ALLアプローチ協会

ここで再確認!頭頸部後面ランドマーク・後頭下筋群の触診

ALLアプローチ協会 触診大好きセラピスト ブル と申します。

本日は1~3年目の新人セラピストの先生方に向けて

 

「ここで再確認!頭頸部後面ランドマーク・後頭下筋群の触診」

 

というテーマでお伝えしたいと思います。

もう知っているという方は復習にご活用頂ければ幸いです♪

 

前回の動画では頭痛と後頭下筋群との関係を

解剖学の視点からお伝えさせて頂きました。

今回は後頭下筋群を評価アプローチしていくために必要な

触診についてです。

頭頚部後面のランドマーク後頭下筋群の触診方法

についてお伝えしたいと思います。

 

前回の動画やブログと併せて読んで頂くと

より理解が深まるかと思いますのでぜひ♪

前回の動画・ブログはこちらから↓

ブログ:https://bit.ly/3dd0lcQ

 

本日の目次

1、 頭頚部後面のランドマーク触診手順

2、 後頭下筋群の位置・深さ(後方・側方から確認)

3、 後頭下筋群の触診手順

 

筋の触診をするときはランドマークが確認できると

より早く正確に目的とした筋にたどり着くことができます。

ですので、

まずは頭頸部後面のランドマークの触診について確認していきますね。

 

【頭頸部ランドマークの触診】

〇頭頸部後面ランドマーク

乳様突起

第1頸椎の横突起

外後頭隆起棘

第2頸椎の突起

 

〇乳様突起
ここはわかりやすいです。

耳の穴のすぐ後ろやや下にボコッと出ている

親指くらいの隆起が乳様突起です。

ちなみに乳様突起は側頭骨♪

ここに停止をもつ胸鎖乳突筋は有名ですね。

 

〇外後頭隆起

これもわかりやすいです。でも言葉では少し伝えづらい・・・

後ろからみて正中線上 かつ 両耳の穴の高さが交わる点にある

後尾方に突出している隆起が外後頭隆起です。

正中線上に尾方から頭方に向かって圧迫していくと触知しやすいですよ♪

 

〇第1頸椎の横突起

まず乳様突起を触診します。

そこからほんの少し下方(1横指)かつ、やや前方に位置しています。

痛みが出やすい場所なので優しく触ってください。

胸鎖乳突筋の下に位置しているので、

探すのに必死でついつい強く押してしまいがちなのですが

ここは「待ち」です。ゆっくり指が受け入れられるのを待ちます。

そうすると外側に向かって突出している隆起が確認できると思います。

 

〇第2頸椎の棘突起

外後頭隆起を下にたどっていくと、中心部で次に触れる隆起がそれです。

他の頸椎棘突起に比べて比較的大きく触知しやすいです。

 

ちなみに第1頸椎の後結節を触診するときは

この第2頸椎の棘突起をランドマークにして

その一つ上の突起を触察します。

ただし、第1頸椎の後結節は触知できないことも多いですので、

そういったときは第2頚椎の棘突起のすぐ頭方にある窪みを

仮の指標にしてもよいと言われています。

 

以上がランドマークの確認方法ですのでぜひ参考にしてみて下さいね♪

動画でご覧になる方はこちらから↓

 

では次に後頭下筋群の触診についてです。

 

【後頭下筋群の位置・深さ(後方・側方から確認)】

後頭下筋群は後頭筋の深層に位置しています。

表層には頭半棘筋 僧帽筋が位置していますので

その深さをイメージしながら触診することが重要です。

 

また横からみると、面白いですよ♪

お手元の解剖学書やアプリでみてほしいのですが、

上頭斜筋と下頭斜筋は前後方向に向かって走行しているのが

わかるかと思います。

後からだとこの走行のイメージは捉えにくいですよね。

こういった3Dでイメージできると、

触診やアプローチの際に触れる場所や圧迫する方向が

自分なりに工夫できるようになります♪

ここでしっかりイメージできるようにしておいてくださいね!

 

それでは次に触診の手順に移りますね

 

【後頭下筋群の触診手順】

〇ランドマーク

乳様突起

外後頭隆起

第1頸椎の横突起

第2頚椎の棘突起

〇後頭下筋群の触診手順

まず補助線を想定します。

この補助線は

側頭骨の乳様突起の下端から3横指頭方の部位から外後頭隆起を結ぶ線です。

後頭骨の上項線の位置にあたります。

上項線部は山になっているので、

指を当てて上下に触察すると確認できます。

この補助線を指標にして以下の筋を触察していきます。

 

〇大後頭直筋の触察

起始:第2頸椎棘突起

停止:後頭骨(下項線の中央1/3)

補助線1の中央1/3の領域と第2頸椎の棘突起を結ぶ三角形の領域

を確認します。

この領域の上部の一部を除いた領域が大後頭直筋の位置になります。

大後頭直筋は厚い頭半棘筋に覆われています。

 

〇小後頭直筋の触察

起始:C1(後結節)

停止:後頭骨(下項線の内側1/3)

補助線1の内側1/3の領域と第1頸椎の横突起を結ぶ三角形の領域

を確認します。

この領域の上部の一部を除いた領域が小後頭直筋の位置に相当します。

小後頭直筋は、厚い頭半棘筋に覆われています。

また余談ですが、

この小後頭直筋は結合組織を介して脊髄硬膜とのつながりがある

との報告もあります。

つまり小後頭直筋から硬膜へ間接的にアプローチできる可能性

が示唆されています。

 

〇上頭斜筋の触察

起始:C1(横突起)

停止:後頭骨(下項線の中央1/3、大後頭直筋の停止の上方)

補助線1の中央1/3の領域と第1頸椎の横突起を結ぶ領域を確認します。

この領域の上部の一部を除いた領域が上頭斜筋の位置にあたります。

前後方向に走行するイメージをもって触察してくださいね。

 

〇下頭斜筋

起始:C2(棘突起)

停止:C1(横突起)

新たな補助線を想定します。

この補助線は第1頸椎の横突起と第2頸椎の棘突起を結ぶ線です。

この補助線が下頭斜筋の位置にあたりますので、

これを指標にして前内側に圧迫して触察します。

 

ちなみに大頭後直筋 上頭斜筋 下頭斜筋に囲まれた三角形の間隙

後頭下三角といい

ここから

椎骨動脈と後頭下神経が観察できます。

重要な部位なのでココでイメージできるようにして下さいね♪

本日は

頭頚部後面のランドマーク触診後頭下筋群の触診方法

についてお伝えしました。

 

この記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

 

本日は以上になります。

最後までお読み頂き、本当にありがとうございましたm(__)m

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 便で簡単健康チェック
  2. 肝臓治療における五行の活用 「相乗」 「相侮」
  3. 足底腱膜の重要性について【解剖‐役割‐痛み】
  4. 【内臓治療】内臓のマルチタスク・内臓治療の禁忌と留意について
  5. 本を読むときは、速読すべし(効果・実践・ノウハウについて)

関連記事

  1. 五十肩

    ここで再確認!肩甲骨ランドマークの触診方法

    ALLアプローチ協会 触診大好きセラピスト ブル と申します。&n…

  2. ALLアプローチ協会

    痛みの原因と分類を基礎から学び臨床に活かす(末梢神経・脊髄・脳)

    痛みの原因と分類を基礎から学び臨床に活かすfrom 山口拓也整…

  3. ALLアプローチ協会

    前脛骨筋の解剖学的特徴+アーチの基礎を解説【血管、神経、アーチについて…】

    前脛骨筋の解剖学的特徴【血管、神経、アーチについて…】From…

  4. ALLアプローチ協会

    知るだけで治療効果があがる内臓治療の基礎知識

    みなさん、こんにちは。ALLアプローチ協会 代表 山口拓也です。…

  5. 触診術

    四頭筋で唯一〇〇!?大腿直筋の機能解剖と触診方法

    皆さん こんにちはALLアプローチ協会 触診大好きセラピスト ブル と…

  6. ALLアプローチ協会

    【変形性膝関節症】立ち上がり時の痛みがなかなか取り切れないあなたへ

     皆さんこんにちはALLアプローチ協会 山口拓也です。本日も当…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

プレミアムコースのご案内

年間コミニティー×オンラインサロン

栄養学プロフェッショナル認定コース

関連サイト

 

 

セミナー案内

最近の記事

マーケティング公式メルマガ

美容テクニック専門の公式メルマガ

心理学専門の公式メルマガ

Facebookページ

インスタグラム

Tik Tok

YouTubeチャンネル

 

 

 

 

 

 

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

スタッフ・仲間募集中

  1. 理学療法士-作業療法士-セミナー

    ALLアプローチについて

    ALLアプローチ協会の仲間(スタッフ)募集中‼︎
  2. ALLアプローチ協会

    内臓治療を患者様から怪しまれずに上手く説明するには?
  3. ALLアプローチ協会

    セラピストのためのエビデンスに基づく「白湯の作り方」
  4. ALLアプローチ協会

    骨盤の評価方法【筋膜・骨盤治療の重要性・内臓との関連】
  5. ALLアプローチ協会

    【筋膜治療】全筋膜ラインのまとめとその活用方法
PAGE TOP