ALLアプローチ協会

【変形性股関節症】股関節屈曲時の痛みを改善させる意外な筋肉とは?

 

いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございます!

ALLアプローチ協会 テクニカルトレーナー 渡会賢太です。

本日も、

勉強熱心な理学療法士・作業療法士・柔道整復師・整体師などセラピストの皆さんに向けて、

明日からの臨床ですぐ使える治療のアイデアやヒントをお伝えします。

 

今回は、

【変形性股関節症】股関節屈曲時の痛みを改善させる意外な筋肉とは?

というテーマでお話していきます。

 

変形性股関節症において、

立ち上がりや歩行による痛みがあって、

日常生活に支障を来すといった理由で、

リハビリや整体院に通われているような方がほとんどだと思います。

特に、

「立ち上がり」

が上手く出来ていない方が非常に多いんですね。

変形性股関節症の方ってね。

立ち上がりって、

まずは股関節の屈曲がしっかりと出来ているかどうかが、

とても大事です。

特に、

体幹前景から離殿のタイミング。

座った姿勢から身体が前に行ってお尻を持ち上げるまでの間で、

この股関節屈曲の動きは、

とても大事になってきます。

股関節の伸展も大切なのですが、

まずは離殿のタイミングで、

股関節屈曲が出来て、

しっかりと患側に荷重が出来ているかどうか。

それが、

その後の立位までの段階や、

歩行へと繋がっていきます。

ここで、

大腿直筋や大腿筋膜張筋など、

二関節筋で、股関節の屈曲を代償してしまうと、

その後の立位や歩行は、

股関節屈曲位のままになってしまい、

「股関節のアライメント不良」

や、

「変形をより進めてしまったり」

「痛みが増悪してしまう。」

といった負のスパイラルに陥ってしまいます。

そして結果的には、

手術をしなければならないといった状態までになるといった事態に陥ってしまいます。

 

ですから、

変形性股関節の方は、

まず股関節屈曲に対してアプローチをしていくことが重要です。

 

そこで今回は、

「股関節屈曲の痛みや可動域の改善」

にポイントなる筋肉があります。

そして皆さんが、

見落としがちな筋行くというというところを、

シェアさせていただきます。

 

今回は皆さんにもその筋が何かを考えていただくために、

クイズ形式でブログを書いていきます。

 

Q1.股関節の屈曲って寛骨はどんな動きをするの?

まずは、

股関節屈曲という動きを、

運動学的に細分化してお話をしていきます。

股関節というのは、

「大腿骨」と「寛骨」

で形成されている関節になります。

股関節が屈曲するという事は、

大腿骨に対して、

寛骨は前傾という動きをします。

そして、

寛骨は、

「腸骨」、「坐骨」、「恥骨」を合わせた総称です。

寛骨が前傾するということは、

恥骨は下制という動きをします。

ここまでは理解できましたか?

つまり、

股関節屈曲という動きに伴い、

恥骨下制という動きが必要になってくる。

ということです。

 

Q2.恥骨の下制の制限因子となる筋肉って何でしょう?

恥骨がしっかりと下制するために、

伸張しないとならない筋肉があります。

ほとんどの変形性股関節症の患者様は、

腸腰筋腹横筋外線六筋など、

深層の筋。単関節筋。

いわゆるインナーマッスル使わずに、

大腿直筋大腿筋膜張筋など、

表層の筋。二関節筋。

いわゆるアウターマッスルばかりを使っていて、

可動域制限や痛みの原因となっています。

そのアウターマッスルの一つになります。

 

それは、、

「腹直筋」

です。

 

腹直筋は、

「胸骨の剣状突起」から、

「恥骨結合」に、

付着する筋です。

この筋が短縮していると、

恥骨は下制しにくくなってしまいます。

この筋肉、

意外と見落としがちなんですが、

変形性股関節症の方のほとんどが、

ここが原因で、

股関節屈曲の痛みや可動域制限の原因となっていることが多いです。

 

この腹直筋を緩めていくだけで、

股関節屈曲の痛みが緩和されますし、

立ち上がり、歩行の痛み改善、能力向上へと繋がっていきます。

 

【まとめ】

今回は、

「変形性股関節症に対するアプローチ」

として一つのアイデアとヒントをご紹介させていただきました。

特に、

「股関節屈曲」

の痛み・可動域制限に焦点を当てた時鬼、

「腹直筋」

という筋肉へのアプローチで、

良い結果が出ることがありますので、

是非、

明日からの臨床で活用していただけたらと思います。

 

本日は以上になります。

最後まで当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございました!

ALLアプローチ協会 テクニカルトレーナー 渡会 賢太

 

追伸

特典盛りだくさんのメルマガ登録はこちらから

理学療法士-作業療法士-セミナー

「いいね」と思ったらFB・ツイッターなどでシェアして頂けると幸いです↓

ピックアップ記事

  1. 腎臓の解剖学的イメージと膜について
  2. 骨盤の評価方法【筋膜・骨盤治療の重要性・内臓との関連】
  3. 内臓アプローチの種類を複数解説‼︎誰でもできる内臓テクニック
  4. 意外と知られていない頭蓋仙骨療法テクニックの部位とは?
  5. 心臓反射点一覧~治療まで、筋膜の関係性 【心臓₋反射点₋筋膜】

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    【内臓治療セミナー事前学習】 肝臓アプローチのイメージを より明確にする(後編)

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  2. ALLアプローチ協会

    古傷、事故、外傷の既往が筋・筋膜・疼痛に与える影響

    おはようございます。All アプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道…

  3. ALLアプローチ協会

    後頭下筋の重要性とは?【痛み₋脳脊髄液₋目の疲れ】

    後頭下筋の重要性とは?【痛み₋脳脊髄液₋目の疲れ】皆さん こん…

  4. ALLアプローチ協会

    抗精神薬「適切な処方か疑問に思う時ありませんか?」

    おはようございます。all アプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道…

  5. ALLアプローチ協会

    胸骨治療の重要性【リンパ・メンタル・自律神経への関与】

    胸骨治療の重要性【リンパ・メンタル・自律神経への関与】From 山…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. ALLアプローチ協会

    横隔膜リリースの重要性 ストレッチ・呼吸・鍛える方法
  2. ALLアプローチ協会

    【肩こり治療】内臓と感情が肩こりへ与える影響
  3. ALLアプローチ協会

    【内臓治療】大腸の調整がたった3分で出来る5つのポイントとは?
  4. セルフメンテナンス

    【体質アプローチ】腸活の落とし穴 なんでもかんでも腸活でいいわけではない
  5. 山口拓也

    患者様の頭痛を改善するために筋膜リリースが必要な筋肉をご紹介 
PAGE TOP