ALLアプローチ協会

【難治性疼痛】なかなか治らない足部痛(前半)

おはようございます。

いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、

誠にありがとうございます。

ALLアプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道です。

本日も、勉強熱心な

理学療法士・作業療法士・柔道整復師・整体師など

セラピストの皆さんに向けて、

明日からの臨床ですぐ使える治療のアイデアや

ヒントをお伝えしていきます。

 

今回は

【なかなか治らない足部痛について:前半】

をお伝えさせていただきます。

 

私は病院の外来整形外科で

インソールを作成する仕事もしていますので、

踵の痛みや足背の痛み、アキレス腱の痛みといった

足部痛の患者様はだいたい私が担当します。

 

よくいらっしゃるパターンの患者様で

今まで1年以上薬を飲んできた

今まで何年も○○院で治療を受けてきた

 

しかし良くならなかったと

訴えてくる患者様がけっこういらっしゃいます。

 

正直めっちゃプレッシャーです(笑)

 

私は接骨院の先生も整体の先生も

カイロの先生も○○療法の先生も

 

みなさん尊敬する先生方がいて

教えていただいているので、

基本的に手技が未熟だとは思っていません。

 

なので

そんな方々に治せなかったと言われて

いらっしゃる患者様には

はなから疑ってかかられる

患者様もいらっしゃいます。

 

ほんとプレッシャーです。

 

先に話しておきます。

私は、アキレス腱炎の患者様で

どうしても治すことができず

インソールを作っても

筋膜にアプローチしても

治すことができなかった患者様がいて

 

とてもとても

悔しい思いをした経験があります。

その方は私のリハビリと平行して

 

アキレス腱炎治療ナンバーワンと言われる

治療院でテーピングや自主訓練を指導され

 

様々な努力をされましたが、

治ることはできず、

結局その治療院も私のリハビリも

終了されてしまいました。

 

整形クリニックに配属されて

最初の年でした。

 

めっちゃ悔しかったです。

 

世の中のブログには良いことばっかり

書いてありますね、

キラキラしていますねSNSの記事は

 

しかし、良くできなかった経験や

悔しさからめっちゃ勉強するケースは

多くあると思います。

 

私もそんな苦い経験から

様々な経験をして今に至ります。

 

最初からできる天才もいるんですかね?

 

インソールを勉強していると

足にはとても愛着があるので

足に対してはとても粘着質な私です。

 

そういった足部痛の長い患者様に

必要なことを最初に話すようになり、

これからご紹介する内容を徹底するようになって

改善される患者様が急激に増えました。

 

その内容は、

 

・最初の説明

・ティーチングとコーチング

・靴の指導

・運動療法

・必要であればインソールです。

 

あくまで目標は

インソール無しで痛みなく

裸足でも生活できることが

目標です。

 

最初の説明でお伝えすることは

いままで整体やマッサージを受けてきて

治らなかったのはなぜだと思いますか?

という話し合いから始まります。

 

その後

治るためには必要なこととして

原因の話をします。

 

症状を作る要因として

筋・骨格系

生活習慣・食生活

環境因子・対人関係

価値観・観念・精神状態

 

という階層関係の話をします。

 

今まで筋・骨格系のアプローチをして

良くなれなかった方には

まず自分を治すための

回復力の話をします。

 

なぜ自分で自分の体を治せないのか?

病院や治療院で1年も治療をして

治れない理由を一緒に考えてもらいます。

 

だいたい答えられない方が多いので

血液の質の話や血流の話をします

 

そもそも足は心臓から遠く、

重力の関係で血流が悪くなりやすく、

末端毛細血管は細くなるため

 

赤血球の質が悪くなると

患部に栄養を送って治すことが

困難になってくることを説明します。

 

では、

なぜ赤血球の質が悪くなるのか?

その原因は水分摂取と食事生活に

あることも丁寧に説明します。

そこで本人に水や食生活の話をすると

だいたい本人にも思い当たることがあるようです。

 

会って問診した時点で

私はだいたいキャラと体系・顔色で

話さなければいけない内容もだいたい浮かんでいる

きがします。

 

みなさんは意識していますでしょうか?

 

病院ではリハビリ職ほど

患者様と一対一で話せる時間が長い

職種はありません。

 

入院でも外来でもダントツで

リハ職が患者様と話せます。

 

ほんとに相手を想って話していれば

20分~40分  話し合いで終わっても

患者様から私はクレームを貰ったことも

ありません。

 

始めが大切です。

 

正直なかなか治れない足部の痛みには

体重+重いものを運ぶ労働環境+栄養の問題が

複合しています。

 

体重の話をするには前置きが大切になります。

その説明をするためには

最初の丁寧な説明が必要です。

 

とくに治れてこなかった方には順序を追って

話していくことが重要となります。

 

逆に痛めたばかりの方には、

リハビリをして1ヶ月で

話をする場合もありますが、

 

相手に必要だと思っていただける

説明能力と

相手に不快な思いをさせない

心づかいが重要になります。

 

当然のことだと思いますか?

これらの説明を丁寧に

人間関係を作りながらすることは

とても大変です。

 

続きはティーチングからコーチングにつなげて

リハビリの内容に納得していただく

流れについて次回の後半で説明

させて頂きます。

 

最後まで当協会の公式ブログをお読みいただき、

誠にありがとうございました!

 

それではまた!

今日も一日良い時間をお過ごしください。

 

もしよければFacebookで「いいね」「シェア」を

よろしくお願いいたします。

 

You tubeチャンネル登録もお待ちしております。

 

ALLアプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道

 

自律神経障害セミナー

【メルマガ登録】
興味のある方は、公式サイトよりご登録お願いします。↓

LINE@登録はこちらから LINE@限定の治療テクニック配信中

 

「いいね」と思った方は、ツイッター・FB等でシェアしてくれますと幸いです↓

 

 

ピックアップ記事

  1. 便秘で困る本当の理由
  2. 緊張性頭痛に対するアプローチポイント・思考方法
  3. 理学療法士が身につけておくべき栄養指導に必要な栄養学(マーガリン編)
  4. 【五十肩】結帯動作の疼痛改善に有効な筋・内臓・頭蓋とは?
  5. セラピストが理解すべき膝関節の構造・機能・評価について

関連記事

  1. 内臓治療

    セラピストのための胸郭アプローチと内臓治療の重要性について

    胸郭アプローチの重要性について・・・From 山口拓也埼玉 越…

  2. 内臓治療

    【内臓治療】胃の解剖的特徴(膜と立体感)

    おはようございます。All アプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道…

  3. ALLアプローチ協会

    【内臓治療】アレルギーに対する内臓アプローチの思考方法

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  4. ALLアプローチ協会

    マニアック肝臓解毒シリーズ「グルタチオン抱合」

    おはようございますall アプローチ協会 鈴木 正道です。本日…

  5. ALLアプローチ協会

    【症例報告・スポーツ】筋・筋膜・運動連鎖・経絡を考慮した回復支援

    おはようございます。All アプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道…

  6. ALLアプローチ協会

    脾臓の解剖学的イメージ【膜】

    おはようございます。 all アプローチ協会 鈴木 正道です。  …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. ALLアプローチ協会

    【難治性疼痛】なかなか治らない足部痛について:後半
  2. ALLアプローチ協会

    【内臓治療】十二指腸の解剖学的特徴とアプローチ
  3. ALLアプローチ協会

    【変形性膝関節症】立ち上がり時の痛みがなかなか取り切れないあなたへ
  4. ALLアプローチ協会

    古傷、事故、外傷の既往が筋・筋膜・疼痛に与える影響
  5. 内臓治療

    本物のセラピストになるために part2
PAGE TOP