ALLアプローチ協会

しゃがみ動作での膝の痛みを改善させるには?

いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、

誠にありがとうございます!

ALLアプローチ協会 

テクニカルトレーナー 渡会賢太です。

本日も、

勉強熱心な理学療法士・作業療法士・

柔道整復師・整体師

などのセラピストの皆さんに向けて、

明日からの臨床ですぐ使える

治療のアイデアやヒントをお伝えします。

 

今回は、

「しゃがみ動作での膝の痛みを改善させるには?」

というテーマでお伝えします。

 

膝の靭帯損傷半月板損傷、

変形性膝関節症、TKA骨切り術後の患者さんなど、

膝の疾患がある方で、

歩行や階段などは痛みなく行えるようになっても、

どうしてもしゃがみ動作の痛みが、

なかなか改善しない方って、

いませんか?

 

比較的若い方で、

復職希望がある場合や、

高齢の方でも、

植木が趣味で、

「しゃがめるようになりたい!」

という希望がある方も、

臨床ではよくいらっしゃいます。

 

しゃがみ動作は、

かなり膝の屈曲可動域を要するので、

難しいように見えますが、

筋と関節のアプローチで、

しゃがみ動作での痛み改善へと、

繋げることができます。

 

そこで今回は、

特に重要な、

筋をご紹介いたします。

 

と、その前に、

まずは、

「しゃがみ動作の膝痛を改善させる考え方」

を解説していきますね。

 

【しゃがみ動作の運動学的特徴】

しゃがみ動作は、

「膝の深屈曲」

が求められることは、

当然分かると思います。

もちろん膝の問題もありますが、

膝以外の動きにも着目することで、

膝の痛みの改善の可能性が、

一気に広がります。

 

特に注目していただきたいのが、

「股関節」、「足関節」、「下腿」、「足趾」

の動きです。

足関節はさらに、

「距骨下関節」、「距腿関節」に分かれ、

特に「距骨下関節」の動きが、

かなりしゃがみ動作には重要になってきます。

 

では、

しゃがみ動作時の、

それぞれの関節の動きを、

おさらいしていきますね。

 

<股関節>

股関節は、

「深屈曲・外転・外旋」の動きが基本形になります。

人によって、

特に女性の場合は、

「内転・内旋位」で行う方もいます。

内転位で行う方の原因となりやすい筋はありますが、

ややこしくなるので、

今回は割愛して。

基本形は、

「股関節深屈曲・外転・外旋」

になります。

 

<足関節>

距腿関節は、

「背屈」で、

距骨下関節は、

「回内(外反)

という動きをします。

 

<下腿>

下腿の動きには、

「回旋」、「前後」、「側方」

の3つの動きがありますが、

しゃがみ動作では、

「下腿内旋・後方移動・内側方移動」

という動きをします。

 

<足趾>

基本的には伸展の可動域が必要ですが、

特に、

「母趾」の可動域が求められ、

内側縦アーチの長さが重要になってきます。

 

基本的には、

上記で挙げた動きの制限因子となる筋が、

しゃがみ動作の痛みの原因になっていることがほとんどです。

 

では具体的に、

「どのような筋が制限因子となりやすいのか?」

代表的な筋をご紹介いたします。

 

  後脛骨筋

この筋は、

「足関節底屈・内転・内反」

に作用する筋です。

後脛骨筋が伸張することで、

「距骨下関節回内(外反)」、「距腿関節背屈」

がしやすくなります。

特に、

「距骨下関節」の動きには、

とても関与している筋で、

この筋の滑走性を引き出すだけで、

しゃがみ動作の膝の痛みが改善するケースは、

臨床上非常に多いので、

まずはチェックしておきたい胃筋です。

 

  長母指屈筋腱・長趾屈筋腱

この筋()が短縮もしくは滑走不全を起こすと、

「足趾屈曲」

に作用または拘縮がおきます。

この筋()が伸張または滑走性改善されると、

「足趾伸展」の可動域が拡大し、

結果、しゃがみ動作がしやすくなり、

痛み改善に繋がる場合があります。

治療のポイントは、

足根骨~足趾にかけての部分で、

足趾間に癒着が起きているケースが多いので、

そこを狙うといいでしょう。

 

  長内転筋・内側広筋

短縮すると、

長内転筋⇒股関節内転

内側広筋⇒膝関節伸展、下腿前方移動

にそれぞれ作用します。

これらの筋が伸張できると、

股関節外転、膝関節屈曲、下腿後方移動

の動きがしやすくなり、

結果的にしゃがみ動作の膝痛の改善に、

繋がるケースがあります。

特に治療のポイントとしては、

「内側広筋と長内転筋の交点」

に硬結が出来やすいため、

そこを緩めることで、

結果が出やすいです。

触診方法は、

「大腿骨の内側上顆から

大隊内側の中央線上を1~4横指の間」に、

硬結が出来やすいので、

実践してみてください。

 

  腓腹筋内側頭

この筋が短縮すると、

「足関節底屈」

そして、

「股関節内旋」=大腿骨に対して⇒「下腿外旋」

に作用します。

この筋が伸張できると、

「足関節背屈」、「下腿内旋」がしやすくなり、

結果、しゃがみ動作がしやすくなり、

痛み改善に繋がる場合があります。

治療のポイントとしては、

「腓腹筋内側頭の起始部」

に硬結が出来やすいので、

そこを緩めるといいでしょう。

 

【まとめ】

今回は、

「しゃがみ動作時の痛み」

への治療のヒントとアイデアをお伝えしました。

ポイントは、

「しゃがみ動作時の運動学的特徴」

を、

「足関節・股関節・足趾・下腿」

に分けて捉えて、

短縮すると動きの制限になる筋を、

評価・治療することで、

痛み改善に繋がりますので、

是非臨床で活用してみてくださいね♪

 

それでは、

本日も最後まで当協会のブログをお読みいただき、

誠にありがとうございました!

ALLアプローチ協会 テクニカルトレーナー 渡会 賢太

【コラボセミナー】
先着20名様限定

【心理学×筋膜・経絡・内臓セミナー】

セミナー

 

【メルマガ登録】
興味のある方は、公式サイトよりご登録お願いします。↓

LINE@登録はこちらから LINE@限定の治療テクニック配信中

「いいね」と思った方は、ツイッター・FB等でシェアしてくれますと幸いです↓

「いいね」と思った方は、ツイッター・FB等でシェアしてくれますと幸いです

ピックアップ記事

  1. ネットワークビジネスのメリットとデメリットとは‥?理学療法士のあなたへ‼︎
  2. 筋膜治療の精度を最大限引き上げる7つの要素とは・・・?
  3. メルマガ登録・ライン@登録 豪華無料特典あり
  4. 腸腰筋リリーステクニックの精度と効果を上げる3つのポイントとは?
  5. 内臓の機能・役割・システムを全解説‼︎ 内臓アプローチをうまく使うためのコツ

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    腰痛といえば、腸腰筋アプローチ(触診・機能・役割)

    from 山口拓也整体院 デスク よりいつもALLアプローチ協…

  2. 健康・体質・栄養

    【血管アプローチ】下肢の血流を改善する7つのポイント

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  3. ALLアプローチ協会

    セラピストのための体質改善してもらう考え方・アプローチ・指導

    体質改善アプローチの考察from 山口拓也横浜 スタバ より…

  4. ALLアプローチ協会

    経絡応用編 人のあり方と経絡・内臓

    おはようございます。allアプローチ協会 鈴木 正道です。  …

  5. ALLアプローチ協会

    頭蓋仙骨療法重要 排液システム

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  6. ALLアプローチ協会

    【筋膜アプローチ】トリガーポイントのおさらいと使用方法について

    トリガーポイントのおさらいと使用方法についてfrom 山口拓也…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

関連サイト

 

 

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. セルフメンテナンス

    【自律神経アプローチ】自律神経セルフケアの重要性
  2. ALLアプローチ協会

    【内臓治療】セラピストが最低限知るべき膵臓の知識
  3. エネルギー療法

    【超上級者向け】写真を使って離れた場所にいる人の遠隔治療
  4. ALLアプローチ協会

    ALLアプローチ協会

    ALLアプローチ協会 Skype特別コンサル【経営‐週末開業‐チラシ】
  5. ALLアプローチ協会

    胸骨治療の重要性【リンパ・メンタル・自律神経への関与】
PAGE TOP