ALLアプローチ協会

【五十肩】肩外転の痛みで、圧倒的な結果を出せる筋膜・経絡治療とは?

いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございます!

ALLアプローチ協会 テクニカルトレーナー 渡会賢太です!

本日も、

勉強熱心な理学療法士・作業療法士・柔道整復師・整体師などセラピストの皆さんに向けて、

明日からの臨床ですぐ使える治療のアイデアやヒントをお伝えします。

 

今回は、

【五十肩】肩外転の痛みで、圧倒的な結果を出せる筋膜・経絡治療とは?

というテーマでお話していきます。

 

「肩外転」

の痛みや可動域制限に対して、

なかなか思うような結果が出せずに苦しんでいるセラピストが多いかと思います。

前回のブログでは、

「内臓治療」

により変化が出やすいケースや、

改善に有効な内臓についてシェアさせていただきました。

今回は、

「筋骨格治療」「経絡治療」

により、

肩外転の痛みや可動域制限に、

結果が出せるポイントについて、

皆さんにシェアさせていただきます。

 

私は、

外来リハビリで整形の患者様を良く診ていたので、

「肩関節周囲炎」、「腱板損傷」、「上腕骨骨折」

などの患者様をたくさん診てきました。

中でもやはり、

肩の外転は苦戦していました。

だから上手くいかないことばかりでしたし、

外転の制限が残ったまま諦めてもらうしかないと、

悔しい思いをしてきました。

そんな体験を経て、

ある筋や筋膜、骨格の介入によって、

ほとんどの患者様の、

肩外転時痛や可動域制限に、

結果を出せるようになってきました

 

この筋骨格・経絡のアプローチで、

78の痛みは改善すると言ってもいいでしょう。

残りの23割は、その人それぞれで原因を細かく診ていく必要はありますが、

ほぼ確実に変化は出すことが出来ます。

 

いったいどの筋・骨格、経絡にアプローチすればいいのか?

それについて紹介させていただきます。

 

☆筋骨格編☆

①外側筋間中隔

三角筋の停止部で、

触診は、

外側上顆から7~8横指上方。

になります。

ここは、

上腕二頭筋や上腕筋と上腕三頭筋を隔てている部分になります。

この部位は、

様々な筋が集結している部位のため、

非常に硬結が出来やすいです。

この部位に硬結があれば、

単純に、

肩外転に左右する三角筋中部繊維の機能不全が生じるため、

肩外転時痛・可動域制限につながります。

最も臨床上変化が出やすい部位になりますので、

しっかりと触診をしていだき硬結部位を調整してみてください。

かなり変化が出ますよ!

 

②前腕伸筋群(外側上顆)

長橈側手根伸筋、肘筋、総指伸筋、回外筋など、

外側上顆から起始する筋の硬結により、

肩外転時痛や可動域制限の原因になっていることが多いです。

腕橈骨筋よもやや後面に位置する部分です。

また、

これらの筋によって、外側上顆のアライメント不良を引き起こし、

原因となっているケースもあるので、

しっかりと骨のアライメントも修正していくスキルが必要になってきます。

 

③大結節

ここは、

小円筋、棘上筋、棘下筋など、

ローテーターカフ(回旋筋腱板)の筋が付着している部位です。

触診は、

肩峰から1~2横指下方(上腕骨の矢状面からみて中央線沿い)

になります。

この部分の硬結や大結節のアライメント不良によって、

肩外転の痛み、可動域制限の原因になっていることが多いです。

 

 

☆経絡編☆

①肺経

経絡上最も肩の外転に関与しているのが、

「肺経」

です。

外側のアームライン上の筋との関連性が深いため、

前腕伸筋群大結節に付着する筋とのつながりがあり、

経絡の問題が疼痛や可動域に影響しているケースもあります。

 

②心包経

心包経は、

「スーパーフィシャル・フロント・アーム・ライン(SFAL)

とのつながりが深く、

筋で言うと、

「長掌筋」、「外側筋間中隔」

が含まれています。

上記で挙げた、

「外側筋間中隔」

の硬さが心包経によるものである可能性も臨床上あります。

特に、

「労宮(ろうきゅう)」

という経穴へのアプローチで、

大きな変化を出すことが多いです。

触診は、

2・3中手骨底部間or第3・4中手骨底部間で、

手をグーに握ったときに、手掌に爪が当たる部分が目安の位置になります。

デスクワーカーや主婦などは、

この部位が硬結を起こしているケースが多いです。

この経穴は、

「心身の疲労状態」

に関与するようで、

常日頃手を使っていて、過労により疲労度が高い方は、

硬さや圧痛があることが多いので、

評価・治療していくと良いでしょう。

 

<まとめ>

「肩外転」

の痛みや可動域制限に対する、

「筋骨格治療」、「経絡治療」として、

  外側筋間中隔

  前腕伸筋群(外側上顆)

  大結節

  肺経

  心包経

をアプローチしていくことで、

78割の痛みは改善するといった成果が出ると思いますので、

是非皆さんの臨床で試してみてください!

 

本日は以上になります

最後まで当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございました♪

ALLアプローチ協会 テクニカルトレーナー 渡会 賢太

 

LINE@登録はこちらから LINE@限定の治療テクニックプレゼント

追伸

特典盛りだくさんのメルマガ登録はこちらから

理学療法士-作業療法士-セミナー

自律神経障害セミナーのご案内はこちらから

自律神経障害セミナー

操体法×エネルギーワークセミナー

腰痛改善テクニックセミナー

ピックアップ記事

  1. (内臓治療)膵臓のアプローチを解剖・発生から考える【内臓調整】
  2. 【難治性疼痛】なかなか治らない足部痛(前半)
  3. 治療直後に痛みが変化せず、テンパってしまうあなたへ
  4. 東洋医学でストレス解消【内臓₋ストレス₋感情】
  5. 頭蓋仙骨療法 セラピストが行う蝶形骨リリースの重要性について 

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    細菌と血液の質が、自己治癒力を高める

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  2. ALLアプローチ協会

    「朝起きると痛い…。」腰痛に打ち勝つ方法とは?

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございます!…

  3. ALLアプローチ協会

    頭蓋仙骨療法を腰痛治療にどう活用するのか?

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございま…

  4. ALLアプローチ協会

    頭蓋仙骨療法のための脳脊髄液の重要性とは?

    頭蓋仙骨療法のための脳脊髄液の重要性とは?From 山口拓也 …

  5. ALLアプローチについて

    肝臓治療における「経絡アプローチの実践」

    おはようございます。  オールアプローチ協会  鈴木正道です。…

  6. 五十肩

    経絡+キネシオロジー 肝経を使って筋にアプローチ 五十肩 頚椎症 猫背

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. ALLアプローチ協会

    治療直後に痛みが変化せず、テンパってしまうあなたへ
  2. ALLアプローチ協会

    大腸の解剖学的特徴(トルツ筋膜ってなんだ?)
  3. 山口拓也

    ディープフロントライン(DFL)基礎・基本 アナトミートレイン 治療の応用まで!…
  4. ALLアプローチ協会

    【変形性膝関節症】【膝OA】膝の屈伸制限に圧倒的な結果を出せる筋について
  5. ALLアプローチについて

    アナトミートレインの基礎・基本 ラテラルラインについて(LL)治療まで!
PAGE TOP