ALLアプローチ協会

【栄養指導】便秘や精神不安定に対する患者様指導 マグネシウム実践編‼︎

 

from 山口拓也
整体院 デスク より

いつもALLアプローチ協会公式ブログをお読み頂き、
ありがとうございます!

本日は、
「栄養指導 患者様に指導するマグネシウム実践編」
というテーマでお話をさせて頂きます。

今回は栄養学の記事を書かせて頂きます。

 

私のメルマガを見て頂いているセラピストさん達は

栄養学の重要性などをしっかり認識しているのかなと思います。

 

マグネシウムの重要性ですが、皆さんどれくらいお気付きでしょうか?
以前こんなツイートをさせて頂きました↓

しかし、実際に栄養指導はどうすればいいのか分からない人が殆どだと思います。

なので、今回重要なミネラルについてお伝えしておきます。

【そもそもミネラルって何?】

ミネラルとは、有機物に含まれる4元素(炭素、水素、窒素、酸素)以外の必須元素ですね。

人間の体は、96、7%は酸素、炭素、水素、窒素の4元素で作られています。

残りがミネラルで作られていますね。

タンパク質や脂質、炭水化物、ビタミンと並んだ5大栄養素の1つとされています。

5大栄養素は、すべてしっかり指導していかなければいけませんね。

 

ミネラルには、有害なミネラル必須ミネラルがあります‼︎

ミネラルの働きとしては、ビタミンの働きを助け、体液量や酸、アルカリ、筋肉や神経の働きを調節し

代謝活動でも重要な働きをしていると言われています。

他にもミネラルは、身体組織の材料になり細胞や臓器の働きと深く関係しています。

 

その中で最も不足しがちなミネラルといえば

マグネシウムです‼︎

では、マグネシウムが不足するとどうなるのか?

どうやって摂取すればいいのか?

について解説していこうと思います‼︎

 

【必須ミネラル マグネシウムについて】

マグネシウムは、カルシウムとバランスをとりながら体の機能を陰から支えるミネラルです。

エネルギー代謝を始め、300以上の酵素系に関与していると言われています。

 

マグネシウムは、骨に50〜60パーセント 脳や神経に40パーセント存在します‼︎

 

さらに・・・

筋肉の収縮を助けたり、精神を正常に維持するためのミネラルでもあります。

マグネシウムはカルシウムとバランスよく取らないと

筋肉の硬さに影響してしまいます‼︎

 

(マグネシウムの生理学↓)

マグネシウムは、小腸で吸収され腎臓で排泄されます‼︎

腸管での吸収は、ビタミンDによって促進されて、カルシウムやリンによって抑制されます。

摂取量が不足すると、腎臓でのマグネシウム再吸収が促進されたり

骨からのマグネシウムが放出されたりして血中濃度を一定に保っています。

 

マグネシウムが取れないと?

・精神面の低下

・筋肉の異常収縮

・不眠

・疲労感

・骨粗鬆症

・心筋梗塞や狭心症

・脳卒中

・高血圧

・体内時計の乱れ

・糖尿病(血糖値)

などなど・・・

様々な問題が発生します‼︎

 
 
 
【マグネシウムが過剰摂取した場合はどうなるの?】
 
マグネシウムを取り過ぎた場合は、基本的には
 
尿中に排泄されるので過剰症にはならないと言われています。
 
しかし、腎臓の機能低下がある場合は高マグネシウム症を生じると言われています。
 
下痢なども起こす可能性はあるので、気をつけましょう‼︎
 
 
 
 
【マグネシウムを多く含む食品とは?】
 
・そば
・のり
・ひじき
・豆
・豆腐
・抹茶
・ごま
・わかめ
・野菜
・魚
・しいたけ
・昆布
・かき
・芋
・納豆
・果物
 
などなど・・・
 
 
【他にも高濃度マグネシウムなどもあります】
 
 
 
私も使っているのですが
 
オススメですよ‼︎
 
10滴〜20滴が1日の摂取量とされています。
 
もちろん、食事から摂取するマグネシウムもありますから
 
調整して欲しいのですが簡単にマグネシウムが取れます。
 
患者様に買ってもらったりして栄養指導につなげたりもしますし
 
1個3000円程度でアマゾンとかでも買えるので
 
ぜひ実践してみて下さい。
 
高血圧とか精神不安定の患者様などにも
 
必須です‼︎
 
 
 
最後まで記事を読んで頂き誠に有難うございます。
 
 
もし良ければ
 

FB.ツイッターなどでシェアして頂けると非常に嬉しいです^ ^

本日も最後までお読み頂きまことにありがとうございました。

ALLアプローチ協会 代表 山口拓也

 

【もし、この記事が気に入って頂ければシェア・リツイートして下さると幸いです↓】

    

【セミナーご案内】

【メルマガ登録】

興味のある方は、公式サイトよりご登録お願いします。↓

LINE@登録はこちらから LINE@限定の治療テクニック配信中 

ピックアップ記事

  1. 治療の反応がイマイチな患者様へのマル秘対処法とは?
  2. 【症例報告】下腿外側のシビレが運動連鎖のつながりで、8割以上改善した症例
  3. 内臓評価時間を短縮する問診スキル「東洋編」
  4. どんな人でも行動できるようになる秘密のルールとは?
  5. 神経リンパ反射点(内臓治療)を用いた前立腺・子宮広間膜調整【セルフメンテナンス紹…

関連記事

  1. 内臓治療

    生理痛に対する内臓・筋骨格・頭蓋治療について

    みなさん こんにちはALLアプローチ協会 代表 山口拓也です。…

  2. ALLアプローチ協会

    腸腰筋のセルフメンテナンス (大腰筋ストレッチ ・筋トレ・柔軟性ex)

    こんにちはいつもALLアプローチ協会の公式ブログを読んで頂き誠に有…

  3. ALLアプローチ協会

    【内臓治療】首の痛みに有効な内臓アプローチについて 

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございます!…

  4. ALLアプローチ協会

    【実技動画あり】大殿筋治療 確実に筋を緩めるための3ステップとは?

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、誠にありがとうございます。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

関連サイト

 

 

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. ALLアプローチ協会

    大腰筋のアプローチ方法をいくつ知っていますか?
  2. セルフメンテナンス

    頭痛と本気で戦う【インナーアプローチ編①】
  3. ALLアプローチ協会

    話題の鎖骨ほぐしについて【鎖骨アプローチ・テクニックの重要性】
  4. 内臓治療

    内臓治療におけるしわ寄せとは?
  5. ALLアプローチ協会

    内臓治療に活用できる脊柱内臓反射点を全公開
PAGE TOP