ALLアプローチ協会

【実技動画あり】大殿筋治療 確実に筋を緩めるための3ステップとは?

いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、誠にありがとうございます。

ALLアプローチ協会 テクニカルトレーナー 渡会賢太です。

本日も、

勉強熱心な理学療法士・作業療法士・柔道整復師・整体師などセラピストの皆さんに向けて、

明日からの臨床ですぐ使える治療のアイデアやヒントをお伝えします。

 

今回は、

【実技動画あり】大殿筋治療 確実に筋を緩めるための3ステップとは?

というテーマでお話していきます。

 

「大殿筋」という筋肉は、

人体で最大の大きさを誇る筋肉であり、

とても広い筋肉になります。

 

そして、

けっこう腰痛の原因となっていたり、

また、

歩行や基本動作での痛みや能力に、

かなり影響している筋肉であり、

臨床では、

かなりこの筋肉を治療する頻度は多く、

重要な筋肉だと思います。

 

そんな大殿筋を、

しっかりと緩めていく、

しっかりと調整していくには、

治療の手順

が、とても重要になってきます。

こういった手順で治療していくと、

しっかりと大殿筋が調整されて、

治療効果が最大化し、

治療後のもどりも最大限抑えることに

繋がっていきます。

 

なので、

今回は、

「大殿筋治療の3ステップについて」

皆さんにシェアしていこうと思います。

※動画で実際のテクニックを公開しています!

↓↓

 

【大殿筋治療3ステップ】

Step1:大殿筋下部繊維の調整

なぜ最初に、

「大殿筋下部繊維」

を治療する必要があるのか?

それについて解説します。

 

大殿筋の治療って、

よく、カエルポジション(股関節屈曲・外転位)に持っていくと思います。

これは、

大殿筋が緩みやすいポジションに持っていくことで、

調整がしやすいからです。

しかし、

大殿筋下部繊維の作用は、

股関節伸展+内転

のため、

この下部繊維が短縮してしまっていると、

外転が行きづらくなるため、

上手くカエル足が取れないんですね。

むしろ、

大殿筋下部繊維にとっては、

カエル足は、

かえってテンションがかかるポジションになってしまいます。

なので、

まず大殿筋下部繊維を緩める必要があるわけですね。

 

大殿筋下部繊維が緩みやすいポジションって、

作用だけみると、

股関節内転位に入れることだと思われますが、

実際内転位に入れると、

腸脛靭帯や中殿筋などにテンションがかかり、

かえって、

下部繊維が硬くなってしまうので、

股関節外転1030°程度が、

最も緩みやすいポジションになります。

そのポジションを作ったら、

大殿筋下部繊維の硬結が出来やすい部位を狙っていきます。

場所としては、

仙骨下部の際の部分になります。

大殿筋下部繊維は、

大転子から仙骨に付着する筋であり、

この仙骨に付着する部位に、

最も硬結が出来やすいです。

治療のやり方は、

動画を参考にしていただき、

皆さんの得意な方法で行ってください。

 

Step2:大殿筋上部繊維の調整

大殿筋下部繊維の調整した後は、

カエル足がスムーズに出来るようになります。

そして次に、

カエル足のポジションを作ってから、

「大殿筋上部繊維」

にアプローチしていきます。

この筋は、

「股関節伸展+外転」

に作用する筋です。

なので、

カエルポジションが最も緩みやすい位置になります。

上部繊維は、

大転子から腸骨に付着する筋です。

特に、

仙腸関節に近いところの、

硬結が出来やすいです。

仙腸関節から、

だいたい2~3横指外側の部分にあたります。

※詳しい治療法は、動画を参考にしてみてください。

 

Step3:中殿筋後部繊維の調整

Step2までで、十分治療効果が出ていると思いますが、

さらに治療効果を出すために

そして、

治療効果が長時間持続していくために

「中殿筋後部繊維」

の調整も重量になってきます。

大殿筋上部繊維と中殿筋後部繊維は、

歩行LR(ーディング・レスポンス)

踵が着いてから足の裏全体が地面に接地するタイミングで、

同時に働く筋でもあります。

なので、

中殿筋後部繊維が硬いままだと、

連鎖して大殿筋上部繊維も機能せずに硬くなってしまう。

そのため、

治療効果が落ちたり、

治療効果が持続せずにすぐに戻ってしまう。

といった事態に繋がります。

なので、

しっかりと、

中殿筋後部繊維の治療を行っておくことは、

重要になってきます。

方法としては、

カエル足から、

さらに、股関節外転位にセットして治療を行います。

中殿筋後部繊維は、

大転子の直上の硬い組織が中殿筋の前部繊維になりますので、

その後方に当たります。

大殿筋の裏に中殿筋があることをイメージしていただきながら、

大殿筋と中殿筋の間を剥がしていくような意識で治療をすると、

上手く調整ができます。

ちょっとしたコツですね。

 

【まとめ】

今回は、

「大殿筋治療の手順」

について紹介しました。

以上のような手順で治療を行えば、

だれでも大殿筋を緩めることができます。

そして、

病院や介護施設などで働くセラピストは、

高齢者が多いと思いますが、

股関節の柔軟性が低下しやすい高齢者に対しては、

まず、大殿筋下部繊維を調整していく方法が、

とても有効ですので、

是非試してみてください!

 

本日は以上になります。

最後まで当協会の公式ブログをお読みいただき、誠にありがとうございました。

ALLアプローチ協会 テクニカルトレーナー 渡会 賢太

 

追伸

特典たっぷりの無料メルマガはこちらから

理学療法士-作業療法士-セミナー

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 坐骨神経痛介入の新しい知見!~運動連鎖の視点から考える~
  2. ストレス反応を知ることで内臓・腰痛にアプローチ 腰痛 内臓 ストレス
  3. 【膝OA】膝痛×浮腫を同時に改善させるマル秘テクニック公開
  4. リウマチに対する代替医療・東洋医学のテクニックについて
  5. 絶対知っておきたい耳鳴り治療で必要となる知識とアプローチ部位

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    【姿勢改善】股関節伸展の盲点 内臓と鼠径靭帯のつながり

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  2. ALLアプローチ協会

    「酸化」と書いて「老化」と読む

    おはようございます。 all アプローチ協会 関東支部長 鈴木…

  3. 山口拓也

    椎間板ヘルニアを治すための筋膜・骨格・内臓アプローチ一覧

    椎間板ヘルニア アプローチ編from 山口拓也埼玉 スタバ デ…

  4. ALLアプローチ協会

    触診を磨きたいあなたへ 触診の極意「イメージ力」

    皆さんこんにちは♪ALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー 渡…

  5. ALLアプローチ協会

    【脊柱管狭窄症】排泄システムが腰痛の原因となっている人の特徴とは?

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき誠にありがとうございます。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

プレミアムコースのご案内

年間コミニティー×オンラインサロン

栄養学プロフェッショナル認定コース

関連サイト

 

 

セミナー案内

最近の記事

マーケティング公式メルマガ

美容テクニック専門の公式メルマガ

心理学専門の公式メルマガ

Facebookページ

インスタグラム

YouTubeチャンネル

 

 

 

 

 

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

  1. 山口拓也

    頭蓋仙骨療法による効果・禁忌・テクニックについて・・・【脳脊髄液、1次呼吸の復習…
  2. ALLアプローチ協会

    「筋トレ」なんてしなくても筋力が上がる真実。
  3. ALLアプローチ協会

    【内臓治療】十二指腸の解剖学的特徴とアプローチ
  4. 内臓治療

    内臓治療VS頭蓋仙骨療法 どちらが効果が高い・・・?
  5. 山口拓也

    頭蓋仙骨療法を行う前に治療すべき筋・筋膜とは・・・?【クラニオセイクラル・セミナ…
PAGE TOP