ALLアプローチ協会

【内臓治療】胸骨・縦隔・胸膜にアプローチ(肺・心臓のつながり)

おはようございます。

いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、

誠にありがとうございます。

ALLアプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道です。

本日も、

勉強熱心な理学療法士・作業療法士・柔道整復師・整体師など

セラピストの皆さんに向けて、

明日からの臨床ですぐ使える治療のアイデアや

ヒントをお伝えしていきます。

 

 

今回は

【内臓治療】

胸腔と縦隔・胸膜を理解して、胸腔内臓器にアプローチ

についてお伝えいたします。

 

胸腔内は心臓や動脈・静脈

肺、リンパなど循環系に関与する臓器が

詰まっています。

 

また自律神経の神経管・神経節も

多く存在し、胸郭の循環や可動域は

腹腔の内臓にも影響を及ぼします。

 

胸腔内は肋骨・胸骨に囲まれた

空間になっているため

直接的なアプローチが困難ですが

膜のつながりや筋膜のつながり、

循環を通してアプローチが

可能となります。

 

今回その中でも

縦隔と胸骨に対してのアプローチを

お伝えいたします。

 

胸骨は胸腔内外から多くの筋や

膜の付着があり

呼吸・循環・可動性のキーポイントに

なっています。

 

最近アプローチしていて

胸骨から左右にのびる大胸筋が

骨盤の大殿筋の逆バージョンのように

思えてきました。

これはアプローチしていて

という感じです。

 

大胸筋の胸骨付着部は

左右の大胸筋を結ぶように胸骨上で繊維が

クロスする。

 

この構造は

仙骨後面で大殿筋の繊維が腸骨を超えて

仙骨上まで伸びて繊維が連結するような

イメージと重なります。

 

胸骨上は

東洋医学的には任脈の経絡が通り、

壇中というツボが有名で

 

チャクラでは第四チャクラ

(→ハートチャクラとも呼ばれ)

の開くポイントになります。

 

どちらもメンタルに関する場所とされています。

 

実際筋膜では胸骨上には筋膜の中心点があり

筋硬結を作りやすく、

特にメンタル面で不安を抱えている人に

圧痛・硬結が多いです。

 

実際メンタル面で落ち込んでいたり

不安を抱えていると

この部分を開いた姿勢をとっている人は

ほとんどいませんね。

 

認知症などで、

常に状況を把握できずに不安を抱えている

高齢な女性ではこの部分で手を組んで

不安そうに話しをする方が多い印象です。

 

 

胸腔内からみた胸骨には

胸横筋や胸内筋膜が付着し、

さらに内側には壁側胸膜が癒着するとともに

前縦隔が付着しています。

 

ここで縦隔の構成要素をお伝えします。

縦隔は解剖学上、上下の縦隔に分けられており、

下縦隔がさらに前・中・後の縦隔に

区分けされている。

 

【縦隔の構成要素】

〈上縦隔〉

大動脈弓

腕頭動脈・静脈

左総頚動脈と左鎖骨下動脈の始部

上大静脈(上部)

胸腺(高齢者では胸骨後脂肪組織)

迷走神経

左反回神経

心臓神経

横隔神経

起動・食道・胸管

 

〈下縦隔〉

・前縦隔

リンパ管とリンパ節

微小血管

 

・中縦隔

心臓と心膜

上行大動脈

上大静脈の終末部と奇静脈

肺動脈幹とその枝

肺静脈

心膜横隔動脈静脈と横隔神経

 

・後縦隔

食道と迷走神経

胸大動脈とその枝

胸管

奇静脈と半奇静脈

交感神経幹と大小内臓神経

 

 

 

この縦隔、私は縦隔って名前だけで

横隔膜みたいな一枚の膜があると

勘違いしていましたが、

 

解剖の教科書上はブロックで分かれています。

 

発達の過程では、

たしかに胸腔に対して

真ん中から心・肺が胸腔を二つに割って

発生してくるので

縦に隔てて出てきた組織になります。

 

私がいつも治療するときに

大切にする縦隔のイメージは

胸骨から脊柱まで

つながる列車のような組織のつながりです。

一つ目は

胸骨→胸横筋→脂肪層→心臓(心膜)→脊柱

胸骨と心臓、心臓と脊椎をつなぐ靭帯性の組織が

つながっているのでその組織をゆらすイメージで

胸腔内にアプローチをしていきます。

 

二つ目は

壁側胸膜→臓側胸膜→壁側胸膜

胸膜の中でも臓側の胸膜は縦隔を矢状面上で

縦に区切っているので、

両側の臓側胸膜もイメージしてアプローチしています。

右は胸骨後面まで臓側胸膜が広がっていますが、

左は胸肋関節もしくは胸横筋までしか

臓側胸膜が付着してこないので

左右のイメージは使い分けています。

 

三つ目は

横隔膜を介した胸郭下部の連続性です。

とても柔軟性の必要部分になり、

とても多くのつながりがある膜になります。

 

横隔膜は実際解剖で見ると、

筋と言うよりほんと膜な組織ですが、

その膜に肝臓がぶら下がり、

胃が貫いてぶら下がり、

横隔膜の上には心臓が靭帯性に連結し、

壁側胸膜横隔部が癒着し、

肺の重さも乗っかっているので

正直あの膜の動きだけで

あれだけの臓器を上下に動かせている気がしないので

内臓の自動力・可動力は

横隔膜の動きにとって重要だと考えて

内臓にアプローチしています。

 

他にも肋骨一本一本のアライメントも

胸骨と脊柱をつなぐラインと考えて

アプローチしてくと

壁側胸膜全体のアライメントや癒着に

対応していくことができます。

 

実際内臓だけに着目すると

胸腔内の内臓はアプローチしにくい

イメージですが、

連結・膜を介して

アプローチしていくと

イメージもしやすくなっていきます。

 

是非参考にしていただければ幸いです。

 

本日は以上になります。

最後まで当協会の公式ブログをお読みいただき、

誠にありがとうございました!

それではまた!

今日も一日良い時間をお過ごしください。

ALLアプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道

【もし、この記事が気に入って頂ければシェア・リツイートして下さると幸いです↓】

    

LINE@登録はこちらから LINE@限定の治療テクニックプレゼント

追伸

栄養学、内臓・頭蓋治療、筋骨格手技、運動療法、経絡、エネルギー治療、メンタルアプローチ、心理学を掛け合わせた内容について、ALLアプローチ協会公式メルマガにて配信しております。 興味のある方は、公式サイトよりご登録お願いします。↓

理学療法士-作業療法士-セミナー

【セミナーご案内】

ピックアップ記事

  1. 内臓機能アップ!セルフメンテナンス特集(内臓編)
  2. 腸腰筋が引き起こす様々な障害とは…?
  3. 「筋トレ」なんてしなくても筋力が上がる真実。
  4. プレミアムコース6日目エネルギー治療 受講生の声
  5. 【経絡治療】経絡調整3つのテクニック公開!

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    【腰痛】【痺れ】下後鋸筋と腰痛・痺れの関連性

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  2. 内臓治療

    【体質改善】内臓治療で周波数の調整をする治療が大変だというあなたへ・・・

    内臓治療 周波数の調整での治療が大変なあなたへ・・・From 山口…

  3. ALLアプローチ協会

    視力・老眼に対する内臓・頭蓋仙骨療法・筋膜アプローチ 総まとめ

    視力・老眼に対する内臓・頭蓋・筋膜・経絡アプローチ総まとめfrom…

  4. ALLアプローチ協会

    【運動連鎖】肩甲骨と歩行の関係性 運動連鎖から捉える

    皆さんこんにちは!ALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー 渡…

  5. ALLアプローチ協会

    後脛骨筋の解剖学的特徴について…

    後脛骨筋の解剖学的特徴について…From 山口拓也 埼玉 越…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. ALLアプローチ協会

    意外と知られていない頭蓋仙骨療法テクニックの部位とは?
  2. ALLアプローチ協会

    治療家自身の感覚レベルを高めるワークを紹介!
  3. 内臓治療

    腹膜への内臓治療について解説
  4. 内臓治療

    骨盤底筋治療の重要性!【内臓脱、腹圧、痛みの関係性など】
  5. ALLアプローチ協会

    (内臓治療)膵臓のアプローチを解剖・発生から考える【内臓調整】
PAGE TOP