身の膜としてリリースするのは深筋膜を意識してリリース(解放)をかけます。

深筋膜に筋外膜の一部が入り込んで癒着してしまうケースが多いためです。

さらに、この筋膜は全身につながっており内臓の膜ともつながっています。

筋膜の癒着が起こる要員として、
使いすぎによる炎症、筋膜の成分の変化による脱水、不動による血液・エネルギー不足などが原因で
筋膜同士がくっついてしまい癒着した状態になってしまいます。

筋膜が癒着しやすい人の特徴

筋膜自身はコラーゲンでできており、85%が水分です。
水分の枯渇により癒着しやすい状態で、同じ姿勢での長時間作業や、不動などのストレスがかかることにより癒着が発生してしまいます。

まずは、筋膜リリースや内臓リリースをする際は
水分摂取をしっかりするように指導しておきましょう。

■水分指導に関して↓

癒着が起こるとどうなるの?

癒着により滑走障害を引き起こし可動性低下、筋出力制限や
分離収縮不全(互いの筋肉の作用を邪魔し合う。上腕二頭筋と三頭筋など)、血行障害などを引き起こします。

他にも老廃物が流れなくなってしまい筋肉だけではなく、つながっている血管や神経、リンパ管も影響を受けてしまいます。

筋膜の癒着による痛みについて

筋膜リリースをすると腰痛や肩こりが解消される現象に関してですが、理由があります。

また筋膜は筋肉だけでは無く靭帯・骨・関節・内臓などすべての器官も包み込み、全身を連結し「第二の骨格」と言われており、膜の張力で姿勢を維持する支えとなっています。

筋膜には痛覚神経が多く筋肉の約10倍あり痛みの閾値も非常に低いため、筋膜から痛みが起こるケースも非常に多くあります。

まとめ

・手術後や腸管以外にも癒着は起こる

・筋膜の癒着は、筋外膜と深筋膜同士の癒着で痛みや痺れが引き起こるケースがある

・筋膜(内臓含む)の癒着は、脱水によって引き起こるため水分摂取も重要になってくる

・筋膜の癒着は、炎症や水分不足、不動、使いすぎ、長時間作業などによって引き起こる

・筋膜は、痛みの閾値が低く感覚が豊富なため痛みにつながりやすい

以上です。

ぜひ臨床の参考にして頂ければ幸いです。

良ければFB・ツイッターなどでシェアして頂けると幸いです。

ALLアプローチ協会 代表 山口拓也

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 2018年新年あけましておめでとうございます!1年間振り返ってみました!
  2. 生理痛に対する内臓・筋骨格・頭蓋治療について
  3. ほんとに知ってる?食物繊維の働き!ポイントは3つ!
  4. 触診を磨きたいあなたへ 触診の極意「イメージ力」
  5. 頭蓋仙骨療法による治療のための頭蓋内外膜知識とは…?

関連記事

  1. 内臓治療

    内臓・経絡・経穴と大腰筋の調整

    おはようございます。All アプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道…

  2. 内臓治療

    目線の動きで自分の身体感覚を上げる方法!!

    皆さんこんにちは!ALLアプロ…

  3. ALLアプローチ協会

    頭蓋仙骨療法における顎関節治療について・・・

    顎関節治療の重要性・・・From 山口拓也埼玉 越谷 整体院よ…

  4. 健康・体質・栄養

    便秘と下痢の定義とは?食物繊維&内臓治療&栄養指導について!?

    皆さん こんにちは ALLアプローチ協会代表 山口拓也です。いつも…

  5. 五十肩

    ここで再確認!肩甲骨ランドマークの触診方法

    ALLアプローチ協会 触診大好きセラピスト ブル と申します。&n…

  6. ALLアプローチ協会

    【触診】ソフトタッチVSハードタッチ どっちが良い?悪い?

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございます!…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

公式メルマガ

LINE@登録

プレミアムコースのご案内

栄養学プロフェッショナル認定コース

関連サイト

 

 

セミナー案内

最近の記事

マーケティング公式メルマガ

美容テクニック専門の公式メルマガ

Facebookページ

インスタグラム

YouTubeチャンネル

 

 

 

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

スタッフ・仲間募集中

  1. 内臓治療

    頭痛に対する基礎・基本と筋膜・内臓・頭蓋仙骨療法
  2. ALLアプローチ協会

    内臓と感情のタイプを徹底解説‼︎ 【内臓と感情で性格分析?】
  3. ALLアプローチ協会

    「もどり」が早い人の問題となりやすい内臓システムとは?
  4. ALLアプローチ協会

    脾臓の解剖学的イメージ【膜】
  5. 山口拓也

    1日を満足させる究極のポジティブシンキング モーニングクエスチョンとは?
PAGE TOP