ALLアプローチ協会

蛋白質の選び方と注意点(動物VS植物)

おはようございます。

all アプローチ協会 鈴木 正道です。

今日は、理学療法士、作業療法士、柔道整復師の方へ向けて

改めて、

たんぱく質についてお伝えさせていただきます。

たんぱく質、みなさんは当たり前すぎてその大切さを説明できずに軽くみていませんか?

【たんぱく質って】

筋肉や内臓、皮膚、爪、血液など、さまざまな部位を作る成分になります。

また、代謝や消化などの役割がある酵素やホルモンを作ったり、

神経伝達物質の成分になって脳の働きを活性化したりします。

ほかにも、免疫機能に関与したり

糖質や、脂質が不足していると1g当たり4kcalのエネルギーを生む出す。

めっちゃ大切な栄養ですね!

 

【どれくらい摂取が必要?】

タンパク質は、1日の摂取エネルギーの15%を目安に摂取しましょう。

→一般成人にとって1日に体重1kgあたり1gのタンパク質が必要

→高齢者は消化能力が落ちているためこれで足りているとは限らない

【たんぱく質の含有量と食品の目安】(100g当たりのたんぱく質含有量)

マグロ赤身26.4g

鶏ささみ23.0g

プロセスチーズ22.7g

紅鮭22.5g

豚モモ(赤身)22.1g

牛ヒレ(赤身)19.1g

納豆16.5g

鶏卵12.3g

木綿豆腐6.6g

牛乳3.3g

 

【良質なたんぱく質とは?】

人間の体は20種類のアミノ酸からできていて、9種類は体内で合成出来ないため食べ物から摂取する必要がる。食品に含まれるアミノ酸はの配合バランスによっては一部しから体に使われなくなってしまう。

食材のアミノ酸バランスが最も理想的なとき、その食材のアミノ酸スコアが100であり、良質なタンパク質であると言える。

アミノ酸スコア

精白米:65

大豆:86

牛乳・鶏卵・肉・魚:100

さらに、食べた物がすべて吸収できるわけではないため吸収率も大切となる。

たんぱく質利用率

精白米57%

大豆61%

牛乳82%

牛肉67%

魚80%

鶏卵94%

 

【植物性たんぱく質VS動物性たんぱく質】

植物性たんぱく質

植物に含まれるたんぱく質のことを植物性たんぱく質と言う。

植物性たんぱく質は大豆たんぱく、小麦タンパクの2種類に分類される。

植物性たんぱく質は油脂をほとんど含んでいないため、低脂肪、低カロリー

植物性たんぱく質に偏り過ぎた食事は必須アミノ酸を取りきれないリスクがある(アミノ酸スコア低め)

 

動物性たんぱく質

肉や魚などの同部からとることができるたんぱく質を動物性たんぱく質という。

ホエイ、カゼイン、卵白の三種類が動物性たんぱく質に分類される

動物性たんぱく質の良いところは必須アミノ酸のバランスが良い。(アミノ酸スコア100)

 

どっちを食べたらいいの?

必須アミノ酸の摂取を考えれば当然動物性たんぱく質をとるべきである。

事実、高齢者では肉を食べなさ過ぎて低栄養や底アルブミンの症状をきたしているケースが増えている。

動物性たんぱく質は消化・吸収の過程で窒素・アンモニアを発生させ、肝・腎に負担をかける。

乳製品に関しては日本の成人には乳糖を分解するラクターゼが少なくなるため消化にも悪い。

また動物性たんぱく質は腸内細菌の悪玉菌の餌となり、過剰摂取は腸内環境の低下→免疫機能・排毒能力の低下につながる。

 

植物性たんぱく質はアミノ酸スコアで劣るものの

大豆製品はイソフラボンやβカロテン、フラバノールといったファイトケミカル(抗酸化作用・免疫UP)を含んでいる

食物繊維を摂取することで腸内細菌の善玉菌の餌となり、腸内環境を改善させ→免疫機能・排毒作用の向上につながる。

 

結局、

どちらにも長所、短所がありどちらが良いといったわけではない。

遺伝的に言えば農耕民族である日本人には

食植物性たんぱく質の方が体質や腸の形状には合っている。

メタボ健診が開始された時には肉を減らすことが指導されてきたが、

近年では肉と魚がは1対1の割合でとることが進められる。

消化の負担を考えれば昼食を肉に、夜は魚が望ましい。

動物性・植物性はバランス良く、体調に合わせて調整する必要があります。

便が臭かったり、お腹の調子が悪い時は動物性たんぱく質は控えるようにしましょう。

たんぱく質不足が疑われる場合は、血液検査を受けるなどして医師・栄養士にも相談しましょう。

 

ではやはり肉は食べたほうがいいんですよね?

先生?

と言われたみなさんはどう答えますか?

極端な話をすれば、「肉にしかない栄養素」など存在しないと答えます。

たしかにアミノ酸スコアで言えば肉は100です。

しかし、魚を食べても100です。

米や、豆は単体ではアミノ酸スコアが100にはなりませんが、

一緒に食べると特定の必須アミノ酸を補いあうため

アミノ酸スコアも動物性食品に勝るとも劣らないタンパク源となります。

その他にも

肉に豊富な亜鉛や鉄のミネラルも

栄養の基本「まごわやさしい」を食べていれば十分カバーできます。

肉はあくまで嗜好品としてとらえていただいても構わないと思われます。

若い人は付き合いもあるため無理な制限をせず、

腸内環境の評価(便の性質の評価)

をしながら調整していきましょう。

栄養に力を入れ過ぎて、社会的交流を失わないような注意も必要です。=社会的健康

 

たんぱく質に対する知識は整理できましたでしょうか?

 

関連記事

セラピストが最低限知るべき栄養素 ↓

goo.gl/YN7vhA

腸内細菌育てましょう↓  

goo.gl/XnDRUS

今日も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

今日も一日良い時間をお過ごしください。

 

追伸
栄養学、内臓・頭蓋治療、筋骨格手技、運動療法、経絡、エネルギー治療、メンタルアプローチ、心理学を掛け合わせた内容について、ALLアプローチ協会公式メルマガにて配信しております。
興味のある方は、公式サイトよりご登録お願いします。↓

理学療法士-作業療法士-セミナー

セミナーのご案内
いよいよ【心理学×筋膜・経絡・内臓セミナー】が開催されます!
心理学とすべてのテクニックを掛け合わせた最先端の技術セミナーを学べます!
テクニックだけではなくメンタルアプローチや人生の価値基準の高め方なども学びるセミナー。
以下がセミナー詳細です! 

ALLアプローチ協会

ピックアップ記事

  1. 肝臓治療における「五行色体表」の活用
  2. 認知的不協和テクニック【 簡単に相手の信頼を得られる方法!】
  3. 内臓治療におけるシワよせ ~大腸・肝臓編~
  4. 意外と知られていない頭蓋仙骨療法テクニックの部位とは?
  5. 冷え性に対する筋・筋膜アプローチ

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    【症例報告】下腿外側のシビレが運動連鎖のつながりで、8割以上改善した症例

    皆さんこんにちは♪ALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー 渡…

  2. セルフメンテナンス

    赤血球の質と冷え性・血流障害

    おはようございます。all アプローチ協会 鈴木 正道です。本…

  3. ALLアプローチについて

    肝臓治療における五行の活用 「相乗」 「相侮」

     おはようございます。  オールアプローチ協会  鈴木…

  4. ALLアプローチ協会

    【腰痛治療 パートⅠ】腰痛に対して、運動連鎖を理解して筋膜を治療する

    おはようございます。All アプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道…

  5. ALLアプローチ協会

    【腰痛】【痺れ】下後鋸筋と腰痛・痺れの関連性

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  6. ALLアプローチ協会

    坐骨神経痛の運動学的視点から改善させる方法

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございます。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. ALLアプローチ協会

    浮腫に対しての内臓治療アプローチ
  2. ALLアプローチ協会

    【大腿骨頸部骨折】筋膜リリース なぜ足部と下腿を治療する必要があるのか?
  3. 渡会賢太

    【経絡治療】経絡調整3つのテクニック公開!
  4. 山口拓也

    ディープフロントライン(DFL)基礎・基本 アナトミートレイン 治療の応用まで!…
  5. 健康・体質・栄養

    【小腸インナーアプローチ】小腸内細菌増殖症SIBO 原因と対応策に関して
PAGE TOP