ALLアプローチ協会

【内臓治療セミナー事前学習】 肝臓アプローチのイメージを より明確にする(後編)

おはようございます。

いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、

誠にありがとうございます。

ALLアプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道です。

本日も、勉強熱心な

理学療法士・作業療法士・柔道整復師・整体師など

セラピストの皆さんに向けて、

明日からの臨床ですぐ使える治療のアイデアや

ヒントをお伝えしていきます。

 

今回は

【内臓治療セミナー事前学習】

肝臓アプローチのイメージを

より明確にする(後編)

についてお伝えさせていただきます。

 

 

内臓セミナーでは

多く取り扱われる内臓です。

 

肝臓は最大の臓器で、

排泄・解毒・代謝など様々な機能を

有しています。

 

肝臓の位置関係からも

多くの臓器に影響をもたらしますが、

血流の流れでも多くの臓器に影響を与えます。

 

アプローチの対象となる頻度が

とても多いので是非そのイメージを

より明確にしてください。

 

前回は

内臓にある程度触っている方に向けて

膜のイメージをお伝えさせて

いただきましたが、

今回は内臓アプローチを

初めて習う方向けです。

 

肝臓ぐらい形は分かるよ!

という感じで受講される方も、

実際肝臓の位置、隣接する臓器

血流の流れをすべてイメージするのは困難です。

 

そしてそんな解剖の話を長々と

セミナーで話すのはもったいない。

しかしとっても大切。

 

だって構造の理解が曖昧で

アプローチの方法だけ覚えても

きっと臨床で応用していただけない。

自分で考えて方法を作り出していけない。

そう思うので事前学習をメルマガで

お伝えさせて頂いています。

 

たとえ一日セミナーでも最大限の学びと

多くの感覚を持ち帰って頂くために。

 

少しでも目を通しておいていただきたいです。

また、すでに内臓アプローチを

日常的に使われている方も

新しい気付きがあれば幸いです。

 

まず、内臓の位置関係です。

実はこれが意外とイメージできていないで

肝臓アプローチに挑戦される方が

ほとんどです。

 

まとまっていれば

ある程度すぐにイメージがつくので

参考にしてください。

図1肝臓前面からの位置関係

肝臓の位置は右の肋骨弓の中に

すっぽり埋まっているイメージです。

肋骨弓の下縁から少し顔を出すイメージですが

呼吸によって上下もしますし、

 

人によって下方に変位している人もいますが、

肋骨下縁より二横指以上の肝臓の肥大や圧痛は

肝腫大の可能性があります。

 

内臓アプローチの適応ではないので内科医師に

相談するようにしましょう。

 

肝臓の上下運動の動画↓

https://m.youtube.com/watch?feature=share&v=VtblnStSgLQ

 

 

図2肝臓後面からの位置関係

肝臓の位置を後方から見ると

右葉の位置に対して右の腎臓の位置が

やや左に対して低いのが特徴的です。

 

肩甲骨価格よりは低い位置にあると思って

肝臓のアプローチをするのも

分かりやすいかもしれないです。

 

ちなみのこの肝臓の真上は

横隔膜が広がっています。

横隔膜はドーム状の形をしていて

腱中心は肋骨弓から指を入れていっても

触りに行くのはかなり苦しいですね。

 

図3肝臓水平面からの位置関係

水平面で見ると結構左右の位置も

ここまで広がっているのかと思いました。

そして右葉は右の背部までぎっしり

詰まっているので

右の下位肋骨内はほぼ肝臓で埋め尽くされている

イメージでいいですね。

 

左の左葉は胃の前までしかないのですが、

胃のアプローチをする時に、胃の前に

左葉があることをイメージしながら

アプローチうることも大切です。

 

ここで胃と肝臓をつなぐ膜、

小網について説明します。

 

図4小網

  肝食道間膜

  肝胃間膜

  肝十二指腸間膜

肝臓の下で胃・食道・十二指腸をつなぐ膜

小網があります。

名前の上でこの三つとつながっていることに

なっていますが、胆嚢ともつながっていますし、

肝鎌状間膜から小網へと連結するのがわかります。

とくに胃は下垂しやすいですし、胃と大網でつながる

横行結腸も下垂しやすいため、肝臓の下縁には

牽引ストレスがかかりやすいです。

 

当然これらの牽引ストレスは横隔膜の動きを阻害し

呼吸・循環を低下させます。

 

胸郭・コアの安定を促通するときにはこれらの

内臓の位置を修正しながら体幹の活動を引き出していく

必要がることがイメージできますね。

 

図5肝臓が下垂すると圧迫される臓器

この図は肝臓の下に位置する臓器で、

肝臓とどこで接するかがわかりやすく

説明されています。

 

胃・十二指腸・腎臓・副腎・結腸

多くの臓器の不調の原因となるので注意が必要です。

 

 

【まとめ】

肝臓をアプローチするときにイメージしていることが、

肝臓をその場でリリースして循環を高めることはもちろん、

その後、生活しているだけで、呼吸をしているだけで

肝臓の循環が改善されていくように、呼吸機能が最大限

ひきだされるよう、胸郭の可動性や肝臓以外の内臓の位置

脊柱の可動性まで改善させるようにします。

 

この状態を整えることで

自然治癒力が高まっていくと考えています。

 

なので肝臓の位置や膜を覚えたら、どんどん

周囲の内臓の位置関係・つながりを覚えていきましょう。

 

最終的に筋・膜・脊柱とのつながりまで内臓の構造を

理解できてくるとより応用ができるようになります。

 

本日は以上です。

 

最後まで当協会の公式ブログをお読みいただき、

誠にありがとうございました!

 

それではまた!

今日も一日良い時間をお過ごしください。

 

もしよければFacebookで「いいね」「シェア」を

よろしくお願いいたします。

 

You tubeチャンネル登録もお待ちしております。

 

ALLアプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道

 

【もし、この記事が気に入って頂ければシェア・リツイートして下さると幸いです↓】

    

 

 

【一般社団法人 ALLアプローチ協会認定プレミアムコース】

【メルマガ登録】

興味のある方は、公式サイトよりご登録お願いします。↓

LINE@登録はこちらから LINE@限定の治療テクニック配信中 

ピックアップ記事

  1. 副腎の機能・治療【内臓治療‐ストレス‐カーフサイン】
  2. 東洋医学における季節の過ごし方と食の知識【春】
  3. 頭蓋仙骨療法セルフメンテナンス指導【1人で行える頭蓋治療編】
  4. 内臓治療を患者様から怪しまれずに上手く説明するには?
  5. 【症例報告】経絡治療を片麻痺治療に活かす!

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    【エネルギー療法】霊気・地殻・気功~エネルギー3つの源について~

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございます!…

  2. メンタルアプローチ

    ストレス軸に対する頭蓋・内臓アプローチ

    おはようございます。オールアプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道で…

  3. ALLアプローチ協会

    肝臓治療における五行の活用「相生」「相克」

    おはようございます。  オールアプローチ協会  鈴木正道です。…

  4. ALLアプローチ協会

    栄養学プロフェッショナル認定コース

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  5. セルフメンテナンス

    【自律神経アプローチ】自律神経セルフケアの重要性

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  6. ALLアプローチ協会

    なぜ「咬筋」の治療が頭痛改善に繋がるのか?

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

関連サイト

 

 

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. ALLアプローチ協会

    承認の在り方が、片麻痺患者様の歩行自立に導いた症例
  2. ALLアプローチ協会

    【腰痛治療】腰椎圧迫骨折の痛みを改善させる方法~後頭下筋~
  3. 健康・体質・栄養

    【腰痛治療 パートⅡ】腰痛に対して、運動連鎖を理解して筋膜を治療する
  4. セルフメンテナンス

    【ベースアプローチ】自分の施術効果を120%引き出す3つのポイント
  5. ALLアプローチ協会

    【内臓治療】胸骨・縦隔・胸膜にアプローチ(肺・心臓のつながり)
PAGE TOP