ALLアプローチ協会

【腰痛治療】腰椎圧迫骨折の痛みを改善させる方法~胸鎖乳突筋~

いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございます!

ALLアプローチ協会 テクニカルトレーナー 渡会 賢太です。

本日も、

勉強熱心な理学療法士・作業療法士・柔道整復師・整体師などセラピストの皆さんに向けて、

明日からの臨床ですぐ使える治療のアイデアやヒントをお伝えします。

 

今回は、

【腰痛治療】腰椎圧迫骨折の痛みを改善させる方法~胸鎖乳突筋~

というテーマでお話していきます。

 

またまたまた、

「腰椎圧迫骨折」に対する有効なアプローチ方法について、

市リースでお伝えしていますが、

腰椎圧迫骨折の患者さんで、

結構痛みで悩んでいる方って多いです。

なので、

しっかりと痛みを改善させるための、

評価・治療をしていって、

早く基本動作や日常生活得動作、歩行の自立度アップにつなげっていき、

早期退院へ向けて関わっていくことが、

リハビリセラピストとして求められます。

結構痛みが残ったまま退院をしてしまって、

外来で腰痛のお悩みで来られる方や、

整体院の方で、

既往に腰椎圧迫骨折があって腰痛で来られる方が多いです。

ですから、

病院の中で痛みを改善させていきながら、

その方の日常生活の自立、自宅復帰へと繋げていいてほしいので、

今日も腰椎圧迫骨折の治療のアイデアやヒントのお話をしていきます。

 

今回は、

「胸鎖乳突筋」

についてお話していきます。

 

頸部の動きに関わる筋なので、

一見、腰椎圧迫骨折の痛みには関係が無いように思われますが、

かなり原因となっていることが多いです。

 

では、

なぜ、胸鎖乳突筋が腰椎圧迫骨折の痛みの原因となりやすいか?

について詳しく解説していきますね。

 

【なぜ胸鎖乳突筋が原因となるのか?】

  臥床コルセット

腰椎圧迫骨折の方のほとんどが保存療法を受けると思いますが、

受傷直後は、

「コルセット」

の着用をドクターから指示されて、

起き上がりや立ち上がりなどベッドを離れる際は、

コルセットを着けないいけないですよね。

そうなると、

胸郭がほとんど動かなくなります。

それに伴って、

横隔膜や大腰筋などがどんどんが廃用してしまいます。

コルセットを着けることで、

腹圧がかかるので、

圧迫骨折の悪化のリスクを抑えたり、

腰痛の緩和に役立つといったメリットがある反面、

こうしたデメリットもあります。

 

ってなってくると、

胸郭や骨盤が動かせられないので、

その分、

頸部や肩甲帯が代償的に働いてしまいます。

そうすると、

「胸鎖乳突筋」や「後頭下筋」、「斜角筋」など、

に過剰な負担がかかり、

筋短縮や筋硬結が生じてしまいます

 

また、

胸鎖乳突筋は、

「努力吸気筋」

であり、

横隔膜が動きにくい状態になってくると、

呼吸をこの胸鎖乳突筋で代償してしまうといったことで、

筋の過緊張・硬結が生じてしまいやすいです。

 

  筋膜のつながり(DFL)

また一歩踏み込んで考えていくと、

「筋膜のつながり」から、

胸鎖乳突筋は腰椎圧迫骨折の痛みに大きく関与していることが説明できます。

胸鎖乳突筋は、

「ディープ・フロント・ライン(DFL)

の筋膜ラインに含まれる筋であり、

大腰筋や横隔膜・腹横筋などと繋がっています。

 

ってなってくると、

大腰筋や腹横筋、横隔膜などは、

腰部の動きに大きく関わる筋であり、

腹横筋は腹圧を高める働きがあり、

大腰筋は腰椎を前弯方向に引っ張り、腰椎後弯により骨折部位の悪化を防ぐのに重要な働きを担っています。

なので、

大腰筋や腹横筋が働いてくることは、

痛みの改善やその後の基本動作・歩行の能力アップに繋がっていくわけですね。

しかし、

胸鎖乳突筋の過緊張や筋短縮によって、

大腰筋や腹横筋は伸張されてしまい、

上手く収縮が行えなくなってしまいます。

ですから、

胸鎖乳突筋の問題が腰椎圧迫骨折の痛みに、

深く関わっている。

というわけですね。

 

【まとめ】

今回は、

「腰椎圧迫骨折の痛みを改善させる方法~胸鎖乳突筋~」

についてお伝えしました。

なかなか改善しきらない痛みで悩んでいましたら、

是非この胸鎖乳突筋を診ていただき、

問題があれば、

あなたの得意な手技で治療をしていただき、

より多くの腰椎圧迫骨折の患者様に、

貢献していただけたらと思います!

 

「教唆乳頭筋」の効率的な調整テクニックを知りたい方は、

当協会のセミナーでもお伝えしていますので、

興味がある方は、

是非遊びに来てくださいね♪

 

本日は以上になります。

最後まで当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございました!

ALLアプローチ協会 テクニカルトレーナー 渡会 賢太

 

【メルマガ登録】

興味のある方は、公式サイトよりご登録お願いします。

LINE@登録はこちらから LINE@限定の治療テクニック配信中

「いいね」と思った方は、ツイッター・FB等でシェアしてくれますと幸いです 

ピックアップ記事

  1. 腸腰筋が引き起こす様々な障害とは…?
  2. 原因不明の全身倦怠感を改善させる方法
  3. 肝臓の生理学的特徴「作る、貯める、出す」
  4. 靴下着脱動作の獲得に有効な筋ランキング ベスト5
  5. 【血管アプローチ第6弾】血管が増えるのに血流が低下するってどうして!?(慢性腰痛…

関連記事

  1. 健康・体質・栄養

    【腰痛治療 パートⅡ】腰痛に対して、運動連鎖を理解して筋膜を治療する

    おはようございます。All アプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道…

  2. ALLアプローチ協会

    【肩こり治療】多角的な肩こりに対するアプローチ(姿勢の観点)

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、誠にありがとうございます…

  3. ALLアプローチ協会

    頭蓋仙骨療法における顎関節治療について・・・

    顎関節治療の重要性・・・From 山口拓也埼玉…

  4. ALLアプローチ協会

    頭蓋仙骨療法のための脳脊髄液の重要性とは?

    頭蓋仙骨療法のための脳脊髄液の重要性とは?From 山口拓也 …

  5. 健康・体質・栄養

    【内臓】逆流性食道炎の原因

    おはようございます。All アプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道…

  6. 健康・体質・栄養

    【アレルギー】アレルギーに対する内臓アプローチ5つ

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. ALLアプローチ協会

    大腸の解剖学的特徴(トルツ筋膜ってなんだ?)
  2. ALLアプローチ協会

    ALLアプローチ協会

    ALLアプローチ協会 Skype特別コンサル【経営‐週末開業‐チラシ】
  3. ALLアプローチ協会

    筋間中隔を治療に応用させるための知識とは?…?
  4. 内臓治療

    内臓治療における必要な生理学 膵臓治療編
  5. ALLアプローチ協会

    【評価テクニック】経絡と筋膜を掛け合わせた評価方法
PAGE TOP