ALLアプローチ協会

【血管アプローチ第5弾】慢性疼痛の原因もやもや血管とは?(五十肩・腰痛・膝痛)

おはようございます。

いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、

誠にありがとうございます。

ALLアプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道です。

本日も、勉強熱心な

理学療法士・作業療法士・柔道整復師・整体師など

セラピストの皆さんに向けて、

明日からの臨床ですぐ使える治療のアイデアや

ヒントをお伝えしていきます。

 

今回は、第5弾【血管・血流アプローチの考え方】

血流・血管にアプローチすることの重要性

についてお伝えさせていただきます。

 

 

第一弾では

施術と血流の関係性と

症状と血流の関係性についてお伝えさせて頂き、

体は太っているのに

手足が痩せていることに対して疑問を投げかけました。

 

第二弾では

足から分かる血流状態と血質、その他の情報について

テクニックは上手にできて結果はでるが、

戻りに悩まされる理由について説明し、

視点を変えてアプローチをしていく必要性をお伝えしています。

 

第三弾では

末梢毛細血管がゴースト化してしまう

2つの原因を血管の損傷と赤血球の質から

説明させていただきました。

 

第四弾では

末梢毛細血管がゴースト化することを防ぐ

自己管理のポイントについて説明しています。

 

 

そして今回は、

長引く痛みの原因、もやもや血管に関して

お伝えいたします。

 

今まで毛細血管の血流や毛細血管自体の問題について

お伝えしてきた血管・血流シリーズですが、

今回は異常に増えた「病的血管」に関して

お伝えいたします。

 

痛みには急性の痛みと慢性の痛みがあり、

その原因は様々です。

 

その原因の中で最近注目されている痛みが

筋・筋膜性疼痛や、腰痛であれば仙腸関節由来の

関連痛などがここ5年ぐらいの話題でした。

 

血管に関しての考え方は

まだセラピスト業界では認識が低い領域かもしれません。

 

もやもや血管を発見された先生は

元々癌に対してカテーテル治療をされている先生で、

癌に対して、血流を遮断することで治療するといった

方法をされている先生です。

 

血管に造影剤を流し、血管の血流を確認する方法がありますが、

長引く痛みの部位にはもやもやとした血管が

異常増殖していることがわかりました。

 

このことは、すでに論文レベルでも発表されています。

 

そもそも、痛みの原因部位は

血流が低下している?

増加している?

 

実際炎症が起きている部位に関しては

血流が増加し、血管が増加していることは

周知の事実ですが、

慢性疼痛ではどうでしょうか?

 

みなさんは血流が落ちているから

血流を促していこうと考えていませんか?

 

実際血流が悪いことで細胞が劣化する場合がありますが、

もやもや血管が存在する場所は、

慢性疼痛でも血流が増加しています。

 

血流が低下していて痛むのではなく、

血流が低下していて損傷した部位に

異常血管が増えてもやもや血管が増殖し、

その血管がいつまでもなくならないために

痛みが慢性的に残っているようです。

 

体が怪我をしないためには正常な血流が必要ですが、

もやもや血管のできた部位に

血流を促通する考えは安易には適応できないのです。

 

【もやもや血管がなぜ痛みの原因になるのか?】

 

3つのポイント!!

 

1.もやもや血管は漏れやすい

もやもや血管は炎症によって増殖した病的血管で、

血管の構造が漏れやすい構造になっています。

その理由は漏れることで炎症細胞である

白血球を炎症部位に運ぶからです。

 

この炎症細胞は痛み物質を放出するため

炎症部位には痛みが生じています。

 

この痛みは決して悪いものではなく、

痛みの原因がある部位を体に知らせて

自分を守る役割をしていますが、

 

もやもや血管が一年以上も残存してしまうケースでは

慢性的に痛みや、漏れる血管からもたらされる

浮腫みなども残存してしまいます。

 

2.血管とともに増える疼痛神経細胞

人の毛管は発生の過程で血管の周りに神経も増殖していきます、

このことは多くの論文でも報告されているようで、

疼痛部位に異常神経が増殖しているか調べたら

異常血管が先に出来て、

あとから異常神経が増殖していたようです。

 

このもやもや血管と一緒に増殖する

異常神経は「裸の神経細胞」であることが

知られています。

 

神経線維には2種類あり、

ミエリンという脂肪組織い包まれているものと、

包まれている神経線維が裸の物があります。

 

一般にミエリンで包まれている

神経の方が伝達速度が速く、

瞬間的な短い信号を脳に送るのに対し、

 

包まれていない神経線維はじわじわと

絶えず脳に信号を送るとされています。

 

長引く痛みは「ジンジン」「ズキズキ」

「チクチク」「重い」などと表現されることが多く

裸の神経線維から信号がおくられることで起きる

痛みの感じ方です。

 

 

そして3つ目がとても重要な問題になる

酸素の盗み取り現症とういうものがあります。

 

3つ目のポイントがとても重要になりますので

次回のメルマガで詳しくお伝えさせて頂きます。

 

最後まで当協会の公式ブログをお読みいただき、

誠にありがとうございました!

 

それではまた!

今日も一日良い時間をお過ごしください。

 

もしよければFacebookで「いいね」「シェア」を

よろしくお願いいたします。

【もし、この記事が気に入って頂ければシェア・リツイートして下さると幸いです↓】

    

 

【FBページ「いいね」を押すと定期的に最新情報を確認することができます。】

 

 

【心理学×筋膜・経絡・内臓セミナー】

セミナー

【メルマガ登録】

興味のある方は、公式サイトよりご登録お願いします。

LINE@登録はこちらから LINE@限定の治療テクニック配信中 

 

「いいね」と思った方は、ツイッター・FB等でシェアしてくれますと幸いです

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 内臓治療の精度・効果を更に上げる3つのポイントとは?
  2. 【内臓治療セミナー事前学習】 肝臓アプローチのイメージをより明確にする 前半
  3. 体液循環に最も関与する筋膜アプローチ 8つの隔膜のご紹介
  4. 【アレルギー】アレルギーに対する内臓アプローチ5つ
  5. 経絡+キネシオロジー 肝経を使って筋にアプローチ 五十肩 頚椎症 猫背

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    血管を知るって楽しいね♪ 血流と内臓から股関節を考える

    おはようございます。 all アプローチ協会 鈴木 正道です。 …

  2. ALLアプローチ協会

    「酸化」と書いて「老化」と読む

    おはようございます。 all アプローチ協会 関東支部長 鈴木…

  3. ALLアプローチ協会

    【内臓治療】8つの内臓システムと各内臓毎のシステムについて

    皆さんこんにちは!ALLアプローチ協会 代表 山口拓也です。当…

  4. ALLアプローチ協会

    仙腸関節アプローチ・テクニックの重要性について

    from 山口拓也整体院 デスク よりいつもA…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

プレミアムコースのご案内

年間コミニティー×オンラインサロン

栄養学プロフェッショナル認定コース

関連サイト

 

 

セミナー案内

最近の記事

マーケティング公式メルマガ

美容テクニック専門の公式メルマガ

心理学専門の公式メルマガ

Facebookページ

インスタグラム

Tik Tok

YouTubeチャンネル

 

 

 

 

 

 

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

スタッフ・仲間募集中

  1. ALLアプローチ協会

    重度の変形性股関節症にも有効なある筋肉とは?
  2. ALLアプローチについて

    肝臓の生理学的特徴「作る、貯める、出す」
  3. ALLアプローチ協会

    胸鎖乳突筋の重要性【自律神経‐内臓との関連‐治療】
  4. ALLアプローチについて

    肝臓の運動学的特徴「移動・自動・可動」
  5. ALLアプローチ協会

    【五十肩】なぜ、仙腸関節の調整で肩の可動域が良くなるのか?
PAGE TOP