ALLアプローチ協会

【血管アプローチ第7弾】病的血管による慢性疼痛を予防する生活習慣とは!?(慢性腰痛・五十肩)

おはようございます。

いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、

誠にありがとうございます。

ALLアプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道です。

本日も、勉強熱心な

理学療法士・作業療法士・柔道整復師・整体師など

セラピストの皆さんに向けて、

明日からの臨床ですぐ使える治療のアイデアや

ヒントをお伝えしていきます。

 

今回は、第7弾

病的血管による慢性疼痛を予防する生活習慣とは!?

(慢性腰痛・五十肩)

についてお伝えさせていただきます。

 

 

 

第1~4弾では

施術と血流の関係性と

体は太っているのに

手足が痩せていることに対して疑問を投げかけました。

 

足から分かる血流状態と血質、その他の情報について

戻りに悩まされる理由について説明し、

視点を変えてアプローチをしていく必要性をお伝えしています。

 

末梢毛細血管がゴースト化してしまう

2つの原因を血管の損傷と赤血球の質から

説明させていただきました。

 

末梢毛細血管がゴースト化することを防ぐ

自己管理のポイントについて説明しています。

 

第5弾からは

病的血管もやもや血管と慢性痛について

お伝えしています。

 

 

【前回の病的血管の3つのポイントを復習】

 

1.もやもや血管は漏れやすい

もやもや血管は炎症によって増殖した病的血管で、

血管の構造が漏れやすい構造になっています。

その理由は漏れることで炎症細胞である

白血球を炎症部位に運ぶため。

 

この炎症細胞は痛み物質を放出するため

炎症部位には痛みが生じています。

 

2.血管とともに増える疼痛神経細胞

人の毛管は発生の過程で血管の周りに神経も増殖していきます、

このことは多くの論文でも報告されているようで、

疼痛部位に異常神経が増殖しているか調べたら

異常血管が先に出来て、

あとから異常神経が増殖していたようです。

 

このもやもや血管と一緒に増殖する

異常神経は「裸の神経細胞=ミエリンがない神経」

であることが知られています。

 

長引く痛みは「ジンジン」「ズキズキ」

「チクチク」「重い」などと表現されることが多く

裸の神経線維から信号がおくられることで起きる

痛みの感じ方です。

 

 

3.酸素の盗み取られ状態

→血管はあるのに酸素が行きわたらない状態

 

血管があるのに低酸素状態。

 

もやもや血管のような動脈から静脈に

直接流れ込むような血管を

「動静脈短絡」といい、

酸素を奪われた末梢組織は

血管が少ないと勘違いして、

新しい血管を作るように指令を出す

VEGFという物質を作り出します。

 

VEGF(血管内皮増殖因子)

という物質が作り出す

新しい血管も、もやもや血管なので

悪循環が続き、長い期間に渡って

痛みが残存するケースが多くなるようです。

 

 

【もやもや血管を減らす生活習慣】

①有酸素運動

有酸素運動は、体の脂肪組織のタイプを

炎症タイプからノーマルタイプに戻す効果が

報告されています。

 

第3弾の血管シリーズでもお伝えさせて

頂きましたが、活性酸素によって

毛細血管の内皮細胞が損傷することが

わかっています。

 

適度な有酸素運動は抗酸化力も高めてくれるため、

痛みがある方には、

痛み部位にストレスのかからない

有酸素運動を継続していただくことが

炎症を抑えながらもやもや血管を

減少させていくことにつながっていきます。

 

②高カロリー食を止める

ラットレベルの研究段階では、

高カロリー食を継続すると

滑膜や脂肪組織に血管が増え

炎症性に変化し関節変形に

つながってくることが分かっています。

太るから関節が痛むのではなく、

血管が関係して痛みが増加してくることが

分かってきています。

 

③血糖値・糖尿病

もともと糖尿病における

糖尿病性網膜症では

網膜に異常な毛細血管が増え

網膜の本来の機能を低下させている

異常血管が問題になっています。

 

これが腎臓にできれば

糖尿病性腎症となります。

 

では腎臓や網膜以外にも

関節にもそういった異常血管が

できやすいかというと

実際できやすいそうです。

みなさんは臨床で糖尿病の方が

関節の痛みや慢性痛で

悩んでいるのを良く見ていませんか?

 

実際糖尿病になってしまっては

それは医療のレベルです。

 

医師の管理のもと医療的なアプローチが

優先されます。

 

しかし、現代人は糖尿病予備軍

副腎疲労の方々が増加しています。

 

ストレスから暴食・甘い物

血糖上昇→インスリン→血糖低下

→空腹→間食→血糖上昇を

繰り返しています。

 

そういった方々には

ストレスコントロールや

糖質の摂取方法の指導が必要になります。

 

血管と活性酸素でも以前お話ししていますが、

高血糖状態は活性酸素を発生させやすく、

毛細血管にダメージを与えやすいので

末梢循環の低下から、

血管新生ホルモンの分泌、

もやもや血管新生の悪循環に陥りやすいので

糖質や血糖にも注意が必要となります。

 

生活習慣レベルでも予防できることがあるので

栄養や食事の指導を注意できる範囲で行ったり、

安全な有酸素運動を指導することも

自分の痛み治療の効果を上げていくことには

重要となりますので参考にしていただければ幸いです。

 

 

最後まで当協会の公式ブログをお読みいただき、

誠にありがとうございました!

 

それではまた!

今日も一日良い時間をお過ごしください。

 

もしよければFacebookで「いいね」「シェア」を

よろしくお願いいたします。

【もし、この記事が気に入って頂ければシェア・リツイートして下さると幸いです↓】

    

 

【FBページ「いいね」を押すと定期的に最新情報を確認することができます。】

 

 

セミナーのご案内

【心理学×筋膜・経絡・内臓セミナー】

【心理学×栄養学セミナー】

ALLアプローチ協会

【メルマガ登録】

理学療法士-作業療法士-セミナー

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 筋を緩めるのはなぜですか?
  2. ボウストリングの重要性〜症状の戻りを減らせる秘訣とは〜
  3. 【五十肩】右肩外転時の痛みを内臓治療で改善させる方法
  4. 筋膜治療の精度を最大限引き上げる7つの要素とは・・・?
  5. 【大腿骨頸部骨折】筋膜リリース なぜ足部と下腿を治療する必要があるのか?

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    【頭蓋・内臓】発達の過程から考える頭蓋骨と内臓のつながり

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  2. ALLアプローチ協会

    内臓治療の構造的アプローチが必要な2つの理由

    内臓治療がなぜ構造的なアプローチを必要とするのか・・・?From …

  3. ALLアプローチ協会

    坐骨神経痛で見るべき筋膜・骨格・内臓治療とは…?【病態と特徴を踏まえて】

    坐骨神経痛で見るべき筋膜・骨格・内臓治療とは…?【病態…

  4. ALLアプローチ協会

    セラピストのためのエビデンスに基づく「白湯の作り方」

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございます。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

プレミアムコースのご案内

年間コミニティー×オンラインサロン

栄養学プロフェッショナル認定コース

関連サイト

 

 

セミナー案内

最近の記事

マーケティング公式メルマガ

美容テクニック専門の公式メルマガ

心理学専門の公式メルマガ

Facebookページ

インスタグラム

Tik Tok

YouTubeチャンネル

 

 

 

 

 

 

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

スタッフ・仲間募集中

  1. 内臓治療

    なぜ、内臓治療を行った方がいいのか…【内臓調整、テクニック、マニュピレーション】…
  2. ALLアプローチ協会

    【症例報告】胃の治療で「寝違え」の痛みが改善した症例
  3. 健康・体質・栄養

    【小腸インナーアプローチ】小腸内細菌増殖症SIBO 原因と対応策に関して
  4. ALLアプローチ協会

    【経絡・内臓治療】東洋医学における腎臓アプローチ
  5. 山口拓也

    頭蓋仙骨療法における脳脊髄液の基礎・生理学・治療までについて・・・
PAGE TOP