ALLアプローチ協会

【節約術】セミナーで最大限に学習するためのコツ、効率のいい学習方法

おはようございます。

いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、

誠にありがとうございます。

ALLアプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道です。

本日も、勉強熱心な

理学療法士・作業療法士・柔道整復師・整体師など

セラピストの皆さんに向けて、

明日からの臨床ですぐ使える治療のアイデアや

ヒントをお伝えしていきます。

 

今回は

内臓にアプローチするためのイメージを固める

勉強の方法・調べ方

セミナーで最大限に学習するコツ

についてお伝えしたいと思います。

 

 

このイメージを固めるシリーズも

腎臓から始まり、大腸までお伝えしました。

 

いつもセミナーで伝えたいことを

3割ほどに絞ってお伝えしています。

 

本当はしゃべりたいし説明したいし

もっとマニアックなコツも伝えたいのですが、

 

どうにも時間が足りず、小出しにしているのが

現状です。

 

内臓治療を初めて実施する方も多い中

できるだけイメージを伝えたいのですが、

最小限のポイントだけお伝えしているので、

こういったメルマガの学習で

みなさんがイメージを固めた状態で

セミナーに来ていただければ

もっとみなさんと有意義な時間を過ごせると

期待して書かせて頂いています。

 

いつも

そんなのどこに書いてあるんですか?

どんな本を読んで調べているんですか?

 

と聞かれることがあります。

 

確かに解剖の本だけで5種類プラス

海外の本も読んだり

オステオパシーの本なども読んで

様々な本から情報を集めています。

 

必要に応じて

グーグルから英語スペル検索すると

結構いい図が出てきたりします。

 

そんな旅を心臓なら心臓に関して

自分のイメージが足りない部分を補うように

調べ続ける作業をひたすら繰り返します。

 

調べるときに、たとえば「心臓」

というキーワードで

自分の中に検索をかけて問いかけます。

 

心臓に介入するにはどうしたらいいか?

どんなつながりがあるか?

心臓は胸腔内でどうやって固定されている?

つるされている?

縦隔ってなんだ?

心膜ってなんだ?

3Dでどういった位置関係にある?

どこに問題を起こしそうか?

そこに介入して変わる理由はなんだ?

 

その「意識のスイッチ」を入れて

本を読んで調べているので

気づくことが多く

ただ本を読んでいては気づけないことが

多くあります。

 

「意識のスイッチ」ここが大切なポイントです。

「意識のスイッチ」ここが大切なポイントです。

「意識のスイッチ」ここが大切なポイントです。

 

あれだけ分厚い解剖の本を

ただ眺めているのでは絶対に

知識として入ってきません。

 

アウトプット前提で調べているので

自分にもわかりやすく入力されてきます。

 

私は内臓治療を人に伝えるという

アウトプットスイッチでいつも

調べているので、自分が一番勉強に

なってしまっています(笑)

 

普段からアウトプットを前提で

物事を捉えている人は

インプットの効率もとても高いです。

 

これはセミナーに参加する時に

最大限自分が学習するための

「コツ」でもあります。

 

みなさんはセミナーに行って

勉強しに行くことが目的で行きますか?

興味本位で行っていますか?

その目的とその日に得たい成果が

より具体的であればあるほど

 

その日のセミナーで得られるものは

より大きなものとなります。

 

時にはセミナーで出会う人に価値を

見出す人は懇親会でより多くの学びを得て

帰る人もいれば

 

セミナーで解決したかった自分の悩みを

昼食時に講師に質問しながらコミュニケーションを

とる受講者さんもいます。

 

時には実際に治療を受けて

体で覚えようとする方もいます。

 

そういった行動は、

その日のセミナーへの目的意識で

大きな差がでます。

 

私たちのセミナーや懇親会では、

代表がその場でコンサルできることは

できるだけコンサルする光景も

珍しくありません。

 

オールアプローチ協会は

出し惜しみしない協会なので

その日出したい成果を達成するためには

セミナーの進行に支障が無い範囲で

お応えしています。

 

 

ここでお伝えしたい最大のメッセージを

書きますのでよく覚えておいてください。

 

 

何か大切なことを聴く時は、

理論や内容を知るためのスイッチではなく、

その理論を人に伝えるにはどうやったら

伝わるかとういうスイッチで話を聴くように

してください。

 

 

つまりアウトプット前提で話を聴けということです。

つまりアウトプット前提で話を聴けということです。

つまりアウトプット前提で話を聴けということです。

 

 

特に技術系セミナーに参加される方は

このスイッチは超重要となります。

 

アウトプットとは、

何も職場の後輩や自分の勉強会で話すことだけでは

ありません。

 

患者様への説明や、自分が復習するときの

自分への説明もアウトプットになります。

 

このアウトプット前提で話を聴けていないと、

理解しようとするレベルが全然違います。

 

明日この内容を聴きたがっている仲間がいる、

明日この内容で治したい患者様がいる。

明日この内容を伝達講習しなければいけない。

明日からこの内容を人に伝えていこう。

 

そのスイッチが入っている人は、

必ず質問が出ますし、事前学習をする方も増え、

その日に集中力もとても高まります。

 

そしてできれば次の日に誰かに

アウトプットすることでその学習は

脳に深く刻まれるので是非実践してみてください。

 

 

内臓のイメージを固めるためには

自分で調べることもとても大切です。

 

その時、どう意識のスイッチを入れて

調べるかどうか、

それをアウトプット前提で調べるかどうかで

学習が違ってくることを

私はメルマガとセミナー講師をすることで

実感しました。

 

今後はそのスイッチで調べた画像やイメージを

みなさんにどんどん発信していきますので

チェックしていてください。

そしてアウトプットの材料にしてください。

 

本日は以上です。

 

最後まで当協会の公式ブログをお読みいただき、

誠にありがとうございました!

 

それではまた!

今日も一日良い時間をお過ごしください。

 

もしよければFacebookで「いいね」「シェア」を

よろしくお願いいたします。

 

You tubeチャンネル登録もお待ちしております。

 

ALLアプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道

 

【もし、この記事が気に入って頂ければシェア・リツイートして下さると幸いです↓】

    

 

LINE@登録はこちらから LINE@限定の治療テクニックプレゼント

追伸

特典盛りだくさんのメルマガ登録はこちらから

理学療法士-作業療法士-セミナー

腰痛改善テクニックセミナー

ピックアップ記事

  1. 内臓・経絡・経穴と大腰筋の調整
  2. 【頭蓋仙骨療法】頭蓋治療が楽しくなる! 基本的な4つの評価ポイントとは?
  3. 肺の解剖学・生理学について【肺解剖₋生理】
  4. セラピストのための肝臓知識編!【作用 最初に治療すべき内臓】
  5. 【症例報告】リウマチの症状に圧倒的な結果を出した2症例

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    【肩こり治療】多角的な肩こりに対するアプローチ(姿勢の観点)

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、誠にありがとうございます…

  2. ALLアプローチ協会

    認知的不協和テクニック【 簡単に相手の信頼を得られる方法!】

    認知的不協和テクニック【簡単に相手の信頼を得られる方法…

  3. 山口拓也

    心理学を用いたラポールの作り方

    皆さん、こんにちは! ALLアプローチ協会代表の山…

  4. ALLアプローチ協会

    肩こりアプローチ 肘・手首による影響について

    from 山口拓也自宅 デスク よりいつもAL…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

関連サイト

 

 

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. 内臓治療

    内臓治療における必要な生理学 膵臓治療編
  2. ALLアプローチ協会

    【疾患別・自律神経】便秘に対するセルフメンテナンス
  3. ALLアプローチ協会

    年間コミニティー×オンラインサロンについての話
  4. セルフメンテナンス

    【内臓治療】 肝臓が訴える不調のサイン(後編)
  5. ALLアプローチ協会

    ALLアプローチ協会

    【心理学×ALLアプローチセミナー】受講者様の声(相場先生)
PAGE TOP