ALLアプローチ協会

【内臓治療:肺】胸腔内の膜と胸郭アプローチに関して

おはようございます。

いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、

誠にありがとうございます。

ALLアプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道です。

本日も、

勉強熱心な理学療法士・作業療法士・柔道整復師・整体師など

セラピストの皆さんに向けて、

明日からの臨床ですぐ使える治療のアイデアや

ヒントをお伝えしていきます。

 

今回は、

【内臓治療:肺】

胸腔内の膜と胸郭アプローチに関して

お伝えしたいと思います。

 

 

私が内臓アプローチを勉強するようになって

一番アプローチを習得することが難しかったのが

胸腔内のアプローチです。

 

胸腔内のアプローチといえば

心臓

胸腺

食道

横隔膜

気管

 

がありますが、

正直最初は

「いやいやそれ胸郭のモビライゼーションやん」

と心の中で思いながら話を聴いていました。

 

私、理屈っぽいので

なんとなくが嫌いなんです。

 

胸腔内の臓器にアプローチできる方法は

どうにかなんないもんかといろいろ

解剖の本を引っ張り、

グーグル先生から画像を引っ張ってきたり、

また海外の解剖の教科書などを調べてみると

 

また出てくる出てくる

日本の教科書で省略されている

細かい組織達

 

そしてそれぞれの資料で名前が

若干違うので

結局正確な情報は得られない部分もあります。

 

いつもこんなことに気づかせてくれるのは

海外の本を日本語にした

徒手療法の本を読んでいると

見知らぬ靭帯が出てくるので

気づいたりします。

 

今回お伝えするのは

肺に対するアプローチです。

 

内臓アプローチでは

あまりとりあげることが少ない

臓器ではありますが、

 

肺や肺を包む膜は確実に体幹や

頚部・肩関節に連結してくるので

アプローチする必要が出てきます。

 

まず、肺の基本的な構造などは

みなさん学校の解剖学で

学んでいると思うので

割愛させていただきますが、

 

肺を包む膜になると

とたんにイメージが弱くなりませんか?

 

すいません、僕はだいぶ

イメージできていませんでした。

知っているつもりになっていました。

 

腹腔内臓器もつながりがあって

それぞれの膜が臓器や筋を引っ張るように

胸腔内臓器も膜のつながり、筋のつながりがあります。

 

まず膜についてお伝えさせていただきます。

 

【肺を包む膜】

胸腔内で肺を包む膜は

壁側胸膜と臓側胸膜があり、

壁側胸膜は肋骨部と横隔部や縦隔部に分類される

そしてこの壁側胸膜の頭側の尖端を

胸膜項といいます。

 

ちなみに、胸水がたまる場所は、

壁側胸膜(肋骨部、横隔部 縦隔部 胸膜項)と

臓側胸膜の間にたまります。

この壁側胸膜は発達の過程で

肺芽が心腹膜管とうい膜に進出してくることで

壁側と臓側に分かれます。

元々は壁側も臓側も連続性のある膜となります。

 

そしてこの壁側胸膜と連結している部分が

胸腔内にアプローチするポイントとなります。

 

一つ目が内部胸筋膜・胸横筋と壁側胸膜の連結

壁側胸膜は胸郭内側に癒着することで安定している。

その癒着の中には胸横筋を覆うように胸郭に固定されていて

胸横筋・胸内筋膜から舌骨下筋へつながる

ディープフロントラインの上全部との関与が強くなります。

また横隔部では横隔膜と連結し、

肋骨部では肋間筋と連結してくるため

それぞれ壁側胸膜の柔軟性にアプローチすることで

肺の可動性を獲得できるようになってきます。

 

今回その中でもさらに注目したいのが

胸膜項に連結する

「提靭帯」の存在です

 

肺のアプローチをするときに

鎖骨中央・または鎖骨の下で鎖骨下筋

第一肋骨を押圧することで肺の動きを

リリースすることができますが、

これには解剖的なつながりがもろに

関係しそうだと考えて

探してできたのが

提靭帯です。

 

この提靭帯は

C7椎体や横突起からでている

線維性の組織ですが、

提靭帯として書かれている本や

肋胸膜靭帯、最小斜角筋として

記載されている本があります。

 

実際良く使う解剖学の教科書には

端折られていて書かれていませんでした。

 

この最小斜角筋や肋胸膜靭帯は

第一肋骨にも胸膜項にも連結するため、

第一肋骨の可動性を通して

壁側胸膜への影響はでることが推察されます。

こういった膜と筋のつながりや

膜と靭帯、骨のつながりは

直接コンタクト困難な臓器に対して

アプローチをしていくための重要な

ポイントとなるため

是非覚えておいてください。

 

<オススメ動画>

本日は以上になります。

最後まで当協会の公式ブログをお読みいただき、

誠にありがとうございました!

それではまた!

今日も一日良い時間をお過ごしください。

ALLアプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. リンパマッサージの重要性 セルフメンテナンス やり方【基礎・基本まで】
  2. 頭蓋仙骨療法の1次呼吸が分かるためのコツとは…?
  3. 治療の反応がイマイチな患者様へのマル秘対処法とは?
  4. 施術の戻りを減らす、回復を進める糖質指導
  5. 肝臓の生理学的特徴「作る、貯める、出す」

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    浮腫に対しての内臓治療アプローチ

    浮腫に対しての内臓・筋骨格アプローチFrom 山口拓也埼玉 越…

  2. 筋膜

    股関節治療における動作・筋肉・アライメントの評価について

    股関節の運動に関してみなさん こんにちはALLアプローチ協…

  3. 山口拓也

    4つのアームライン特集!!上肢の治療で必要な知識とは?【アナトミートレイン】

    4つのアームライン特集!!上肢の治療で必要な知識とは?【アナトミートレ…

  4. ALLアプローチについて

    片頭痛と大脳皮質拡延性抑制のアプローチ

    おはようございますALLアプローチ協会鈴木 正道です。頭痛と大…

  5. ALLアプローチ協会

    頭蓋仙骨療法における顎関節治療について・・・

    顎関節治療の重要性・・・From 山口拓也埼玉 越谷 整体院よ…

  6. 山口拓也

    腸腰筋リリーステクニックの精度と効果を上げる3つのポイントとは?

    筋膜リリース 腸腰筋編from 山口拓也横浜 ホテル デスク …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

プレミアムコースのご案内

年間コミニティー×オンラインサロン

栄養学プロフェッショナル認定コース

関連サイト

 

 

セミナー案内

最近の記事

マーケティング公式メルマガ

美容テクニック専門の公式メルマガ

心理学専門の公式メルマガ

Facebookページ

インスタグラム

Tik Tok

YouTubeチャンネル

 

 

 

 

 

 

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

スタッフ・仲間募集中

  1. ALLアプローチ協会

    【頭蓋×筋膜】顎二腹筋・後頭下筋 リリーステクニック&セルフメンテナンスを公開し…
  2. ALLアプローチ協会

    血管を知るって楽しいね♪ 血流と内臓から股関節を考える
  3. ALLアプローチ協会

    【腰痛治療 パートⅣ】体幹機能を支える神経システムと内臓の関係性
  4. ALLアプローチ協会

    グランフェルト三角について・・・上腰三角の重要性!
  5. 内臓治療

    頭痛に対する基礎・基本と筋膜・内臓・頭蓋仙骨療法
PAGE TOP