ALLアプローチ協会

【内臓治療に必須】食事を食べてから排泄されるまでの時間経過・流れについて

from 山口拓也 整体院 デスク より

いつもALLアプローチ協会公式ブログをお読み頂き、 ありがとうございます!

本日は、「食事を食べてから排泄されるまでの時間経過」について

というテーマでお話をさせて頂きます。

 

皆さんは、食事を摂取してから排出されるまでに必要な時間を知っていますでしょうか?

これを知らないと、消化管の中でどこが問題なのか?

便が通常通りの時間で排泄できているのか?など分からないと思います。

ぜひ、この記事で内臓治療に役立ててもらえればと思います。

【食物を摂取してから排出するまでの時間&消化管の説明】

消化段階①:口の役目(咀嚼)

まず、食物は口の中で咀嚼されて細かく消化しやすい状態となります。

ちなみに唾液は、1日1〜1、5リットル出ると言われており

アミラーゼという消化酵素があって炭水化物を小さい分子に変える役割も持っています。

 

(消化の負担を減らすポイント①)

しっかり、唾液ができる状態で

咀嚼することが内臓の消化管に負担を減らすポイントです。

 

消化段階②:食道

食道には消化液はないです。

食道は蠕動運動によって胃に食物を運ばせる役割を持っています。

逆立ちした重力下でも逆流しない場所です。

 

(食物を摂取してから食道にある時間)

約10分程度

 

消化段階③:胃

胃も蠕動運動をしています。

消化液はペプシンでタンパク質をペプトンに変えます。

胃酸は、強酸で細菌やウイルスを殺したり

有害物質を分解したり食物を殺菌しています。

他にもアルコールを吸収する役割を持ってます。

 

胃の働きは、脳の影響を強く受けるので

ストレスや睡眠不足などの影響を強く受けてしまい

ストレスが強すぎると胃酸が増えて胃がただれて胃潰瘍などにもなってしまいます。

 

(経口摂取してから胃の食物貯留時間)

1〜3時間

 

(消化の負担を減らすポイント)

胃は食物を強酸で殺菌するので

食事中に水分摂取をしてしまうと胃酸が薄まってしまうので注意しましょう。

 

消化段階④:肝臓・膵臓・胆のう・十二指腸

ここでは、胃の消化物が十二指腸に移行して

胆汁と膵液をファーター乳頭に管を通して

食物を消化させる役割を持っています。

以前のメルマガでも伝えましたが、膵液は1日に1、5リ%8

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. セラピストに必要な治療効果を上げる5つの瞑想をご紹介
  2. 【頭蓋治療】耳を使った頭蓋のセルフメンテナンス公開します!
  3. 【大腿骨頸部骨折】筋膜治療×操体法で痛みを8割以上改善させる方法とは?
  4. 東洋医学における 「中庸」ってなんだ?
  5. 【症例報告】内臓×頭蓋治療で体温が1℃も上がった症例

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    【腰痛治療】腰椎圧迫骨折の痛みを改善!~ハムストリングス~

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございます!…

  2. ALLアプローチ協会

    痩せる、血糖値を下げる胆汁酸の効果!

    おはようございますAllアプローチ協会 鈴木 正道です。&…

  3. ALLアプローチ協会

    頭痛×後頭下筋群×解剖学 -大後頭神経・椎骨動脈に着目してー

    おはようございます(^^)ALLアプローチ協会 ブル と申します。…

  4. 山口拓也

    【心理学】人間関係の悩みを解決するポジションチェンジ

    皆さん こんにちはALLアプローチ協会 代表の山口…

  5. 山口拓也

    あなたは週末開業したい派ですか?したくない派ですか?

    皆さん いつもメルマガを読んで頂き本当に有難うございま…

公式メルマガ

LINE@登録

プレミアムコースのご案内

年間コミニティー×オンラインサロン

栄養学プロフェッショナル認定コース

関連サイト

 

 

セミナー案内

最近の記事

マーケティング公式メルマガ

美容テクニック専門の公式メルマガ

心理学専門の公式メルマガ

Facebookページ

インスタグラム

Tik Tok

YouTubeチャンネル

 

 

 

 

 

 

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

スタッフ・仲間募集中

  1. ALLアプローチ協会

    【実技動画あり】内臓治療が誰でもできるようになる5ステップとは?
  2. 健康・体質・栄養

    冷え性の知識と原因(臨床思考の材料)
  3. 内臓治療

    脾臓反射点~治療 生理学まで【脾臓₋反射点₋治療】
  4. ALLアプローチについて

    肝臓の生理学的特徴「作る、貯める、出す」
  5. 山口拓也

    胸椎の重要性【胸椎治療‐自律神経‐セルフメンテナンス‐内臓治療との関係】
PAGE TOP