ALLアプローチ協会

【症例報告】筋膜×内臓×頭蓋×経絡治療で、呼吸機能が一気に改善した症例

いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございます。

ALLアプローチ協会 テクニカルトレーナー 渡会賢太です。

本日も、

勉強熱心な理学療法士・作業療法士・柔道整復師・整体師などセラピストの皆さんに向けて、

明日からの臨床ですぐ使える治療のアイデアやヒントをお伝えします。

 

今回は、

【症例報告】筋膜×内臓×頭蓋×経絡治療で、呼吸機能が一気に改善した症例

というテーマでお話していきます。

久々に、

症例報告でもしようかと思います。

今回は、

筋膜と内臓と頭蓋と経絡治療を組み合わせたアプローチの結果、

著明な変化が出た症例がいましたので、

皆さんにシェアしていこうかなーと思います。

 

<症例紹介>

90代男性。廃用症候群。

既往に、肺気腫がある症例です。

廃用症候群の診断で、回復期リハ病棟に入院し、

リハビリを行っている患者様です。

 

今回は、

代行(代診)で入って治療した方なんですが、

spO2(血中酸素飽和度)の数値が、

91%」

という方で、

運動時には、80%台まで下がってしまうので、

酸素を吸入しながら歩行や日常生活動作を行っているような方です。

身体的な評価をしてみると、

「胸郭の柔軟性低下」

「一次呼吸の動きが低下」

しているといった所見がみられました。

呼吸器系の疾患の方って、

結構この、

「一次呼吸」

の動きが低下している傾向にあります。

一次呼吸の動きを良くしていく。

つまり、

脳脊髄液の流れを良くしていくだけでも、

「二次呼吸(肺呼吸)も良くなってくるといったことがあります。

これは、

脳脊髄液の循環が良くなることで、

間接的に、

体循環(血液循環)

そして、

体循環が良くなることで、

肺循環も良くなるので、

結果的に、

二次呼吸にもプラスの効果を示すということですね。

 

<治療>

実際の治療の流れとしては、

まずは、

胸郭の硬さがあったので、

「横隔膜」

にアプローチしました。

最初は、

「筋膜」

からアプローチすることが、

私の場合はパターンとして多いので、

呼吸の吸気に関わる横隔膜の硬さからとっていきます。

そして、

横隔膜の硬さを作っている内臓に対してもアプローチをしていきます。

一つ目は、

肝臓」

です。

肝臓を横隔膜が包んでいるような位置関係にあり、

癒着が起こりやすいので、

肝臓の調整は必須です。

そして次に、

「心臓」

ですね。

心臓を包んでいる「心膜」は、

「ディープ・フロント・ライン(DFL)

に含まれており、

横隔も同じくDFLに含まれ、

筋膜上のつながりがあります。

なので、

心臓の硬さが横隔膜の硬さの原因になっているケースも多いです。

そして、

心臓自体が、

「循環」

に関わる臓器ですので、

肺循環に関わっていますし、

酸素と二酸化炭素の入れ替えするにあたって、

重要な役割を担っています。

 

あとは、

「経絡」で言うと、

「肺経」とか「三焦経」

が関わっていることが多いです。

特に、

「三焦経」

はやっておいた方がいいですね。

肺は、

「胸郭の大部分」

を占めているわけですが、

三焦経は特集な経絡で、

体感の空間と繋がっている経絡になります。

なので、

胸郭の空間を東洋医学的な視点から調整をしていくことで、

胸郭の動きや肺の動きが良くなるケースが、

臨床上見受けられます。

 

あと頭蓋で言うと、

「上顎骨」になります。

ここは、

肺と繋がっている頭蓋骨になるので、

上顎骨の調整を行うだけでも、

直接「呼吸のしやすさ」が変わっていきますので、

やっていくといいです。

 

<結果>

以上、

「横隔膜」、「肝臓」、「心臓」、「肺」、「肺経」、「三焦経」、「上顎骨」

へのアプローチを行った結果、

SpO291%⇒97まで上昇し、

胸郭の動き、呼吸のしやすさ・深さが大きく変わりました。

 

<まとめ>

今回は、

機能面に対してアプローチをしていきました。

回復期だと、

「活動面」

にフォーカスを当てた治療が主体になってしまうことが多いですが、

こういった、

「機能面」を底上げしていくことで、

結果的には、

歩行や日常栄勝動作の自立度アップや効率性アップに繋がるのかなーと思います。

どうしても、

筋骨格系のアプローチだけでは対応できないケースも、

内臓や頭蓋、経絡などを組み合わせることで

このように呼吸機能の改善の可能映画広がっていきます。

その結果、

患者様が制限や障壁画減り、

歩行や日常生活動作の自立度や自由度が上がることで、

本人、そしてご家族も安心してくださることにも繋がっていくと思いますので、

是非筋骨格以外の分野の勉強もしていただき、

臨床に活用していただけたらなと思っております。

 

本日は以上になります。

最後まで当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございました!

ALLアプローチ協会 テクニカルトレーナー 渡会 賢太

 

内臓治療の精度も上がるセミナーが近日開催しますので興味ある方はぜひ

心理学×筋膜・経絡・内臓セミナーはこちらから

「いいね」と思ったらFB・ツイッターなどにシェアよろしくお願い致します↓

ピックアップ記事

  1. 絶対知っておきたい耳鳴り治療で必要となる知識とアプローチ部位
  2. 浮腫を一気に取り除く足部調整テクニックとは?
  3. 【内臓治療×基本動作】内臓と立ち上がり動作の関係性について
  4. 下肢外側の痺れに対する筋膜・運動連鎖アプローチ
  5. 【内臓治療】アレルギーに対する内臓アプローチの思考方法

関連記事

  1. 内臓治療

    セラピストのための胸郭アプローチと内臓治療の重要性について

    胸郭アプローチの重要性について・・・From 山口拓也埼玉 越…

  2. ALLアプローチ協会

    ADL動作指導 3つのコツとは?~床上動作を例に~

    皆さんこんにちは!ALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー 渡…

  3. 山口拓也

    トリガーポイント(筋膜)と経穴(経絡)の関連性について【リハビリ セミナー】

    トリガーポイントと経血の関連性についてFrom 山口拓也埼…

  4. ALLアプローチ協会

    【内臓治療】脾臓治療の効果を最大化するマル秘テクニックとは?

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございました…

  5. ALLアプローチ協会

    セラピストのためのエビデンスに基づく「白湯の作り方」

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございます。…

  6. セルフメンテナンス

    【内臓治療】 肝臓が訴える不調のサイン(後編)

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. 内臓治療

    脳脊髄液と自律神経の関わりについて
  2. ALLアプローチ協会

    触診の達人になるための「タッチのコツ」【内臓治療等で重要なタッチとは?】
  3. セルフメンテナンス

    血管血質アプローチ 重要ポイントまとめ】セラピストが関われる血管・血質に対するア…
  4. ALLアプローチ協会

    【変形性膝関節症】立ち上がり時の痛みへの対策~運動療法・セルフメンテナンス~
  5. ALLアプローチ協会

    【五十肩】「仰向けで寝ていると右肩が痛くなる…。」そんな患者様には〇〇を診ろ!
PAGE TOP