ALLアプローチ協会

【頭蓋・内臓】発達の過程から考える頭蓋骨と内臓のつながり

おはようございます。

いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、

誠にありがとうございます。

ALLアプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道です。

本日も、

勉強熱心な理学療法士・作業療法士・柔道整復師・整体師など

セラピストの皆さんに向けて、

明日からの臨床ですぐ使える治療のアイデアや

ヒントをお伝えしていきます。

 

今回は、

 

【頭蓋・内臓】

頭蓋骨と内臓のつながり

についてお伝えいたします。

 

 

頭蓋仙骨リズムに関しては

ALLアプローチ協会のセミナーでは

自律神経障害セミナーでお伝えさせて頂き、

プレミアムセミナーでもまるまる一日ぶっ続けで

実技の日程を用意して

お伝えさせていただいております。

 

セミナーでは頭蓋骨と内臓の関係性も

お伝えしています。

 

解剖的に内臓との関係性が

具体的に明確な部分は少ないですが、

 

その中でもつながりで説明できる

頭蓋・内臓の関係性は少ないと思いますが、

面白い内容を発見したので

お伝えさせて頂きます。

 

内胚葉由来の内胚葉官の中心的かつ

最初の溝である咽頭上端は

蝶形後頭底結合のすぐ後下方にあり、

ここで、咽頭縫線が後頭底に接続しています。

 

内胚葉由来の組織は

咽頭嚢:

咽頭・耳管・鼓室・甲状腺

上皮小体、口蓋扁桃

 

原腸:

気管・気管支、肺の上皮、

食道、胃、腸管、肝臓、胆嚢、膵臓

 

尿膜管:

膀胱、尿道、前立腺、膣

 

これら内胚葉由来の組織がすべて

後頭底からぶら下がっているような構造に

なっています。

 

 

そして、蝶形後頭底結合の軟骨結合は

中胚葉由来で

 

中胚葉由来である腎・尿管や

筋骨格組織、内臓平滑筋、胸膜、

腹膜、心臓、脈管、リンパ系、脾臓、

などとつながりがあります。

 

後頭骨・蝶形骨に内胚葉・中胚葉由来の

つながりがあり、

その蝶形骨に外胚葉由来の下垂体が

乗っているので、

 

このディープフロントラインの

上端部分には全身への影響が

強いことが示唆されます。

解剖学的に残っている頭蓋と内臓の連結としては

一番わかりやすいのが、ディープフロントラインが

胸腔内で心膜を連絡して、最後は内側翼突筋にまで

連結し、最後は蝶形骨に終わる部分です。

 

蝶形骨を調整することでディープフロントライン

の動きに変化を与えることができるので、

私は蝶形骨のアプローチの確認として

股関節屈曲可動域やSLRの重さの感覚などを

患者さんに聞いてみたりしています。

 

セミナーでは右の後頭骨から小腸に対する

アプローチをすることをお伝えしています。

このつながりは内胚葉由来の後頭骨との

連結が関与していると思われます。

 

実際後頭骨にアプローチしていると

小腸の張りが改善したり、

腹部が暖かくなるので

関係性を感じることはできると思います。

 

発生学的なつながりや

筋膜の連結など様々な観点から

人体のつながりを探していくのはとても

面白いですね。

 

 

最後に蝶形骨に対するアプローチです。

 

【蝶形骨に対するアプローチ】

(解剖学)

蝶形骨の周囲には、頭蓋骨の多くが接しており中心部に存在し

ギアのような役割をしている。

蝶形骨の動きを外側の頭蓋骨で制限を起こしている場合が多く、

故に頭蓋仙骨療法をする際は、外側の頭蓋から治療をする必要がある。

蝶形骨の前に前頭骨や側頭骨・後頭骨・頭頂骨・頬骨・上顎骨・顎関節・など

の調整をしてから最後に行います。

最初に蝶形骨の治療をしてしまうと、動きを解放しきれなかったり

もどりにつながってしまいます。

 〈具体的に蝶形骨に接している骨〉

・前方:篩骨と前頭骨

・後方:後頭骨

・側方:側頭骨

・上方:頭頂骨

・前側方:頬骨

・前下方:口蓋骨

 

【蝶形骨が直接及ぼす障害】

蝶形骨と後頭骨が作る蝶形後頭底結合の部分は

頭蓋仙骨リズムにとって硬膜の連結を介して

仙骨とつながる重要な部分となり、

脳脊髄液の運搬にもとても重要な部位となります。 

(蝶形骨の障害による症状一覧)

・片頭痛

・涙腺障害

・アレルギー性鼻炎

・小児の眼精疲労と斜視

・咀嚼筋の硬さを生み出し咀嚼障害を引き起こす

・視覚障害

 

(内分泌の障害)

ホルモン制御の中枢である下垂体は蝶形骨のトルコ鞍にあるため、

蝶形骨は下垂体の機能に影響を与えてしまう。

下垂体を介して視床下部・下垂体・副腎軸(HPA軸)を介した

ストレス抑制システムが機能低下を起こし、

精神面や、行動面に異常をきたすようになったり、

抗炎症能力が低下してしまうこともある。

 

【蝶形骨治療のワンポイントアドバイス】

・蝶形骨の治療は、最後に行うのはもちろんだが

何が原因で悪くなっているかを判断する

(前頭骨の影響なのか?心臓の影響なのか?など・・・)

・蝶形骨のアライメントを3Dで評価して正中位に誘導していく

・圧を強すぎない(蝶形骨の歪みや動きをセラピスト側が止めてはいけない)

 

【まとめ】

・蝶形骨は、できる限り最後に治療を行う

・タッチは繊細に

・蝶形骨が悪いと視覚障害や咀嚼・偏頭痛などが出やすい。

 

 

本日は以上になります。

最後まで当協会の公式ブログをお読みいただき、

誠にありがとうございました!

それではまた!

今日も一日良い時間をお過ごしください。

ALLアプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道

 

LINE@登録はこちらから LINE@限定の治療テクニックプレゼント

追伸

特典盛りだくさんのメルマガ登録はこちらから

理学療法士-作業療法士-セミナー

心理学×筋膜・経絡・内臓セミナーはこちらから

自律神経障害セミナーのご案内はこちらから

自律神経障害セミナー

 

ピックアップ記事

  1. 筋を緩めるのはなぜですか?
  2. 【肩こり治療】 筋・筋膜のつながり、癒着の観点
  3. 目線の動きで自分の身体感覚を上げる方法!!
  4. 【体質アプローチ】腸活の落とし穴 なんでもかんでも腸活でいいわけではない
  5. 【疾患別・自律神経】便秘に対するセルフメンテナンス

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    原因不明の全身倦怠感を改善させる方法

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございま…

  2. ALLアプローチ協会

    コミュニケーションの3つの構成要素(メラビアンの法則)

    こんにちはALLアプローチ協会代表の山口拓也です。…

  3. ALLアプローチ協会

    肩こり(五十肩・四十肩)に対する内臓アプローチ トップ3

    肩こり(五十肩・四十肩)に対する内臓アプローチFrom 山口拓也…

  4. ALLアプローチ協会

    【変形性膝関節症】立ち上がり時の痛みへの対策~運動療法・セルフメンテナンス~

    皆さんこんにちはALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー 渡会…

  5. ALLアプローチ協会

    リウマチに対応できるセラピストになるために

    皆さんこんにちは!ALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー 渡…

  6. 健康・体質・栄養

    酸化したくない人この指とーまれ

    おはようございますall アプローチ協会 鈴木 正道です。本日…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. ALLアプローチ協会

    【腰痛治療】腰椎圧迫骨折の痛みを改善させる方法~後頭下筋~
  2. ALLアプローチ協会

    肺治療の効果を倍増させる5つの方法とは?
  3. ALLアプローチ協会

    下肢外側の痺れに対する筋膜・運動連鎖アプローチ
  4. 渡会賢太

    【脊柱治療】脊柱の問題は脊柱にはない!?
  5. 内臓治療

    内臓治療 心臓編 【生理学 テクニック マニュピレーション 効果】
PAGE TOP