ALLアプローチ協会

【骨格調整】脚長差が体に及ぼす影響(腰痛)(股関節痛)

おはようございます。

いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、

誠にありがとうございます。

ALLアプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道です。

本日も、勉強熱心な

理学療法士・作業療法士・柔道整復師・整体師など

セラピストの皆さんに向けて、

明日からの臨床ですぐ使える治療のアイデアや

ヒントをお伝えしていきます。

今回は

【骨格調整】アプローチ(腰痛)(股関節痛)

脚長差を作り出す要因についてお伝えいたします。

 

今日は脚長差について

お伝えしたいと思います。

 

みなさん脚長差に関して

いつもどう考えていますか?

 

私は普段インソールも作るので

とても気にしていますし、

 

わずかな脚長差でも

確実に歩行に影響が出たり、

重心の位置に変化が生じたりします。

 

正直術後の脚長差の出方には

いつも驚いています。

こんなに脚長差出ちゃうもん?

 

と思い、いつもレントゲンで確認したり

棘下長・転子下長を計測してみたりしますが、

 

骨の長さの左右差が出すぎている場合

どうしようもありません。

医師がどれくらいの脚長差なら

問題がないと考えているのか

手術を行う病院の医師の考えも

様々だと思います。

 

実際、変形性股関節症の患者様の

筋が長期間短縮した状態の股関節に

人工骨頭で左右差を整えるように

挿入した場合、筋がパツパツで

股関節の運動制限が著明に

出現することは予想できます。

 

しかし、その予想をさらに超えて

術側の方が脚長が長くなって

戻ってくるケースも時折みられます。

 

その意図は?その理由は?

昔からどうしてこんなに脚長差が

ある状態で完了するのだろうと

いつも感じていました。

 

しかし、どちらにせよ

自分の目の前にいる患者様に

脚長差がみられるようであれば

その理由を評価する必要は

大きいです。

 

実際脚長差が出る理由を

どの程度知っているかで、

その脚長差がどの程度改善できる

脚長差であるか

判断や予測が立てられます。

 

その脚長差が骨の脚長差か

機能的脚長差であるか

精査することもなく

脚長差を調整してしまうと

今後機能的脚長差が改善してきた時に

その補高をした靴が、機能改善を

邪魔してしまう可能性もあります。

 

 

そして、実際補高を靴で調整する際には

いつもどうしていますか?

まさか装具士にお任せしていませんか?

高さはどうしますか?と

装具士に尋ねられた時に

「このくらい?」

とか答えていませんか?

 

きちんと1mm単位

0.5mm単位

0.2mm単位で評価をしておきましょう。

 

いつもインソールを作っていて

6mmの素材を削って

作成していますが、

よくよく考えて

この厚さで6mmか

とふと思います。

6mmってめっちゃ分厚いですよ!

靴の中に雑な物入れると

とても違和感になりますし、

1mmの誤差、0.5mmの誤差が

歩行に影響することを

きちんと体感したり

スタッフで実験することはとても

重要なことです。

一度はやっておいてください。

 

 

《機能的脚長差・脚長差の補償方法》

【股関節・骨盤・脊柱】

・寛骨の前後傾による脚長差・補償

寛骨が後傾することによって

股関節臼蓋が頭側へ引き上げられることで

後傾側は脚長が短縮します。

 

そして反対に

寛骨が前傾することによって

股関節臼蓋が尾側へ変位することで

前傾側は脚長が長くなります。

 

本によっては元々

人は右の内臓が重く、

体幹が右側屈しやすいために

右寛骨前傾、左寛骨後傾アライメントが

本来のアライメントとし、

多くの人が右脚が長く、左短縮傾向に

あると説明している物もあります。

 

しかし、まったく逆で書いてある文献

あるのであくまで参考までに。

 

・大腿骨頭・臼蓋間における脚長差

この部分で脚長差を作っても

補償で使うパターンはあまり見かけませんが、

片麻痺の非麻痺側や

股関節術側の過緊張で見られやすい

脚長差です。

主に中殿筋や小殿筋の過緊張や

大腿直筋の過剰収縮で起きているケースが

多いと思われます。

 

変形性股関節症では骨頭・臼蓋間の隙間が

消失することで脚長差を生じやすいですが、

 

股関節深部筋の過緊張でも

生じることがあるので見落とさない

ようにすることが重要です。

 

見つけやすいのは脊柱の側弯による

前額面における骨盤の傾きですが、

その背景にある寛骨の前後傾、

大腿骨頭・臼蓋間の問題を

見落とさないようにしましょう。

 

【膝関節】

膝関節では内外反による脚長差が

すぐに見つけやすくなりますが、

必ず内外反には内外旋の問題も

同時に起こっていることに

注意する必要があります。

 

【足部】

足部では距骨下関節による

脚長差や足部アーチの脚長差が

起きやすい部位になります。

また、足部からの運動連鎖により、

膝関節の内外反を作ったり、

骨盤の回旋を生み出したり

全身への影響も強いため

足部の評価はきちんとできると

その足部のアライメントは

崩れているのか、補償しているのか

考えることができるようになります。

 

・距骨下関節における脚長差

 

・足部アーチに関して

 

 

本日は以上になります。

最後まで当協会の公式ブログをお読みいただき、

誠にありがとうございました!

それではまた!

今日も一日良い時間をお過ごしください。

 

もしよければFacebookで「いいね」「シェア」を

よろしくお願いいたします。

 

You tubeチャンネル登録もお待ちしております。

 

ALLアプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道

 

【もし、この記事が気に入って頂ければシェア・リツイートして下さると幸いです↓】

    

 

LINE@登録はこちらから LINE@限定の治療テクニックプレゼント

追伸
特典盛りだくさんのメルマガ登録はこちらから↓

理学療法士-作業療法士-セミナー

自律神経障害セミナーのご案内はこちらから↓

自律神経障害セミナー

腰痛改善テクニックセミナー

ピックアップ記事

  1. 【内臓アプローチ】胃の形と動きを勘違いしていました!
  2. 魔法の脳内伝達物質エンドルフィンを治療に生かす方法とは・・・?
  3. 【栄養指導・たんぱく質 パートⅢ】 セラピストのタンパク質指導
  4. 【内臓治療セミナー事前学習】 肝臓アプローチのイメージをより明確にする 前半
  5. セラピストの枠

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    【症例報告】内臓治療 胃の調整が膝折れの改善につながった症例

    皆さんこんにちは!ALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー 渡…

  2. ALLアプローチ協会

    脳脊髄液(CSF)の循環に関する「最新論文」情報について

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  3. ALLアプローチ協会

    【変形性膝関節症】立ち上がり時の痛みへの対策~実技編~

    皆さんこんにちは♪ALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー 渡…

  4. 山口拓也

    大殿筋解剖学的特徴・治療&足関節解剖学的特徴・治療について

    大殿筋解剖学的特徴・治療&足関節解剖学的特徴・治療について皆さん …

  5. 内臓治療

    頭痛に対する基礎・基本と筋膜・内臓・頭蓋仙骨療法

    頭痛に対する基礎・基本と筋膜・内臓・頭蓋仙骨療法from 山口拓也…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

関連サイト

 

 

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. ALLアプローチ協会

    肝臓治療における「五行色体表」の活用
  2. ALLアプローチ協会

    内臓治療の負荷・禁忌について【好転反応‐マニュピレーション】
  3. ALLアプローチ協会

    【内臓治療】脾臓治療の効果を最大化するマル秘テクニックとは?
  4. 内臓治療

    【内臓治療セミナー事前学習】 心臓アプローチに必要なイメージをより明確する
  5. ALLアプローチ協会

    【症例報告】内臓治療 胃の調整が膝折れの改善につながった症例
PAGE TOP