ALLアプローチ協会

【肩こり治療】内臓と感情が肩こりへ与える影響

おはようございます。

いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、

誠にありがとうございます。

ALLアプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道です。

本日も、

勉強熱心な理学療法士・作業療法士・柔道整復師・整体師など

セラピストの皆さんに向けて、

明日からの臨床ですぐ使える治療のアイデアや

ヒントをお伝えしていきます。

 

今回は、

 

【肩こり治療】

内臓と感情が肩こりへ与える影響

についてお伝えいたします。

 

 

ここまでお伝えした内容は、

肩が凝っているという症状に対して、

肩を揉むのではなく、

その肩の筋に血流障害を起こしている

原因となる姿勢を評価して

その姿勢の原因にアプローチする方法

つまり、その姿勢で短縮している筋を

伸長する方法や使えていない筋を

促通する方法から

 

単一の筋の伸び縮みだけでなく、

筋のつながりによる問題点や

筋の交差している部分の滑走性の問題、

経絡上の問題にアプローチすることで

肩こりに対応する方法を

お伝えさせていただきました。

 

今回お伝えする内容では、

今まで姿勢や筋という枠で

人の体を見てきましたが、

中心部にあるのは筋だけではなく

内臓が深部の筋や椎体・血管と連結しており、

その内臓が肩こりに与える影響をお伝えします。

 

そもそも肩こりには筋の影響だけでなく

内臓の関連痛の影響がでます。

 

右の肩には肝臓の関連痛が出現しやすく、

左の肩には心臓の関連痛が出現します。

左右に影響を与えるのが

肺と呼吸筋である横隔膜の影響が

影響しやすくなります。

 

一応肺は関連痛として本に載っていますが、

肺の機能不全は

運動学的にも肩こりに影響を与えやすくなります。

 

頚部・肩甲帯の筋のほぼすべてが

呼吸補助筋として働くため

呼吸機能の低下や呼吸器疾患

呼吸筋の機能低下によって

呼吸補助筋は緊張が高くなり

血流が低下します。

 

また、口腔・顎関節機能も

呼吸や肩こりへ影響します。

 

呼吸状態の悪い総入れ歯の患者様の入れ歯を外すと

一気に呼吸補助筋の働きが増すことがあります。

 

顎関節の咬筋や内側翼突筋

側頭筋などは

ディープフロントラインの一部と働き、

深部で胸横筋や横隔膜、

大腰筋との連結があります。

姿勢・呼吸との関連性が強い

グループの筋膜ラインになるので、

入れ歯や歯のかみ合わせからくる肩こりや

呼吸機能の低下も評価する必要があります。

 

神経支配からいっても

横隔膜がC3、4、5支配

およそ肩甲帯周囲の筋

つまり肩こり筋と神経支配が

重なってくるので影響が出現しやすくなります。

 

もう一つ忘れてはいけないのが

第10脳神経である副神経の影響です。

副神経には

脊髄根と延髄根という二つの道があり、

延髄根のほうが迷走神経と混ざって

内臓につながり、

脊髄根が僧帽筋上部繊維や

胸鎖乳突筋を支配しているため

副神経や内臓を介した

肩凝りへの影響が考えられます。

 

肩関節周囲の神経だけでも

影響を考えたらきりがないですね。

 

肺以外の内臓の影響です。

心臓は心膜に包まれ、

その心膜が胸骨や横隔膜に付着し、

さらにディープフロントラインともつながり、

頭蓋骨の蝶形骨に内側翼突筋を

介して付着します。

 

ディープフロントライン

横隔膜

内側翼突筋

蝶形骨

という部分が先ほどまでに

説明してきた肩こりへの影響が

予測されます。

 

この心臓、

東洋医学的には

経絡と感情のつながりがあります。

心経:自己否定感

心包経:自分を過小評価するような感情

三焦経:疲れ、自己犠牲

 

といった感情や行動から

心への影響が出現しやすくなります。

 

また肩こりへの影響が出やすい

肝臓では

横隔膜との付着が強く、

肝臓の肥大や

循環低下、

内臓疲労によっても

横隔膜の動きへの制限となることが

とても多く、肩こりへの影響が

出やすい内臓となっています。

 

この肝臓へ影響する

経絡・感情は

肝経:怒り

胆経:恨み

腎経:恐れ

膀胱経:未来への不安や壁を超えることへの不安

 

肝・胆は陰陽の関係性があり、

腎・膀胱は肝・胆に対して

相性関係にあるため同時に調整していくことで

肩こりに対して効果が期待できます。

 

先ほど

説明させていいただいた

肺に関しては

肺経:悲しみ

大腸経:水に流せない怒り

 

こういった経絡を

徒手的にアプローチすることも良いですが、

最近は感情に対するアプローチで

自分の中で出した最善のアプローチ方法があります。

 

それは、

相手の話を120%本気で聞くことです。

「何当たり前のこと言ってんの?」

と思われそうですが、

この能力の深さが相手とつながる

大切なポイントになります。

 

私はリハビリに来ているから

とにかく体を触ると言ういことを手放しました。

 

患者様が抱えている悩み・不安を

しっかり話も聴かないで

アプローチしても効果は半減します。

 

まず自分が相手に対して開いて、

本気で相手を受け入れて

対話することで

相手の感情を引き出すことも

解放することもできると感じました。

 

セラピスト自身の在り方が大きく影響しますが、

 

最近あることを経験して学んでからは

この方法が妙に腑に落ちます。

 

体に触らないことは良いことでは

ないことかもしれませんが、

 

こういった感情や生き方と向き合うことは

患者様にとって大きな影響があります。

結果肩こりだけでなく、

様々な痛みや不定症状を改善する

きっかけにもなりますので、

 

もし感情やメンタルにアプローチする場合、

テクニックも大切ですが、

人と向き合って目を見て話を受け入れる

覚悟も大切な要素となります。

 

肩こりには最終的には内臓・感情の影響

栄養の影響が大きく関与してくるので

表面的なアプローチで終わらずに、

多角的な面で肩こりを捉えられるように

なっていただければ幸いです。

 

本日は以上になります。

最後まで当協会の公式ブログをお読みいただき、

誠にありがとうございました!

それではまた!

今日も一日良い時間をお過ごしください。

ALLアプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道

 

LINE@登録はこちらから LINE@限定の治療テクニックプレゼント

追伸

特典盛りだくさんのメルマガ登録はこちらから

理学療法士-作業療法士-セミナー

心理学×筋膜・経絡・内臓セミナーはこちらから

自律神経障害セミナーのご案内はこちらから

自律神経障害セミナー

 

ピックアップ記事

  1. 【腰痛治療 パートⅢ】腰痛に対して、運動連鎖を理解して筋膜を治療する
  2. 【腰痛治療】腰椎圧迫骨折の痛みを改善!~ハムストリングス~
  3. 【血管アプローチ第7弾】病的血管による慢性疼痛を予防する生活習慣とは!?(慢性腰…
  4. 患者さんはこれを求めている! 自己重要感の大切さ……
  5. 古傷、事故、外傷の既往が筋・筋膜・疼痛に与える影響

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    【症例報告】下腿外側のシビレが運動連鎖のつながりで、8割以上改善した症例

    皆さんこんにちは♪ALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー 渡…

  2. 健康・体質・栄養

    体液循環システムの治療「リンパ液」

    おはようございます。オールアプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道で…

  3. ALLアプローチ協会

    【筋骨格治療】階段昇段時の膝の疼痛でアプローチすべき筋は?

    皆さんこんにちは!ALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー 渡…

  4. ALLアプローチ協会

    触診を磨きたいあなたへ 触診の極意「イメージ力」

    皆さんこんにちは♪ALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー 渡…

  5. ALLアプローチ協会

    便秘に対する7つの筋骨格・内臓・生活習慣アプローチとは?

    便秘アプローチ総集編‼︎from 山口拓也埼玉 越谷 デスクよ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. セルフメンテナンス

    【血管アプローチ】血流の血管の機能低下を見つける簡単なポイント
  2. セルフメンテナンス

    水分摂取について・・・【脱水の問題点・臨床での水分指導・体への影響】
  3. ALLアプローチ協会

    腰部脊柱管狭窄症で治療すべき内臓治療とは…?【病態~特徴~治療まで】
  4. ALLアプローチ協会

    【内臓・体質・自己治癒力】内臓治療の目的・目標
  5. ALLアプローチ協会

    【内臓治療】内臓由来の関連痛 背部の痛みと痺れ
PAGE TOP