ALLアプローチ協会

【腰痛治療】腰椎圧迫骨折の痛みを改善!~ハムストリングス~

いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございます!

ALLアプローチ協会 テクニカルトレーナー 渡会賢太です。

本日も、

勉強熱心な理学療法士・作業療法士・柔道整復師・整体師などセラピストの皆さんに向けて、

明日からの臨床ですぐ使える治療のアイデアやヒントをお伝えします。

 

今回は、

【腰痛治療】腰椎圧迫骨折の痛みを改善!~ハムストリングス~

というテーマでお話していきます。

 

「腰椎圧迫骨折」の方って、

特にリハビリの現場では良く診るケースだと思います。

高齢の患者さんであれば、

家でしりもちをついたり、ベッドから転落するなどして、

重症される方が多いですよね。

また、

既往に圧迫骨折がある方も、

たくさんいらっしゃいます。

 

受傷後はほとんどが、

「保存療法」で、

コルセットを装着しながら、

基本動作や歩行、日常生活の動作獲得に向けて、

リハビリを進めていくかと思います。

ただ、

「腰痛の訴えが強くて、なかなかリハビリが進まない…。」

「痛みのせいで、トイレや歩行の自立度がなかなか上げられない…。」

「痛みが強いため、歩行練習を拒否されてしまう…。」

といったことでお悩みのセラピストもいらっしゃるかと思います。

 

セラピストの中には、

本当は痛みを取ってあげてから歩行の練習をしたいけど、

「仕方なく痛みがある中で歩かせるしかない。」と、

患者さんに対して申し訳ないと思いながらも、

なかなか改善させてあげられないと、

悩んでいるセラピストもいるかと思います。

 

そんな、

「腰椎圧迫骨折」の痛みに対しての、

有効なアプローチについて、

シリーズでお伝えしていきますね。

 

今回取り上げるのは、

「ハムストリングス」

です。

 

なぜ、ハムストリングスが腰椎圧迫骨折の痛みの原因となりやすいのか?

について2つのポイントを解説していきます。

 

  骨盤後傾⇒腰椎後弯⇒疼痛

ハムストレングスが短縮してしまうと。

坐骨に付着する筋のため、

骨盤が後傾方向に引っ張られてしまいます。

そうなると、

関節の連鎖から「腰椎が後弯」してしまいます。

圧迫骨折の特徴として、

腰椎が後弯してしまうと、

より骨折した椎体に対して、

より圧迫が加わってしまうため、

それを避けようとして、

「脊柱起立筋」、「大腰筋」、「腰方形筋」などが、

防御的に常に収縮してしまい、

結果、血流障害を起こして、

腰痛へと繋がってしまうことがあります。

 

  坐骨支持での座位がとれない。

ハムストリングスが短縮すると、

骨盤は後傾依になることは①でも紹介しましたが、

もう少し細かく言うと、

坐骨が後下方にくずれてしまいます。

その状態で座るとなると、

どうしても、

「仙骨座り」

になってしまいます。

それでは、

「立ち上がりでの前方への重心移動」

が行えず、

大腿直筋や脊柱起立筋などのアウターマッスルに過度な負荷がかかり、

痛みが強く出てしまうことがあります。

さらに、

「仙骨座り」だと、

常に腰部の筋に負荷がかかる状態となり、

しばらく座っているだけでも痛みが出るといったことに繋がって今います。

しっかりと、

「坐骨支持」で座れるようになるためにも、

ハムストレングスに対してアプローチをすることは、

極めて重要です。

 

次に、

「結果を出すための治療のポイント」

をご紹介いたします。

※動画で図を使って説明していますのでご参照ください。

 

  内側ハムストリングスと外側ハムストリングスの筋間

基本的に、

SLRなどのストレッチをしても、

改善しないケースがほとんどです。

「硬結部位」

を捉えて治療することが、

治療で結果を出すポイントです。

その硬結が出来やすい部位が、

「内側ハムストレングスと外側ハムストレングスの間」

になります。

 

  坐骨結節

坐骨結節は、

ハムストリングスが付着する部位になります。

ここに硬結が出来てしまい、

坐骨のアライメント不良に繋がっていることがほとんどです。

しっかりと触診しながら、

あなたが得意な手技で硬結部位を調整していくと良いでしょう。

 

【まとめ】

今回は、

「腰椎圧迫骨折の痛み改善に有効なアプローチ」

についてお伝えしました。

「ハムストリングス」

を評価の対象に入れていただき、

問題があるようであれば、

あなたが得意な治療法で構いませんので、

アプローチしてみてください。

痛みが緩和され、

立ち上がりや歩行訓練が進めやすくなり、

歩行やADLの自立度アップに繋がるかと思います。

是非明日からの臨床で活用していただき、

より多くの患者様に貢献していただけたらと思います♪

 

本日は以上になります。

最後まで当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございました!

ALLアプローチ協会 テクニカルトレーナー 渡会 賢太

 

【九州】開催日時:1125日(日曜日)開催

自律神経障害セミナー

【メルマガ登録】

興味のある方は、公式サイトよりご登録お願いします。

LINE@登録はこちらから LINE@限定の治療テクニック配信中

「いいね」と思った方は、ツイッター・FB等でシェアしてくれますと幸いです

ピックアップ記事

  1. 【内臓治療セミナー事前学習】 肝臓アプローチのイメージを より明確にする(後…
  2. 頸椎の重要性【筋膜・ジンクパターン・内臓治療との関連】
  3. 手のアーチ 足のアーチの重要性とは?【構造‐機能‐筋肉】
  4. 【症例報告】経絡治療を片麻痺治療に活かす!
  5. アナトミートレインの基礎・基本 ラテラルラインについて(LL)治療まで!

関連記事

  1. ALLアプローチについて

    肝臓治療・知識生理&大腰筋の解剖学的特徴と治療

    肝臓治療・知識生理&大腰筋の解剖学的特徴と治療皆さん こんにちは …

  2. 健康・体質・栄養

    【血管アプローチ】下肢の血流を改善する7つのポイント

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  3. ALLアプローチ協会

    グランフェルト三角について・・・上腰三角の重要性!

    皆さん こんにちは  ALLアプローチ協会代表 山口拓也です…

  4. ALLアプローチ協会

    ADL動作指導 3つのコツとは?~床上動作を例に~

    皆さんこんにちは!ALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー 渡…

  5. ALLアプローチについて

    湿布は効かないという固定観念を手放す

    皆さんこんにちは♪ALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー改め…

  6. ALLアプローチ協会

    苦手な人を無くす抜群の方法とは?

    苦手な人を無くす抜群の方法とは?   皆さんこ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. 受講者の声

    プレミアムコース6日目エネルギー治療 受講生の声
  2. ALLアプローチ協会

    知るだけで治療効果があがる内臓治療の基礎知識
  3. ALLアプローチ協会

    【腰痛治療 パートⅣ】体幹機能を支える神経システムと内臓の関係性
  4. ALLアプローチ協会

    【大腿骨頸部骨折】下肢の振り出し時の重量感改善に有効な筋について
  5. 山口拓也

    足底腱膜の重要性について【解剖‐役割‐痛み】
PAGE TOP