ALLアプローチ協会

【変形性膝関節症】【膝OA】膝の屈伸制限に圧倒的な結果を出せる筋について

いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございます。

ALLアプローチ協会 テクニカルトレーナー 渡会賢太です。

本日も、

勉強熱心な理学療法士・作業療法士・柔道整復師・整体師などセラピストの皆さんに向けて、

明日からの臨床ですぐ使える治療のアイデアやヒントをお伝えします。

 

今回は、

【変形性膝関節症】【膝OA】膝の屈伸制限に圧倒的な結果を出せる筋について

というテーマでお話していきます。

「変形性膝関節症」や「人工膝関節置換術後」の患者様を、

私は今まで、そして今も、

最もと言っていいほどに診させていただく機会が多くあります。

皆さんも病院や接骨院で働いていると、

かなりの頻度で遭遇すると思います。

 

皆さんは

「変形性膝関節症」

の患者様に対してどのような介入をしていますか?

 

今回の記事では、

・膝屈曲・伸展の可動域

・膝屈曲・伸展の筋出力

・荷重時痛、膝屈伸時痛

にとても有効なアプローチ方法を見つけることが出来たので、

皆さんとシェアさせていただきます。

これは、ほとんどの膝の患者様で結果を出すことが出来る、

再現性が非常に高い内容になりますので、

必見です!

 

①  長内転筋×内側広筋の交点

良く膝の伸展可動域や筋力強化を目的に、

「クアドセッティング」

を行うと思います。

確かに、膝の伸展や荷重時には、

「内側広筋」

の働きはとても重要です。

しかし、

ただ単にタオルを膝の下に入れてグイグイ膝で押すだけのトレーニングで、

内側広筋が正常に機能するほど、

臨床は甘くないです。藁

 

筋の収縮を入れるエクササイズの前に、

「内側広筋が機能しやすい状態に調整する。」

必要があります。

 

内側上顆から大隊内側中央線上を3~4横指上方にあたる部分は、

長内転筋と内側広筋が筋膜を介して癒着を起こしやすい部位になります。

つまり、

この癒着がある限りは、内側広筋は十分に収縮・弛緩が行えない状態。滑走性が悪い状態のため、

いくら内側広筋を鍛えても出力は上がっていきません。

 

こんな患者さんはいませんか?

クアドセッティングをやっている最中に、

「先生、力の入れ方が全然わかんないわよ~。」

と訴える患者さんです。

昔は、

「なんでわからないんだろ~?弱いからかな~?」

と思っていましたが、

筋力以前に、筋自体が収縮・弛緩が出来る状態ではないため、ゴルジ腱器官が反応せず、筋の状態が脳に認識されず収縮感覚が入りません。

だから、力が入らない。そもそも力の入れ方が分からないという訴えを患者様はされるのです。

 

まとめると、

・まず内側広筋が収縮、弛緩が出来る状態にコンディショニングする事。

・そのために、内側広筋と長内転筋の癒着部位をリリースすること。

がとても重要です。

 

ここの調整により、

内側広筋が収縮力と伸張力が上がり、

・膝の伸展と屈曲の可動域向上。

・膝屈伸の円滑性向上、出力向上。

・荷重時痛軽減、支持性向上

といったたくさんの治療効果へと繋がりやすいです。

 

②  後脛骨筋

後脛骨筋は、

「ディープ・フロント・ライン」

内転筋と筋膜上のつながりがあります。

そのため、

後脛骨筋の調整により、

長内転筋の滑走性が上がり、

それに伴い、

内側広筋の滑走性も向上し、

①  で述べた治療効果へと繋がっていきやすいです。

 

③  立方骨、舟状骨、第5中足骨

この部位は、、

「後脛骨筋」

が付着する部位でもあります。

そのため、

これらの骨のアライメント不良や可動性低下により、

膝の制限、出力低下に影響します。

特に意識していただきたいのが、

「横アーチ」、「外側縦アーチ」

です。

この2つのアーチが崩れているケースが多く、

アーチの形成を意識しながら足部の骨のアライメント調整をしていくことで、

より大きな治療効果を出せます。

 

<まとめ>

・膝屈伸の可動域制限

・膝屈伸の円滑性低下、出力低下、疼痛

・膝荷重時痛、支持性低下(歩行、階段など)

このような問題点がある患者さんがいた場合に、

①  長内転筋×内側広筋の交点

②  後脛骨筋

③  立方骨、舟状骨、第5中足骨(横アーチ、外側縦アーチ)

に対してアプローチが出来ると、

・膝屈伸の可動域改善

・膝屈伸の円滑性、出力向上。疼痛改善。

・膝荷重時痛の改善、支持性向上(歩行・階段昇降の安定性向上)。

といった結果を高確率で出すことが出来ますので、

是非参考にしていただけたらと思います。

 

本日は以上になります。

最後まで当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございました。

ALLアプローチ協会 テクニカルトレーナー 渡会賢太

 

LINE@登録はこちらから LINE@限定の治療テクニックプレゼント

追伸
特典盛りだくさんのメルマガ登録はこちらから

理学療法士-作業療法士-セミナー

自律神経障害セミナーのご案内はこちらから

自律神経障害セミナー

ピックアップ記事

  1. セラピストに必要な治療効果を上げる5つの瞑想をご紹介
  2. 【脊柱治療】脊柱の問題は脊柱にはない!?
  3. 【症例報告・スポーツ】筋・筋膜・運動連鎖・経絡を考慮した回復支援
  4. 外反母趾に対する骨・筋膜・内臓アプローチ
  5. セラピストが最低限知るべき栄養学の知識とは?

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    好転反応が出やすい人の5大要因とは?

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございま…

  2. ALLアプローチ協会

    グランフェルト三角について・・・上腰三角の重要性!

    皆さん こんにちは  ALLアプローチ協会代表 山口拓也です…

  3. ALLアプローチ協会

    【内臓治療】便秘に対する内臓アプローチ(大腸の奇形や変形パターン含め)

    おはようございます。All アプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道…

  4. ALLアプローチ協会

    治療直後に痛みが変化せず、テンパってしまうあなたへ

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございます!…

  5. 山口拓也

    頸長筋を治療することによる劇的なメリットとは…?

    頸長筋を治療することによる劇的なメリットとは…?From 山口拓也…

  6. ALLアプローチについて

    肝臓治療・知識生理&大腰筋の解剖学的特徴と治療

    肝臓治療・知識生理&大腰筋の解剖学的特徴と治療皆さん こんにちは …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. セルフメンテナンス

    片頭痛と戦う ミトコンドリアを強化しよう!
  2. ALLアプローチ協会

    【内臓治療】免疫のひし形とは?
  3. 内臓治療

    カーフサインって知ってますか?【内臓の関係】
  4. ALLアプローチ協会

    【症例報告】経絡治療を片麻痺治療に活かす!
  5. 山口拓也

    筋反射テストを習得するメリットとは・・・?
PAGE TOP