ALLアプローチ協会

【内臓治療】内臓由来の関連痛 背部の痛みと痺れ

おはようございます。

All アプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道です。

本日も当協会のメルマガをご覧いただきありがとうございます。

今日も、

理学療法士・作業療法士・柔道整復師・整体師など

セラピストの皆さんに向けて、

明日からの臨床ですぐ使える治療テクニックや

介入のヒントをお伝えします。

 

今日は

内臓由来の関連痛背部の痛みに関して

お伝えいたします。

 

 

 

臨床で

背中が夕方になると痛むんです。

お昼過ぎごろになってくると背中が痺れるんです。

不定期でいつも同じ場所が痛むんです。

 

など

 

背中に痛みや痺れを訴えるケースに出会うことは

少なくありません。

中には明け方腰が痛むんです

朝になると方が痛むなども

大きな枠では

原因は一緒になってくるかもしれません。

 

もちろん関節運動や

筋の収縮・伸長で再現性のある痛みや痺れは

筋骨格系が原因であることが多いですが、

 

再現性が低く、

いつも同じ時間で症状が出たり、

筋・関節の動きで再現性はないが、

不定期で出現する痛みや痺れに関しては

内臓・自律神経系の痛みや痺れであることが多いです。

 

私自身、その症状を持っているのでいつも敏感です。

私はカフェインを摂取

特にアイスカフェラテを摂取すると

その後

背中の肝臓の関連痛領域に痺れが出現します。

 

実際水分摂取をしっかりして

体温上げて代謝を上げていくと

痺れは改善していきますし、

 

肝臓の自己調整をしても症状を改善することができます。

 

人それぞれ、体に負担がかかる臓器や

負担をかける食材や添加物も違いますが、

問診をしていくと、

一定の時間で

一定の生活スタイルをしていることが多くあります。

 

ここで内臓に関する痛みを整理します。

 

内臓痛:

管腔臓器の筋層や漿膜が過伸展、

異常収縮することで生じる。

実質臓器の急激な腫大で皮膜が伸展された場合にも生じる。

症状としては、どこが痛いのかはっきりしない。

重苦しい鈍痛、締め付けられるような感覚。

悪心、冷汗などを伴うこともある。

 

体性痛:

壁側腹膜、腸間膜、横隔膜に炎症や刺激が及んで生じる。

症状としては、局在がはっきりした鋭い持続痛。

腹膜刺激症状が出現することがある。

体を動かすと痛みが増強することも。

 

関連痛(放散痛):

強い内臓痛が脊髄内で隣接する神経線維を刺激し、

対応する皮膚分節に痛みが投影される。

腹部以外に生じることもある。

 

ちなみに下の図は

生理学の教科書にものっている関連痛の

生じる領域と対応臓器です。

 

また、皮膚分節に対応して

痺れや痛みが出現する場合は

内臓を支配している神経を知る必要があります。

 

 

【腹腔神経節】

T5-T12(交感神経系)

支配臓器:

胃 肝臓 胆嚢 十二指腸 膵臓 脾臓 腎臓 副腎

 

【上腸管膜動脈神経叢】

T10-T12(交感神経系)

支配臓器:

小腸 上行結腸 横行結腸の近位2/3

 

【下腸管膜動脈神経叢】

L1-L2(交感神経系)

S2-S4(副交感神経系)

横行結腸遠位1/3 下降結腸 S状結腸 直腸

 

これら神経節と対応臓器・皮膚分節から

痛みや痺れの関連を推察することができるので、

筋骨格系のアプローチで変化がみられない場合は

食生活・胃腸症状

手術・癌の既往や

たばこ・酒などの嗜好品

などの問診を積極的に行っていきましょう。

 

内臓の触診

反射点の硬結など

内臓の評価で自動力・可動力・循環が

低下している場合は

内臓にアプローチをして

循環が改善することで症状が改善する

ケースも多くあります。

 

しかし、来院時に症状がないケースも

多くあるため、

エラーを出している生活習慣を特定することは

インナーアプローチの面ではとても

重要となります。

 

水分摂取で代謝を上げても、

食後の消化器系には逆効果になって

症状を悪化させることもあるので

 

臓器が働く時間

午前中は代謝→肝臓

昼食後は胃・十二指腸・膵臓・胆嚢の順に

負荷がかかり、

夕方から腎臓の排泄機能が高まってくることを

考慮しておく必要があります。

 

また東洋医学的視点で、

経絡ごとの時間も参考になります。

 

心経:AM11-PM1

小腸経:PM1-3

膀胱経:PM3-5

腎経:PM5-7

心包経:PM7-9

三焦経:PM9-11

胆経:PM11-AM1

肝経:AM1-3

肺経:AM3-5

大腸経:AM5-7

胃経:AM7-9

脾経:AM9-11

 

それぞれ弱い経絡の時間に症状が出やすくなります。

 

これら神経支配や

対応臓器・関連痛部位を

見ていくと

慢性の肩こりや腰痛に対して

内臓アプローチが有効になってくる理由も

理屈がわかってきますね。

 

実際ファスティング後には

背部痛や、肩こり、腰痛など

不調がまとめて改善するケースも

ありますので、

繰り返し内臓にアプローチしても

症状の戻りが強い場合は

食生活や生活習慣の改善が

必要になるケースもあります。

 

整形外科検査や、運動ストレス検査等で

原因が特定できないしつこい症状には

内臓のアプローチ・頭蓋のアプローチも

試してみてください。

本日も最後までメルマガを読んでいただき

ありがとうございました。

 

今日も一日良い時間をお過ごしください。

 

鈴木 正道

 

LINE@登録はこちらから LINE@限定の治療テクニックプレゼント

追伸
特典盛りだくさんのメルマガ登録はこちらから

理学療法士-作業療法士-セミナー

自律神経障害セミナーのご案内はこちらから

自律神経障害セミナー

ピックアップ記事

  1. 【頭蓋・内臓】発達の過程から考える頭蓋骨と内臓のつながり
  2. 内臓治療の精度を上げるための「経絡治療×内臓治療×筋膜治療」について
  3. 【内臓治療】 肝臓が訴える不調のサイン(後編)
  4. セラピストが知っておきたい感情と病気との関係性
  5. 【脊柱治療】脊柱の問題は脊柱にはない!?

関連記事

  1. 内臓治療

    内臓治療 心臓編 【生理学 テクニック マニュピレーション 効果】

    内臓治療 心臓編 【生理学 テクニック マニュピレーション 効果】…

  2. ALLアプローチ協会

    【症例報告・スポーツ】筋・筋膜・運動連鎖・経絡を考慮した回復支援

    おはようございます。All アプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道…

  3. 内臓治療

    本物のセラピストになるために part2

    ALLアプローチ協会 スタッフの渡会賢太です。 本日も当協会…

  4. ALLアプローチ協会

    【変形性膝関節症】立ち上がり時の痛みがなかなか取り切れないあなたへ

     皆さんこんにちは☆ALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. 山口拓也

    あなたの人生の価値基準知っていますか?
  2. 健康・体質・栄養

    大腸、小腸について!経絡治療?役割は?内臓治療?
  3. 疾患別 治療

    脳卒中片麻痺に対する姿勢コントロールの重要ポイント
  4. ALLアプローチ協会

    グランフェルト三角について・・・上腰三角の重要性!
  5. 協会ブログ(セミナー、イベント、情報)

    【心理学×筋膜・経絡・内臓治療セミナーin大阪】面白かった1日!(内臓治療・頭蓋…
PAGE TOP