ALLアプローチ協会

【五十肩】「仰向けで寝ていると右肩が痛くなる…。」そんな患者様には〇〇を診ろ!

いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、誠にありがとうございます。

ALLアプローチ協会 テクニカルトレーナー 渡会賢太です。

本日も、

勉強熱心な理学療法士・作業療法士・柔道整復師・整体師などセラピストの皆さんに向けて、

明日からの臨床ですぐ使える治療のアイデアやヒントをお伝えしていきます。

 

今回は、

【五十肩】「仰向けで寝ていると右肩が痛くなる…。」そんな患者様には〇〇を診ろ!

というテーマでお話していきます。

 

皆さんはこんな症状を訴える患者様を診たことはありませんか?

 

右肩関節周囲炎や右五十肩の方で、

いつものように仰向けで肩の治療をしていると、

「だんだん肩が痛くなってきました…。」

「肩が重くなってきました…。」

 

私が最初にこのような症状を訴える患者様と遭遇した時は、

「えっなんで?」

「ただ寝てるだけなのに…。」

「自分の治療によって悪化したのかな?」

そんな風に、なぜ寝ているだけで痛みが増悪してしまったのか?

全く意味が分かりませんでした。

 

そんな患者様に、

ある部位の治療を行った結果、

・症状がその場で緩和した。

・日常生活場面でも仰向けで痛みが出なくなった。

といった結果を出すことが出来ました。

 

この患者様以降も、同じような症状を訴える患者様には、

この部位をアプローチしていくことで、

症状が改善していくケースが多くありました。

 

一体なにが原因で、どのアプローチで改善したのか?

 

それは、

「肝臓治療」

です。

 

なぜ肝臓が原因となりやすいのか?

それについて詳しく解説していきます。

 

<肝臓が疲労していると…。>

肝臓の疲労により、

・肝臓が硬くなる。

・肝臓が重くなる。

その結果、

「後下方に肝臓が偏移する。」

といったことに繋がっていきます。

 

肝臓が疲労している人が、

仰向けで寝てしまうと、

重力によってさらに後下方へと偏移が強まります。

それによって、

横隔膜や右肩~頸部の筋膜を引っ張ってしまい、

症状の増悪に繋がっていきます。

 

<特にアプローチすべき肝臓の部位は?>

こういった症状を訴える患者様の場合、

特に肝臓の後側が硬くなっているケースが多いです。

そのため、

その部位を重点的にアプローチしていくことで、

効率よく症状の改善に繋がりやすいです。

 

また、

より効率よく調整をしていくために、

「右下腿三頭筋の筋腱移行部」

の内臓反射点を使うことをおススメします。

この反射点は、

肝臓の後側の状態が反映されやすいため、

さらに効率よく調整ができます。

 

【上記の肝臓の調整だけでは、対応が出来ない場合】

肝臓のみでは、

・症状が改善しない。

・すぐもどってしまう。

という場合は、以下の原因が考えられます。

 

  心臓による構造性の影響

心臓の疲労により、

・心臓や心膜が硬くなる。

・心臓が重くなる。

その結果、

「下方に偏移する。」

方がいます。

それによって、

肝臓を上方から圧迫し、

肝臓が後下方に偏移させてしまう。

といったイレギュラーなケースもあります。

この場合、

肝臓のみの治療では十分にリフトができずに、

・症状が改善しない。

・すぐもどってしまう。

といった結果を招きます。

そのため、

まず心臓を調整し肝臓への圧迫を解消させてから、後肝臓のリフトを行うことで、

・症状の改善。

・もどりが少なくなる。

という結果に繋がったケースがいましたので、

参考にしていただけたらと思います。

 

  排泄系・循環系の治療

仰向けで寝るだけでも右肩に症状が出る方は、

かなり肝臓が疲労している傾向にあります。

そのため、

肝臓だけではなく、

もっと広い視点で見ると、

「排泄システム」、「循環システム」

が正常に機能していないケースが多いです。

なので、

排泄・循環に関わる

「腎臓」、「肺」、「心臓」、「腸」や、

「大腰筋」、「横隔膜」、「小咬筋」など、

の治療を行っていかないと、

なかなか、

・症状が取りきれない。

・すぐもどってしまう。

といった方が多いので、

ここも視野に入れていただき評価・治療を展開していただければと思います。

 

【まとめ】

「仰向けで寝ているとだんだん右肩が痛くなる…。」

という特殊な訴えをする患者様には、

「肝臓を診ろ!」

ということです。

そして、

「構造性の問題」、「イネイトインテリジェンスの問題」

からも捉えて、

「心臓治療」や「排泄・循環システムのアプローチ」

も必要なケースもあります。

是非参考にしていただき、明日からの臨床で活用していただけたらと重います。

 

本日は以上になります。

最後まで当協会の公式ブログをお読みいただき、誠にありがとうございました!

それではまた!

ALLアプローチ協会 テクニカルトレーナー 渡会 賢太

 

LINE@登録はこちらから LINE@限定の治療テクニックプレゼント

追伸
特典盛りだくさんのメルマガ登録はこちらから

理学療法士-作業療法士-セミナー

自律神経障害セミナーのご案内はこちらから

自律神経障害セミナー

ピックアップ記事

  1. 脳卒中片麻痺に対する姿勢コントロールの重要ポイント
  2. 冷え性に対する筋・筋膜アプローチ
  3. 【内臓治療:肺】胸腔内の膜と胸郭アプローチに関して
  4. 臨床・治療場面で使える良い油の選び方、指導方法【内臓に負担をかけない方法】
  5. 頭蓋仙骨療法 セラピストが行う蝶形骨リリースの重要性について 

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    セラピストのための体質改善してもらう考え方・アプローチ・指導

    体質改善アプローチの考察from 山口拓也横浜 スタバ より…

  2. ALLアプローチ協会

    眼精疲労に有効な筋・関節・頭蓋アプローチについて

    皆さんこんにちは!ALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー 渡…

  3. ALLアプローチ協会

    蛋白質の選び方と注意点(動物VS植物)

    おはようございます。all アプローチ協会 鈴木 正道です。今…

  4. ALLアプローチ協会

    生理痛への対策【内臓アプローチ・評価~治療】

    生理痛への対策【内臓アプローチ・評価~治療】From 山口拓也…

  5. ALLアプローチ協会

    【五十肩】右肩外転時の痛みを内臓治療で改善させる方法

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございます!…

  6. ALLアプローチ協会

    便秘に対する7つの筋骨格・内臓・生活習慣アプローチとは?

    便秘アプローチ総集編‼︎from 山口拓也埼玉 越谷 デスクよ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

関連サイト

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. ALLアプローチ協会

    【内臓治療】便秘に対する内臓アプローチ(大腸の奇形や変形パターン含め)
  2. 内臓治療

    内臓治療の精度・効果を更に上げる3つのポイントとは?
  3. 山口拓也

    多裂筋の治療が腰痛改善のヒントとなる?【解剖・腰痛・コアマッスル】
  4. ALLアプローチについて

    湿布は効かないという固定観念を手放す
  5. ALLアプローチ協会

    肩甲骨周囲のアプローチが理学療法士に必要な理由とは・・・?【肩甲胸郭関節リリース…
PAGE TOP