ALLアプローチ協会

【腰痛】【痺れ】下後鋸筋と腰痛・痺れの関連性

おはようございます。

いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、

誠にありがとうございます。

ALLアプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道です。

本日も、勉強熱心な

理学療法士・作業療法士・柔道整復師・整体師など

セラピストの皆さんに向けて、

明日からの臨床ですぐ使える治療のアイデアや

ヒントをお伝えしていきます。

 

今回は

【腰痛】【痺れ】

下後鋸筋と腰痛の関連性について

お伝えしたいと思います。

 

 

最近自分の背中に痺れがあり、

自分で治療していく過程で、

下後鋸筋の筋硬結が及ぼす影響に関して

自分の体でも、患者様の体でも

とても気づいた内容があるので

シェアさせていただきます。

 

 

最近の私の症状として、

セラピーチェアでセラピーをしていると

右の下位肋骨に痺れが出る。

徐々に痺れが強くなり立ち続けるのがしんどくなる

といった症状がありました。

 

最初は神経系の痺れかと思いましたが、

患者様にストレッチポールの使い方を

指導しているときに、右の下位肋骨に

何かしこりのような筋硬結を発見。

 

このシコリはなんじゃろうと思い

ストレッチポールでコリコリ、

めっちゃ痒くなるぐらい血流が改善、

その後痺れが半減するといった反応がでました。

 

同じように、

重度の腰痛、特に梨状筋の仙骨起始部周囲に

強い荷重時痛がある患者様で

仙腸関節を緩めても、大殿筋の硬結をリリースしても

膀胱系を調整しても痛みを減らせなかった

患者様に対しても下後鋸筋・起立筋のアプローチで

痛みが改善するケースを経験します。

 

 

同じ姿勢で時間がたつとともに生じる

腰部・背部の痺れや痛みを訴える患者様を

担当したことはありませんか?

 

 

以前内臓性の背部痛についてお伝えさせて頂いた時に

このような図を紹介させていただきました。

 

内臓性の背部痛を生じる場合と

筋・筋膜性、末梢神経、関節源性に

痛みを訴えるケースがあります。

今回私がコリコリして痺れを改善させた

コリコリの正体は

筋膜の協調中心点、もしくは

トリガーポイントと呼ばれるものです。

また経穴もあるのですが、今回は

協調中心・トリガーポイントで

話を進めていきます。

 

下後鋸筋上にある協調中心の図です。

下後鋸筋はその下に

腸肋骨筋と最長筋を覆うように位置しています。

なので、トリガーポイントで関与があるのが

下の3つの図になります。

私の背中の痺れの原因や

梨状筋起始部などに痛みを訴える腰痛の

患者様の痛みが下後鋸筋の硬結をリリース

することで改善した理由がよくわかります。

 

 

下後鋸筋のトリガーポイントとしてみるか、

バックラインの腰部筋膜協調中心としてみるか、

最長筋・腸肋筋のトリガーポイントとしてみるか、

それぞれの視点で考え方も変わってきますね。

 

下後鋸筋は、腰部にある4つの椎骨と下位四肋骨に

付着し、下後鋸筋には、動作中に体重を支え、

強制呼気を補助する機能があります。

 

下後鋸筋のトリガーポイントによる痛みは、

たいてい局所的で、腎臓病の兆候と

間違われることがあります。

トリガーポイントは筋緊張の原因となり、

特に体幹の屈曲や回旋の動きを制限する傾向に

あります。

 

下後鋸筋を保護するためには、

背伸びのし過ぎは下後鋸筋を痛める

原因になりやすいです。

特に筋が冷えており、潜在性の

トリガーポイントを抱えている場合、

頭上に手を伸ばすことにより

下後鋸筋を痛めることがある

 

筋の過伸展は問題を招き寄せるリスクがあるので

注意が必要です。

 

他にも、過度に体幹を回旋する、または屈曲することも

悪影響があり、筋緊張を伴う動き、

特に反復性のある動きを行わないよう

動作を調整する必要があります。

 

ベッドにも配慮が必要で、マットレスが柔らかすぎる場合など

背部にストレスがかかるような寝具では、

下後鋸筋にストレスをかけることが懸念されます。

 

この部分には多くのトリガーポイントや

筋膜協調中心、経穴があるため

何にアプローチしているかを明確にすること

重要となります。

 

押圧した時の圧痛や、筋をストロークした時の

コリコリ感は重要な所見としてみておくことが

重要になります。

 

下後鋸筋周囲のトリガーポイントの

症状に紛れて、下後鋸筋よりも表層にある

広背筋を支配する、胸背神経の影響で

痺れや痛みを感じるケースもあるので

注意が必要です。

胸背神経はC6~C8の腕神経叢に属します。

頚部か鎖骨下、腋窩周囲の筋の影響で

絞扼を受ける神経になるので覚えておきましょう。

 

 

これらのトリガーポイントや

筋膜協調中心をリリースする際に

セルフメンテナンスを指導する際には、

 

トリガーポイントをマッサージするには

テニスボールなどの点でマッサージが可能な

道具を使用すると良いです。

 

筋膜協調中心をセルフメンテナンスする場合は、

ストレッチポールなどのローラーで

ストロークするようにリリースするのが

アプローチしやすいです。

 

 

下後鋸筋の解剖学的特徴として

起立筋を横断していることも興味深いですね。

クロスポイントとして滑走性を促すといった

観点でアプローチするのも良いと思います。

 

 

本日は以上になります。

最後まで当協会の公式ブログをお読みいただき、

誠にありがとうございました!

それではまた!

今日も一日良い時間をお過ごしください。

 

もしよければFacebookで「いいね」「シェア」を

よろしくお願いいたします。

You tubeチャンネル登録もお待ちしております。

ALLアプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道

 

【もし、この記事が気に入って頂ければシェア・リツイートして下さると幸いです↓】

    

 

LINE@登録はこちらから LINE@限定の治療テクニックプレゼント

追伸
特典盛りだくさんのメルマガ登録はこちらから↓

理学療法士-作業療法士-セミナー腰痛改善テクニックセミナー

ピックアップ記事

  1. 肝臓評価 どこを評価すべきなのか?【基礎知識編 反射点一覧 見るべき視点】
  2. 筋間中隔を治療に応用させるための知識とは?…?
  3. 内臓治療 心臓編 【生理学 テクニック マニュピレーション 効果】
  4. 誰でも腸活って実は危ないこともある 小腸内細菌増殖症(SIBO) 後半
  5. 【内臓治療セミナー事前学習】 肝臓アプローチのイメージをより明確にする 前半

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    【膝OA】膝の痛みを一気に取り除く!ピンポイントアプローチとは?

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございます!…

  2. ALLアプローチ協会

    【腰痛治療 パートⅣ】体幹機能を支える神経システムと内臓の関係性

    おはようございます。All アプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道…

  3. ALLアプローチ協会

    股関節内転症候群と坐骨神経痛の症状・機能障害・治療までのご紹介

    【股関節内転症候群と坐骨神経痛について】皆さん、こんにちは。関…

  4. ALLアプローチ協会

    本を読むときは、速読すべし(効果・実践・ノウハウについて)

    本を読むときは、速読すべし(効果・実践・ノウハウについて)from…

  5. ALLアプローチ協会

    セラピストが最低限知るべき栄養学の知識とは?

    セラピストが最低限知るべき栄養学の知識とは?皆さん こんにちは…

  6. ALLアプローチ協会

    【筋骨格治療】階段降段時の膝の疼痛に対して介入すべき筋とは?

    皆さんこんにちは!ALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー 渡…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. ALLアプローチ協会

    坐骨神経痛の運動学的視点から改善させる方法
  2. ALLアプローチ協会

    薬と肝臓の関係とは?【降圧剤‐副作用‐解毒】
  3. 山口拓也

    靭帯筋反射って知ってる?筋膜・骨格治療の精度を上げる靭帯と筋緊張の関係・・・
  4. 内臓治療

    【大公開!】内臓治療における症状別傾向と対策 part③背臥位編
  5. ALLアプローチ協会の仲間が欲しい

    【心理学×筋膜・経絡・内臓セミナーin東京】楽しかったセミナー!
PAGE TOP