ALLアプローチ協会

【内臓セミナー事前学習】大腸の立体的イメージ・構造の理解を深める

おはようございます。

いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、

誠にありがとうございます。

ALLアプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道です。

本日も、勉強熱心な

理学療法士・作業療法士・柔道整復師・整体師など

セラピストの皆さんに向けて、

明日からの臨床ですぐ使える治療のアイデアや

ヒントをお伝えしていきます。

 

今回は

大腸にアプローチするためのイメージを固める

についてお伝えしたいと思います。

 

 

最近始めたこのイメージを固めるシリーズ

今回は大腸に関してお伝えします。

 

なぜ早めに大腸についてお伝えするかと言うと、

大腸のアプローチはほぼ全部の腹腔内臓器に

影響するからです。

 

特に左右の結腸曲の解剖・膜のつながり

直腸と膀胱・子宮の位置関係を

立体的にイメージできることで

応用が利くようになります。

 

内臓アプローチする上で

つながりや位置関係をイメージして

介入することで圧の方向や

深さも感覚的に変わってきますので

参考にしていただければ幸いです。

 

まずは大腸の全体像と

奥行きのイメージです。

【図1】全体像

【引用】プロメテウス解剖学アトラス

大腸の全体像をイメージできることはとても重要です。

大腸自体はとても伸長性があり、

奇形や変位も多くありますが

まず基本的な形をイメージできることは重要です。

 

この図1ではあまり奥行きがイメージできませんが、

大腸はその立体感が重要となります。

 

【図2】大腸の立体感

①前面

【引用】VISIBLE  BODY  Atlas

 

正面からの立体感は

大腸以外の臓器があるとその奥行きが

イメージしやすくなります。

図では上行結腸・下降結腸が後方に

横行結腸が前方にあるのが

小腸の位置に対してイメージしやすい

図となっています。

 

②右側面

【引用】VISIBLE  BODY  Atlas

右側面から大腸を観察すると

盲腸部から上行結腸へ移行するにつれて

後方へもぐりこんで

右結腸曲でカーブして横行結腸に向けて

前面へ出てくる立体感が見えやすいですね。

この上行結腸の奥行きや結腸曲の立体感が

つかめないでいると、

大腸のアプローチはなかなかうまくいかないので

しっかりイメージを作っておいていただけると

良いですね。

 

ちなみにこの図に大腰筋・腎臓を足すと

こんな位置関係になります。

【引用】VISIBLE  BODY  Atlas

ちょっとこの図は大腸・腎臓・大腰筋に

距離が開きすぎているように見えますが、

実際は横断面でみるとこんな感じになっています。

 

ちょっと中国語で書いてあるので

わかりづらいかもしれませんが

左右の腎臓の前にあるのが大腸になります。

右側的Toldt融合筋膜と書いてあるのが

トルツ筋膜のことです。

 

③左側面

【引用】VISIBLE  BODY  Atlas

左側面から見ても下降結腸が後方へ

経路を変えて、S状結腸へ向けて

前面に出てきて

直腸へ向けて後方へ経路を

変えていくのが分かります。

 

④左後側面

【引用】VISIBLE  BODY  Atlas

左後側面からみると

腎臓との位置関係や

左右の上行結腸・下降結腸

直腸の立体感がとてもわかりやすいですね。

 

 

こうして3Dで内臓の位置関係を捉える

練習はとても重要だと思います。

他にも胃の立体感や

心臓・肝臓・横隔膜の位置関係など

平面の解剖教科書では分からない

イメージがつかみやすいので

アプリを活用してイメージを固めて

いただけるとありがたいです。

 

【図3】回盲の解剖

【引用】プロメテウス解剖学アトラス

 

大腸のアプローチの中でも重要なのが

左右の結腸曲は臓器とのつながりで

重要となりますが、

大腸自体では、小腸と大腸の

境目となる回腸、その中でも

回腸口の輪筋や縦筋が大腸から

回腸への逆流を防いでいます。

 

この部分に硬結や圧痛がある場合

優しめのリリースが必要になってくるので

この構造は理解しておきましょう。

 

 

【図4】結腸曲のつながり

【引用】VISIBLE  BODY  Atlas

【引用】VISIBLE  BODY  Atlas

【引用】プロメテウス解剖学アトラス

 

右の結腸曲には肝臓・右腎臓・十二指腸・胆のうに

つながりがあることが分かります。

左の結腸曲には膵尾・脾臓・左腎臓とのつながりが

あります。

 

ちなみに膵体部には横行結腸がつながりがあるので

左右の結腸曲・横結腸のアライメントを整えると

つながっている内臓たちが緩むのを感じることができます。

 

大腸のアライメント?と言われて

イメージつかない方もいると思いますので

こちらの図をご覧ください。

 

【大腸のアライメント異常】

【引用】プロメテウス解剖学アトラス

 

横行結腸は下垂しやすく、正常範囲でも

これだけ変位することが分かっています。

このような画像は便秘外来に行くと

撮ってもらえるそうです。

 

この写真で注目ポイントは

左右結腸曲は下垂していないことです。

上行結腸下降結腸、左右の結腸曲までは

後腹壁にトルツ筋膜を介して癒着しているので

大きな変位は起こりにくいですが、

横行結腸は膵臓と膜を貸してつながっているだけで

変位しやすい構造になっています。

 

このように下垂した横行結腸が

左右の結腸曲を介して肝臓も下垂させる

牽引ストレスを作ったり、

脾臓を下垂させる原因になったりするので

こういったアライメントを徒手的に整復しながら

肝臓や脾臓・膵臓にアプローチしていくと

緊張をとりやすくなります。

 

他にも盲腸の位置の奇形や

大腸の異常状態などがありますが、

今日はここまでにします。

 

今日からの内臓アプローチに

イメージをプラスすることは

できましたか?

 

最後まで当協会の公式ブログをお読みいただき、

誠にありがとうございました!

 

それではまた!

今日も一日良い時間をお過ごしください。

 

もしよければFacebookで「いいね」「シェア」を

よろしくお願いいたします。

 

You tubeチャンネル登録もお待ちしております。

 

ALLアプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道

 

本日の記事は以上となります。

FB、インスタ、ツイッター、ユーチューブなどもやっておりますのでざひご覧ください。

ALLアプローチ協会 代表 山口拓也

 

【もし、この記事が気に入って頂ければシェア・リツイートして下さると幸いです↓】

    

 

LINE@登録はこちらから LINE@限定の治療テクニックプレゼント

追伸
特典盛りだくさんのメルマガ登録はこちらから↓

理学療法士-作業療法士-セミナー

腰痛改善テクニックセミナー

ピックアップ記事

  1. 脳脊髄液と自律神経の関わりについて
  2. ALLアプローチ協会の仲間(スタッフ)募集中‼︎
  3. 心臓の解剖学的イメージ【膜】
  4. 便秘で困る本当の理由
  5. 肝臓の運動学的特徴「移動・自動・可動」

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    【評価テクニック】経絡と筋膜を掛け合わせた評価方法

    こんにちは!ALLアプローチ協会 山口拓也です。本日も、当協会…

  2. ALLアプローチ協会

    【内臓治療】 肝臓が訴える不調のサイン(前編)

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  3. ALLアプローチ協会

    知るだけで治療効果があがる内臓治療の基礎知識

    みなさん、こんにちは。ALLアプローチ協会 代表 …

  4. 健康・体質・栄養

    東洋医学における季節の過ごし方と食の知識【春】

    おはようございます。all アプローチ協会 鈴木 正道です。 …

  5. ALLアプローチ協会

    筋膜リリースの前に知って欲しい知識とは…?

    筋膜テクニックに必要な解剖生理学を解説。From 山口拓也埼玉…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

プレミアムコースのご案内

年間コミニティー×オンラインサロン

栄養学プロフェッショナル認定コース

関連サイト

 

 

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

インスタグラム

YouTubeチャンネル

 

 

 

 

 

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

  1. ALLアプローチ協会

    内臓治療 反射点治療の臨床活用法とは?
  2. ALLアプローチ協会

    大殿筋の基礎・血管などの重要性【腰痛との関連】
  3. ALLアプローチ協会

    浮腫を治すために必要なアプローチとは???【浮腫の治療について】
  4. ALLアプローチ協会

    【経絡治療】内転筋の過緊張を一気に緩和させる経絡アプローチとは?
  5. ALLアプローチ協会

    【筋膜治療】全筋膜ラインのまとめとその活用方法
PAGE TOP