ALLアプローチ協会

【変形性膝関節症】方向転換時の膝の痛みを改善させるアプローチ方法とは?

いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございます♪

ALLアプローチ協会 テクニカルトレーナー 渡会賢太です

本日も、

勉強熱心な理学療法士・作業療法士・柔道整復師・整体師などセラピストの皆さんに向けて、

明日からの臨床ですぐ使える治療のアイデアやヒントをお伝えします。

今回は、

【変形性膝関節症】方向転換時の膝の痛みを改善させるアプローチ方法とは?

というテーマでお話していきます。

 

形性膝関節症、膝OAがある患者様って、

病院や施設問わずに、

リハビリセラピストは特に良く診る疾患だと思います。

今までも何回か膝OAに対する介入方法は、

当協会のブルグでも上げていますが、

今回は、

「方向転換時の痛み」

について考えていきます。

 

こんな患者様、

あなたの臨床で診たことはありませんか?

「体をねじったときにズキッと膝に痛みが出る…。」

「角を曲がろうとしたときに膝が痛むんです…。」

「植木作業など屈んで何か持ち運びする時に膝が時たまズキッと痛むんだよね…。」

といったように、

通所の直線歩行や階段走行では痛みが出ないものの、

こういった

捻り動作を伴うような、

応用的な動作になると、

膝に痛みが生じるような方って、

臨床上いるかと思います。

 

そんな訴えの患者様に対する、

介入のポイントについて、

皆さん居シェアさせていただきます。

 

動学的なおさらい】

まず前提として、

方向転換など、

「捻り動作」

を運動学的に言うと、

「内旋・外旋」

の動きが必要になります。

特に膝に関わる部位としては、

「下腿・足部」

の動きが必要になってきます。

また、

「運動連鎖」

の考え方も取り入れて考えていく必要があります。

例えば、

距骨下関節回外(足部内反)に伴って、

下腿は外旋

という運動連鎖があります。

逆に、

距骨下関節回内(足部外反)に伴って、

下腿は内旋

という連鎖が起きます。

まず、

この運動学的な基礎知識を押さえた上で、

方向転換の動きについて考えてみます。

 

【方向転換を運動学的に解説!】

方向転換は、

左周りか右回りかによって、

当然動きが異なります。

細かく説明すると、

患側回りか健側回りか。

左下肢が患側であれば、

患側回りは左回りで、

健側回りは右回りを意味します。

では、

患側回りの時の、

足部と下腿の動きはどうなっているのでしょうか?

患側回りでは、

つま先が外を向いているので、

距骨下関節回内(足部外反)という動きがみられ、

下腿は内旋

という動きがみられます。

健側回りでは、

つま先が内側を向くので、

距骨下関節回外(足部内反)という動きがみられ、

下腿は外旋します。

 

つまり、

患側回りと健側回り、

どちらで痛みが生じるかによって原因が全く違うということです。

なので、

どちらで痛みが出るのかをまず評価する必要があります。

 

【方向転換を運動連鎖から捉える!】

では、

以上に述べた足部と下腿の動きについて、

歩行の運動連鎖で考えてみます。

患側回りの、

距骨下関節回内、下腿内旋という動きは、

歩行の運動連鎖で言うと、

TSt(ターミナル・スタンス)

の歩行周期で伴う動きになります。

また、

健側回りの、

距骨下関節回外、下腿外旋という動きは、

IC(イニシャル・コンタクト)

の歩行周期で伴う動きになります。

 

つまり、

患側回りで痛みを生じる場合は、

TSt

に関わる筋・関節に対して介入をし、

健側回りは、

IC

に関わる筋・関節に介入をすれば、

ほとんどの確率で、

方向転換時の膝の痛みを改善させることが出来るということです。

 

では実際にどのような筋・関節にアプローチしたらよいのか?

実際の臨床で結果が出ている部位を抽出してお伝えします。

 

【治療】

<健側回り>

・長趾伸筋

・内側ハムストレングス

・大殿筋下部繊維

・腓骨頭

・距骨(回内)

・立方骨(回外)

 

<患側回り>

・後脛骨筋

・長母趾屈筋、長趾屈筋

・腓腹筋内側頭

・外側ハムストレングス

・腸腰筋

・大腿骨内側上顆

 

以上の筋・骨格を評価していただき、

治療を進めていくことで、

結果を出すことが出来るでしょう。

特にこれらの筋が、

短縮もしくは筋硬結があるケースが多いので、

あなたの得意な手技で筋を緩めるもしくは、

筋の長さを出していくようなアプローチをしていただければ、

膝の痛みの改善に繋がるでしょう。

 

【まとめ】

今回は、

「方向転換時の膝の痛みのアプローチ方法」

についてご紹介しました。

基本的な運動学と運動連鎖から考えていくことで、

方向転換時の痛みには対応できますので、

もしこのような主訴の患者様がいた際には、

活用していただければと思います♪

 

本日は以上になります。

最後まで当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございました!

ALLアプローチ協会 テクニカルトレーナー 渡会 賢太

 

LINE@登録はこちらから LINE@限定の治療テクニックプレゼント

追伸

特典盛りだくさんのメルマガ登録はこちらから

理学療法士-作業療法士-セミナー

自律神経障害セミナーのご案内はこちらから

自律神経障害セミナー

「いいね」と思ったらFB・ツイッターなどでシェアして頂けると幸いです↓

ピックアップ記事

  1. 【大腿骨頸部骨折】歩き始めの痛みがなかなか取りきれないあなたへ
  2. 【節約術】セミナーで最大限に学習するためのコツ、効率のいい学習方法
  3. 【腰痛治療 パートⅠ】腰痛に対して、運動連鎖を理解して筋膜を治療する
  4. 大腰筋治療 内臓・経絡・運動連鎖からのアプローチ
  5. 【心理学×筋膜・経絡・内臓治療セミナーin大阪】受講生さんの声(伊木さん)(辰己…

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    コミュニケーションの3つの構成要素(メラビアンの法則)

    こんにちはALLアプローチ協会代表の山口拓也です。…

  2. ALLアプローチ協会

    小腸・大腸の6つのアプローチポイント

    from 山口拓也 整体院 デスク よりいつもAL…

  3. ALLアプローチ協会

    触診の極意「触診の在り方」とは?

    皆さんこんにちは!ALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー 渡…

  4. ALLアプローチ協会

    夏バテに効果的な内臓治療とは?

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございます!…

  5. ALLアプローチ協会

    【肩こり治療】多角的な肩こりに対するアプローチ(姿勢の観点)

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、誠にありがとうございます…

  6. ALLアプローチ協会

    触診を磨きたいあなたへ 触診の極意「イメージ力」

    皆さんこんにちは♪ALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー 渡…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

プレミアムコースのご案内

年間コミニティー×オンラインサロン

栄養学プロフェッショナル認定コース

関連サイト

 

 

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

インスタグラム

YouTubeチャンネル

 

 

 

 

 

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

  1. ALLアプローチ協会

    内転筋の効果的なアプローチに必要な知識・重要性について
  2. ALLアプローチ協会

    知るだけで治療効果があがる内臓治療の基礎知識
  3. ALLアプローチ協会

    【筋膜治療】全筋膜ラインのまとめとその活用方法
  4. ALLアプローチ協会

    【筋骨格治療】階段降段時の膝の疼痛に対して介入すべき筋とは?
  5. ALLアプローチ協会

    【変形性膝関節症】立ち上がり時の痛みへの対策~実技編~
PAGE TOP