ALLアプローチ協会

【五十肩】筋膜・経絡・内臓のつながりから治療効果を高める思考法とは?

皆さんこんにちは!

ALLアプローチ協会 代表 山口拓也です。

いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、誠にありがとうございます。

本日も、勉強熱心な理学療法士・作業療法士・柔道整復師・整体師などセラピストの皆さんに向けて、

明日からの臨床ですぐ使える治療のアイデアやヒントをお伝えさせていただきます。

 

今回は、

【五十肩】筋膜・経絡・内臓のつながりから治療効果を高める思考法とは?

というテーマでお話していきます。

 

「五十肩」

を診るときに、

ほとんどの患者様で、可動域や疼痛に変化が出る筋肉が、

「腕橈骨筋」

です。

これは、筋膜の勉強をされているセラピストであれば、有名な話だとは思います。

 

しかしながら、

「腕橈骨筋」

だけの治療では当然、解決しないことがほとんどだと思います。

そこから、他の筋や内臓などを評価していき、治療を展開するとは思いますが、

・なかなか痛みが取りきれない。

・他の原因が分からない。

治療が行き詰まることがあると思います。

 

そこで今回は、

「腕橈骨筋」の治療で変化が出たというヒントから、

経絡・内臓で原因になりやすい部位を推測し、

・より大きな変化を出すことが出来る。

・もどりを抑えることができる。

・治療効果を最大化することができる。

といった、

五十肩治療のアイデアとヒントをご紹介していきます。

 

そして、

「腕橈骨筋」以外の筋から、

どの経絡・内臓が原因となりやすいか?

いくつかご紹介していきます。

 

  腕橈骨筋で変化が出る場合。

<経絡>

大腸経、肺経

<内臓?

大腸、肺

<筋>

横隔膜

右肩の場合、回盲・上行結腸曲

左肩の場合、S状結腸・下行結腸曲

 

  内側上顆(前腕屈筋群)の場合

<経絡>

心経

<内臓>

心臓

 

  長掌筋の場合

<経絡>

心包経

<内臓>

心臓

 

  小指球筋の場合

<経絡>

小腸経

<内臓>

小腸

 

  鎖骨下筋の場合

<経絡>

肺経

<内臓>

 

では、実際にこの繋がりから治療を展開したことで、

結果を出すことが出来た症例についてご紹介いたします。

 

【症例紹介】

<パーソナル情報>

50代女性。

診断名:右肩関節周囲炎

主訴:右肩を動かすと痛い。早朝に肩が痛くなる。

HOPE:右肩を痛みなく動かせるようになりたい。肩の痛みがなく起きられるようになりたい。

 

1回目の治療~

<評価>

関節可動域(ROM):右肩屈曲120°p。

疼痛:安静時に右肩重量感あり。右肩屈曲最終域で増悪。NRS6~7。

触診:腕橈骨筋、母指球筋、外側筋間中隔に硬結あり。

筋ストレッチテスト:腕橈骨筋(++)。母指球筋()、外側筋間中隔()

 

<治療>

腕橈骨筋、母指球筋、外側筋間中隔を軸圧法・ポジショナルリリースで調整。

 

<反応>

ROM:右肩屈曲145°p

疼痛:安静時の右肩重量感変化なし。右肩屈曲最終域の疼痛 NRS2~3。

 

1週間後~

<問診>

・治療したその日は右肩の痛みは良好。

・翌日の朝には増悪。その後は痛みが初日の治療前の状態に戻った。

・朝5時過ぎに右肩の痛みが強くなる。

 

<評価>

経穴圧痛テスト:大腸経の井穴と合谷(経穴)に圧痛あり。

内臓反射点:右母指球近位(回盲)、右水かき中央(肝臓)     

 

<治療>

  大腸経の調整(井穴マッサージ、エネルギー調整)

  回盲、上行結腸曲、肝臓の調整

  腕橈骨筋、母指球筋、外側筋間中隔の調整

 

<反応>

ROM:右肩屈曲150°p

疼痛:右肩安静時痛消失。右肩屈曲最終域の疼痛 NRS1~2。

 

2回目の治療から1週間後~

<問診>

・早朝の右肩痛軽減。

1週間後も可動域150°を維持

NRS1~2の疼痛の程度を維持できていた。

 

【まとめ】

今回は、

「五十肩治療」、「腕橈骨筋」を例に、

筋膜・経絡・内臓の繋がり、関係性から診る評価と治療をお伝えしました。

もちろん、

この考え方は、腰痛や肩こり、頸部痛、歩行、ADLなど、

様々な症状や主訴を解決する目的にも使えます。

私はこれまで、

筋膜は筋膜、内臓は内臓、経絡は経絡と、

別々分けて評価・判断・治療といった展開をしてきていました。

しかしながら、

このように、一つの筋から他のカテゴリへと並列的に原因を考えていくことで、

臨床の幅が広がっていきました。

結果的には、様々な角度から患者様を捉え分析できるので、

より深い原因までアプローチができ、

安定した結果やより大きな治療効果を出すことができます。

そしてそれが、患者様の問題解決や希望を叶えることに繋がっていきます・

 

是非、こういった考え方も参考にしていただき、

皆さんの臨床で活用していただけたらと思います。

 

本日は以上になります。

 

最後まで当協会の公式ブログをお読みいただき、誠にありがとうございました!

ALLアプローチ協会 代表 山口拓也

LINE@登録はこちらから LINE@限定の治療テクニックプレゼント

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 2018年新年あけましておめでとうございます!1年間振り返ってみました!
  2. 【心理学】意志力をコントロールする3つの方法とは?
  3. 自分のコミュニケーション能力を把握する現状分析方法
  4. 頭蓋仙骨療法 セラピストが行う蝶形骨リリースの重要性について 
  5. 【肩こり治療】多角的な肩こりに対するアプローチ(姿勢の観点)

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    内臓治療の負荷・禁忌について【好転反応‐マニュピレーション】

    内臓治療の負荷・禁忌について【好転反応‐マニュピレーション】皆…

  2. ALLアプローチ協会

    腸脛靭帯炎の痛みを8割以上改善させる!?マル秘必勝法を公開!

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございます!…

  3. ALLアプローチ協会

    なぜ変形性股関節の痛みに外旋六筋が原因となりやすいのか?

    いつも当の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございます。…

  4. ALLアプローチ協会

    【経絡治療】内転筋の過緊張を一気に緩和させる経絡アプローチとは?

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございます!…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

プレミアムコースのご案内

年間コミニティー×オンラインサロン

栄養学プロフェッショナル認定コース

関連サイト

 

 

セミナー案内

最近の記事

マーケティング公式メルマガ

美容テクニック専門の公式メルマガ

心理学専門の公式メルマガ

Facebookページ

インスタグラム

YouTubeチャンネル

 

 

 

 

 

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

スタッフ・仲間募集中

  1. 協会ブログ(セミナー、イベント、情報)

    「心理学×筋膜・経絡・内臓セミナー」11月26日【ALA協会ブログ】
  2. ALLアプローチ協会

    【内臓治療】 肝臓が訴える不調のサイン(前編)
  3. ALLアプローチについて

    セラピストの枠
  4. セルフメンテナンス

    【栄養指導・たんぱく質 パートⅢ】 セラピストのタンパク質指導
  5. 健康・体質・栄養

    大腸、小腸について!経絡治療?役割は?内臓治療?
PAGE TOP