ALLアプローチ協会

【膝OA】膝の痛みを一気に取り除く!ピンポイントアプローチとは?

いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございます!

ALLアプローチ協会 テクニカルトレーナー 渡会賢太です。

本日も、

勉強熱心な理学療法士・作業療法士・柔道整復師・整体師などセラピストの皆さんにむけて、

明日からの臨床ですぐ使える治療のアイデアやヒントをお伝えします。

 

今回は、

【膝OA】膝の痛みを一気に取り除く!ピンポイントアプローチとは?

というテーマでお話していきます。

 

「膝OA」の話は今までのブログでも何度もお話しはしていますが、

やはり、

変形性膝関節症でリハビリのオーダーが出る方もいれば、

入院の患者様などは、

脳梗塞や脳出血の診断でリハビリを行っている方でも、

元々膝OAがあって、

膝の痛みのよって、

基本動作・トイレ動作・歩行などの自立度に影響してしまい、

なかなか退院まで活動レベルを上げられなかったりします。

膝のサポーターや装具でなんとか痛みを抑える方法も必要ではありますが、

正直生活場面を考えたら、

夜中にトイレに行くだけの理由で、

いちいちサポーターを着けるのって、

結構面倒ですよね。

やっぱり、

出来るだけ装具なしでも、

痛みが出ない状態を作れた方がいいですから。

そこは、

セラピストとして、

あなたの知識・技術を生かして、

できるだけ膝の痛みを解消させた状態で、

退院が出来るように導くことが、

僕は大事にしてほしいと思っています。

 

そんな膝OAに対して、

股関節や足関節など、

膝以外に痛みの原因が多いことを、

今までのブログを見てくださっている方は分かると思いますが、

ただ、

「局所が原因」

の方もやっぱりいます。

しかし、

局所の場合は、

より正確な評価と治療の知識・技術が求められます

 

原因となりやすい筋肉は、

「外側広筋」

「中間広筋」

「内側広筋」

です。

これは、

膝の屈伸を制動する筋肉です。

特に、

「患側の荷重時痛

や、

「階段を昇る時」

の痛みには、

かなり重要な筋肉です。

もっと細かく言うと、

歩行の

「ローディング・レスポンス(LR)

これは、

歩きの踵が床についてから床に足の裏が接地するタイミングになります。

このタイミングで、

「膝は軽度屈曲」

「下腿が前傾」

といった動きが求められます。

この時、

「内側広筋」、「外側広筋」、「中間広筋」は、

伸長しながら遠心性収縮を行い、動きを制動しています。

なので、

これらの筋肉が短縮している状態では、

筋が働かず、

結果的に、

靭帯や関節に負担かかかり、

痛みとして現れるわけです。

 

でもこれらの筋肉のアプローチ方法って、

リハビリの養成校や実習で習ったやつ。

そう、

「クアドセッティング」

と、

「膝屈曲のROM訓練」

が有名ですよね。

 

でもこれでは、

ほぼ結果は出せません。

なぜか?

ただ単純に、

筋肉を鍛えればいいってもんじゃないし、

筋肉を伸ばせばいいもんじゃありません。

筋肉に収縮を入れて、ホールドリラックスの原理で弛緩させる方法もありmすが、

これも臨床ではイマイチです。

ではどうしたらいいか?

 

「これらの筋肉の短縮を作りやすい硬結部位」

をどれだけ正確に評価をして、

硬結部位を捉えて治療ができるか?

その精度の違いで、

まるっきり出てくる結果も違います。

 

局所になればなるほど、

ピンポイントで原因部位を捉えて、

正確に治療をしていくことが求められます。

 

そして、

私の臨床経験から、

それぞれの筋の硬結部位となりやすい部位に関して、

今回は特別に公開しています。

 

詳細動画はこちら↓↓

 

 

 

  外側広筋

「腸脛靭帯と大腿直筋の間」

になります。

そして調整のコツとしては、

外側広筋は、

大腿骨に癒着して固まりやすいので、

大腿骨から筋肉を剥がすようにアプローチをします。

そして、

横断マッサージがとても有効なので、

横方向に筋をマッサージすると、

より緩むのが早いです。

 

  中間広筋

「大隊直筋の真下」

が最も硬結が出来やすいです。

中間広筋も、

大腿骨に癒着していることが多いので、

剥がしていくようなアプローチと、

大腿直筋と大腿筋膜を介して癒着を起こすことがあるので、

その間も剥がしていくようなアプローチが有効です。

 

  内側広筋

「長内転筋と内側広筋の連結部位」

歩行のLRや階段昇降時に、

膝が内側に動揺したり、内転位に入る方は、

ほぼほぼ硬くなっています。

場所は、

大腿骨内側上顆から3~4横指大腿内側中央線沿いのを上に当てたところになります。

 

【まとめ】

今回は、

「膝OA

に対するアプローチ方法を紹介しました。

今までは局所以外のアプローチが中心でしたが、

逆に見落としがちな、

「局所のピンポイントアプローチ」

をご紹介しました。

正確に治療ができれば、

その場での変化は劇的に出ますから、

是非とも臨床で取り入れていただき、

患者様を感動させるような治療を提供できるようになっていただけたらと思います!

 

本日は以上になります。

最後まで当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございました!

ALLアプローチ協会 テクニカルトレーナー 渡会 賢太

 

心理学×筋膜・経絡・内臓セミナーはこちらから

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 片頭痛と戦う ミトコンドリアを強化しよう!
  2. 【肩こり治療】 筋・筋膜のつながり、癒着の観点
  3. インナーマッスルの重要性・効果 頸部・肩・体幹・股関節の全身編
  4. 【大腿骨頸部骨折】歩き始めの痛みがなかなか取りきれないあなたへ
  5. 理学療法士・作業療法士・柔道整復師のためのコーチング

関連記事

  1. 筋骨格系

    足裏のしびれ 屈筋支帯×解剖学×リリース

    おはようございます(^^)ALLアプローチ協会 ブル と申します。…

  2. ALLアプローチ協会

    【症例報告・スポーツ】筋・筋膜・運動連鎖・経絡を考慮した回復支援

    おはようございます。All アプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道…

  3. ALLアプローチ協会

    ほんとに知ってる?食物繊維の働き!ポイントは3つ!

     おはようございます。オールアプローチ協会 鈴木 正道です。 …

  4. ALLアプローチ協会

    【変形性膝関節症】上肢にアプローチして膝関節屈曲の痛みが改善した症例

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  5. ALLアプローチ協会

    【内臓治療】なぜ肝臓を治療する必要があるか分かりますか?

    みなさん、こんにちは。ALLアプローチ協会 代表 …

  6. ALLアプローチ協会

    松果体って大事なの?【メラトニン‐チャクラ‐活性化】

    松果体って大事なの?【メラトニン‐チャクラ‐活性化】皆さん こんに…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

プレミアムコースのご案内

年間コミニティー×オンラインサロン

栄養学プロフェッショナル認定コース

関連サイト

 

 

セミナー案内

最近の記事

マーケティング公式メルマガ

美容テクニック専門の公式メルマガ

心理学専門の公式メルマガ

Facebookページ

インスタグラム

Tik Tok

YouTubeチャンネル

 

 

 

 

 

 

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

スタッフ・仲間募集中

  1. ALLアプローチ協会

    大殿筋の基礎・血管などの重要性【腰痛との関連】
  2. ALLアプローチ協会

    天才になるには……モデリングの方法!
  3. 山口拓也

    足底腱膜の重要性について【解剖‐役割‐痛み】
  4. 内臓治療

    本物のセラピストになるために part2
  5. 疾患別 治療

    【膝OA】膝痛×浮腫を同時に改善させるマル秘テクニック公開
PAGE TOP