ALLアプローチ協会

【五十肩】右肩外転時の痛みを内臓治療で改善させる方法

いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございます!

ALLアプローチ協会 テクニカルトレーナー 渡会賢太です!

本日も、

勉強熱心な理学療法士・作業療法士・柔道整復師・整体師などセラピストの皆さんに向けて、

明日からの臨床ですぐ使える治療のアイデアやヒントをお伝えします。

 

今回は、

【五十肩】右肩外転時の痛みを内臓治療で改善させる方法

というテーマでお話していきます。

五十肩や四十肩、肩関節周囲炎など、

外来のクリニックや接骨院などで活躍されている先生方は、

よく診るケースだと思います。

そんな、

慢性肩疾患の患者様について、

今回は、

「右肩外転時」

の痛みや可動域を改善させるための方法を、

お伝えしていきます。

 

肩疾患の患者様を診るときに、

まずは、

「肩屈曲」の痛みや可動域から評価・治療していくセラピストが多いともいます。

肩屈曲の痛みや可動域制限に対しては、

腕橈骨筋の治療などで変化が出たり、

比較的良くなっていきやすいと思います。

しかし、

「肩外転」の痛みや可動域だけ、

なかなか改善せず、

とても悩んだことがあります。

「肩の屈曲は良くなっているけど、外転だけなかなか痛みが取れない…。」

「外転時だけやたらと患者様が痛みを訴える…。」

そんな悩みを持ったことはありませんか?

特に、

「肩を挙げた途中がとても痛くて、それからは痛みが少ない。

「挙げて降ろすときにすごく痛い。」

といった訴えをする方、

たまにいませんか?

そんな患者様と遭遇しましたら、

「内臓治療」

が必要の可能性が高いです。

では、

「どの内臓のアプローチによって改善しやすいのか?」

私が臨床で経験を積む中で見えてきた傾向性を基に、

皆さんとシェアしていこうと思います。

 

<対側の状態がポイント>

まず、

「肩外転」

という動きを考えると、

反対側の胸郭や側腹部が関与しています。

そのため、

「肩外転」の場合は、

「対側の内臓」

を評価・治療していくことで、結果が出やすいです。

 

右肩というと、

「肝臓」

がメジャーな原因部位として言われていますが、

「肩外転」に関しては、

対側を診るとよいでしょう、

 

<原因となりやすい5つの内臓>

  心臓

心臓は特に、

0°~90°」

の痛みや可動域制限に関与しているケースが多いです。

最も原因となりやすいのが「心臓」なので、

まず初めに評価・治療をしていくと良いでしょう。

 

  膵臓

膵臓は、

0°~120°」

の痛みに関与していることが多いです。

十二指腸と胆のうと、

「十二指腸乳頭(ファーター乳頭)

でつながりがあるため、

膵臓の硬さが十二指腸・胆のうの硬さを作り、

右肩の痛みの原因となっているケースがあるため、

チェックしておく必要があります。

 

最近私が診たケースで、

膵臓が右肩外転時の原因となっていたのですが、

その方は、

右肩外転80°付近で激痛があり、それ以降170°付近最終域まで痛みが出ない方でした。

このように、

「途中だけ痛い。」

といった症状の出方が特徴の方でした。

やはり、

こうしたケースの患者様は、

内臓が原因となっている可能性が高いですね。

 

  脾臓

脾臓と膵臓(膵尾)は、

膜で繋がっているため、

膵臓と同様に、

「右肩外転」

の痛みの原因となっているケースが多いです。

 

  下行結腸曲

横行結腸と下行結腸の移行部のところになりますが、

特に、

90°以降」

での痛みの原因となっているケースが多いです。

  S状結腸

これも、

90°以降」

そして、

ほぼほぼ最終域に近いところの痛みの原因となっていることが多いです。

 

<まとめ>

今回は、

「五十肩」

について取り上げました。

特に皆さんが悩まされる、

「右肩外転時」

の痛みと可動域改善、

特に、

「挙げる途中で痛みが生じる。」

パターンの患者様に有効な、

「内臓治療」

についてご紹介いたしました。

それは、

「対側の内臓」

が原因となりやすく、

具体的には、

  心臓

  膵臓

  脾臓

  下行結腸曲

  S状結腸曲

が原因となりやすいです。

 

もし右肩外転の痛みが改善せずに悩まれているセラピストの方は、

是非参考にしていただき、

明日からの臨床に活かしていただけたらと思います。

 

次回は、

「肩外転に有効な筋膜・経絡治療」

についてご紹介しますので楽しみにしていてくださいね♪

 

本日は以上になります。

最後まで当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございました!

ALLアプローチ協会 テクニカルトレーナー 渡会 賢太

 

LINE@登録はこちらから LINE@限定の治療テクニックプレゼント

追伸

特典盛りだくさんのメルマガ登録はこちらから

理学療法士-作業療法士-セミナー

自律神経障害セミナーのご案内はこちらから

自律神経障害セミナー

操体法×エネルギーワークセミナー

腰痛改善テクニックセミナー

 

ピックアップ記事

  1. 【症例報告】メンタルアプローチにより立ち上がり動作が改善した症例
  2. ALLアプローチ協会の講師を志願した思い・・・セミナー経験談
  3. 「成功」にとらわれるな、「成長」にとらわれろ!
  4. 【膝OA・TKA】膝伸展可動域改善に有効な筋ランキング ベスト5
  5. 【血管アプローチ】血管・血流にアプローチする考え方「入門編」

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    【膝OA】膝の痛みを一気に取り除く!ピンポイントアプローチとは?

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございます!…

  2. 内臓治療

    【内臓治療セミナー事前学習】 心臓アプローチに必要なイメージをより明確する

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  3. ALLアプローチ協会

    肩こり(五十肩・四十肩)に対する内臓アプローチ トップ3

    肩こり(五十肩・四十肩)に対する内臓アプローチFrom 山口拓也…

  4. 内臓治療

    視床下部の重要性【生理学₋症例₋頭蓋治療】

    視床下部の重要性【生理学₋症例₋頭蓋治療】ALLアプローチ協会代表…

  5. ALLアプローチ協会

    【筋膜×内臓】筋膜治療で膵臓を調整する方法とは?

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございま…

  6. 内臓治療

    【経絡・内臓治療】東洋医学における脾臓と肺

    みなさん、こんにちは。ALLアプローチ協会 代表 山口拓也です。本…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

プレミアムコースのご案内

年間コミニティー×オンラインサロン

栄養学プロフェッショナル認定コース

関連サイト

 

 

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

インスタグラム

YouTubeチャンネル

 

 

 

 

 

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

  1. 健康・体質・栄養

    体調管理に必要な事!自分のエネルギー量を高める方法!
  2. ALLアプローチ協会

    【五十肩】【肩関節拘縮】鎖骨・第一肋骨・小胸筋の解剖学的重要性
  3. ALLアプローチ協会

    【大腿骨頸部骨折】歩き始めの痛みへの対策~機能・構造レベル編~
  4. 健康・体質・栄養

    体液循環システムの治療「リンパ液」
  5. ALLアプローチ協会

    【筋膜アプローチ】トリガーポイントのおさらいと使用方法について
PAGE TOP