ALLアプローチ協会

【膝OA・TKA】膝伸展可動域改善に有効な筋ランキング ベスト5

皆さんこんにちは!

ALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー 渡会賢太です。

本日も当協会の公式ブログをお読みいただき、誠にありがとうございます。

今日も

理学療法士・作業療法士・柔道整復師・整体師などセラピストの皆さんに向けて、

明日からの臨床で即使える治療テクニックや介入のヒントをお伝えしていきたいと思います。

今回は、

【膝OATKA】膝伸展可動域改善に有効な筋ランキング ベスト5

というテーマでお話していきます。

 

以前のメルマガでは、

「膝ope後の膝屈曲制限に有効な筋ランキング ベスト5」

について書かせていただきましたが、

今回は。

「膝伸展可動域」

に着目してお話していきます。

最近私は、外来リハビリで、

変形性膝関節症や膝蓋骨骨折・TKA(人工膝関節全置換術)の術後の患者様を診させていただく機会が多くあり、

なかなか膝の伸展可動域が改善せず、最後の5°だけ制限が残り、

歩行や階段昇降、しゃがみ込みなどで痛みが残ってしまう方が多くいました。

そういう患者様に対して試行錯誤を重ねて、

「改善に有効な筋」

が分かってきたので、それについてシェアさせていただきます。

実際の臨床で検証してみて見えてきた傾向ですので、

是非参考にしていただけたらと思います。

 

<歩行の運動連鎖から膝伸展を捉える>

まずは、

歩行周期の中で最も膝が伸展している時期に着目します。

それは、

PS(プレスイング)」、「IC(イニシャルコンタクト)

になります。

PSwは、

下肢を振り出す瞬間で、踵が浮いてつま先で蹴りだすタイミングを指します。

ICは、

踵が床に接地するタイミングを指します。

 

特に関わりが深いのは、

PSw」

かなと臨床で試してみて感じています。

この、

PSw」

で機能している筋・関節の状態を基に介入を進めることで、

良い結果が出る傾向にあります。

 

では、PSwのタイミングでの関節の動きをまずおさらいします。

足関節外反・底屈。

脛骨前方移動。

股関節外転・伸展。

といった運動連鎖がみられます。

 

この関節の動きを行うために、

「伸びるor縮むことが出来ないといけない筋」

への介入がポイントになってきます。

この筋が縮んで硬くなっていたり、縮むことができない状態のため、

膝の伸展が出せない原因になっていることが多いです。

 

では具体的にどんな筋が関わっているのか?

それを重要度の高い筋がら順にランキング形式でご紹介します。

<伸展可動域改善に有効な筋ランキング>

第1位 長内転筋(大内転筋・内側ハムストレングス)

長内転筋は、

股関節屈曲・内転に作用する筋となります。

つまり、

PSwでは股関節伸展・外転の動きが必要になるため、

この筋が伸びることが出来る状態でいないといけないことになります。

そのため、

この筋に硬結や短縮が起きていると、膝の伸展を阻害してしまいます。

かっこ付けで、

大内転筋・内側ハムストレングスを上げましたが、

これは、

IC(イニシャルコンタクト)

で伸びていないといけない筋になります。

ICも膝の伸展が起きているため重要です。

さらには、

長内転筋の柔軟性低下に、

大内転筋や内側ハムが関わっているといった意味もあります。

それは、

大腿筋膜を介して、大内転筋と内側ハムと癒着を起こしやすいために、

この筋連結がある部分の調整が必要になるからです。

具体的な調整テクニックは、今後動画で配信しますので、それを参考にしていただけたらと思います。

 

第2位 前脛骨筋

前脛骨筋は、

足関節内販・背屈に作用します。

PSwのタイミングで、

足関節外反・底屈の動きが必要になるので、

この筋が伸びることが出来る状態である必要があります、

つまり、

この筋の硬結や短縮を改善させることで、

膝の伸展可動域が改善する傾向にあります。

硬結が出来やすい部位は、

前脛骨筋の起始部である、

内側楔状骨・第1中足骨底部

を調整する事。

そして、

起始部の部分。

経絡の経穴(ツボ)で言うと、

「膝三里」

という場所に硬結が出来やすいので、

そこを調整していくことで結果が出ます。

詳しい方法はまた後日動画で配信いたします。

 

第3位 腓骨筋

腓骨筋は、

足関節外反・底屈に作用する筋です。

PSwでは、足関節外反・底屈の動きが必要になりますので、

この筋が縮むことが出来る状態に調整することで、

膝の伸展可動域改善につながる傾向にあります。

なぜ縮むことができないのかの原因から説明すると、

脛腓関節が開いてしまうことで、なかなか腓骨筋に収縮が入らない状態になってしまいます。

なので、

脛腓関節のアライメントを調整していくといった介入が必要になります。

詳しい方法は、後日動画で配信いたします。

 

第4位 後脛骨筋

後脛骨筋は、

足関節内反・底屈に作用する筋です。

PSwでは、足関節外反・底屈の動きが必要なので、

この筋が伸びていることで外反の動きを出すことが出来るという意味で関わりがあります。

臨床上、この筋の硬結を取ることで膝伸展の可動域が改善することが多かったのでランキングに入れさせていただきました。

特に硬結が出来やすい部分は、

内果から4横指上の脛骨と下腿三頭筋の間の部分になります。

 

第5位 長趾屈筋・長母趾屈筋(長趾伸筋)

長趾屈筋・長母趾屈筋は、

足趾の底屈に作用する筋です。

そして、足部のアーチを形成しています。

この足部のアーチが崩れていることで、

膝の伸展可動域の制限になっている傾向にあります。

具体的には、

PSwのタイミングで、

足趾の屈筋群は伸びている

アーチが伸びている状態が必要になりますので、

長趾屈筋・長母趾屈筋の調整は重要です。

また、

長趾伸筋は、

足関節外反・背屈に作用する筋であり、歩行のICにも関与する筋です。

この筋が、伸びることが出来る状態であると、

足関節底屈の動きがでるので、PSwに有利に働きますし。

ICでは、足関節内反・底屈の動きが必要になるので、ICの運動連鎖に有利になります。

なので、

この筋も膝の伸展に重要な筋となります。

 

以上ランキング形式でお伝えしました。

私が実際の臨床で結果の出せているものしかお伝えしていませんので、

是非参考にしていただけたらと思います。

本日は以上になります。

最後まで当協会の公式ブログをお読みいただき、誠にありがとうございました。

渡会 賢太

本日の記事はいかがでしたか?
メルマガやユーチューブもやっておりますので、ご登録よろしくお願い致します。

追伸
メルマガ登録はこちら

理学療法士-作業療法士-セミナー

セミナーのご案内

以下がセミナー詳細です!

ピックアップ記事

  1. 内臓治療で「胃もたれ」と「胃のムカムカ感」を改善させる方法とは?
  2. 【脳波】頭蓋アプローチと脳波に対する応用の視点
  3. 自律神経障害 冷え性に対する内臓治療紹介‼︎
  4. 花粉症に対する、内臓・頭蓋治療+食事指導
  5. 理学療法士が身につけておくべき栄養指導に必要な栄養学(マーガリン編)

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    【変形性膝関節症】上肢にアプローチして膝関節屈曲の痛みが改善した症例

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  2. ALLアプローチ協会

    コミニティーメリット③ ファスティングが学べる

    皆さん こんにちはALLアプローチ協会 代表の山口…

  3. ALLアプローチ協会

    治療の反応がイマイチな患者様へのマル秘対処法とは?

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございます。…

  4. ALLアプローチ協会

    心臓の解剖学的イメージ【膜】

    おはようございます。allアプローチ協会 鈴木 正道です。今日…

  5. ALLアプローチ協会

    好転反応が出やすい人の5大要因とは?

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

関連サイト

 

 

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. ALLアプローチ協会

    酵素栄養学(有給休暇消化酵素?)
  2. ALLアプローチ協会

    なぜ、背中の痛みが内臓治療で改善するのか?
  3. ALLアプローチ協会

    【内臓治療】脾臓治療の効果を最大化するマル秘テクニックとは?
  4. 健康・体質・栄養

    【血管アプローチ】血管・血流にアプローチする考え方「入門編」
  5. 内臓治療

    骨盤底筋治療の重要性!【内臓脱、腹圧、痛みの関係性など】
PAGE TOP