ALLアプローチ協会

どうしても取れない腹部の硬さを取りきる3つのポイントとは?

いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、

本当にありがとうございます!

ALLアプローチ協会 テクニカルトレーナー

渡会 賢太です。

本日も、

勉強熱心な理学療法士・柔道整復師・整体師など

セラピストの皆さんに向けて

明日からの臨床ですぐ使える治療のアイデアやヒントを

お伝えします。

 

今回は、

「どうしても取れない腹部の硬さを取りきる3つのポイントとは?

というテーマでお話していきます。

 

腰痛治療などで、

大腰筋や横隔膜など、

腹部の深部筋に対してアプローチをすることで、

腰痛が改善する方は、

臨床上多いと思います。

しかし、

この筋にアプローチがしたくても、

腹部があまりにも硬すぎて、

筋腹まで指が届かない!

と、

困ってしまうことってあると思います。

無理に力を入れて指を押し込んでも、

患者さんが痛がってしまったり、

なんとか筋腹まで触れても、

力み過ぎて触診の感覚が分かりづらくなり、

治療の精度が落ちてしまう。

 

原因が大腰筋だと分かっていても、

十分に治療が出来ていないので、

治療の成果がイマイチ出てこないといったことに

なってしまいます。

これは非常に勿体ないと思います。

ただ単に、

自分の指が痛くなったけですよね()

 

そこで今回は、

どうしようもないくらいに、

硬くなってしまっている腹部を、

改善させるアイデアとヒントを、

お伝えします。

 

それは、

ある3つの部位に対してアプローチすることで、

ほとんどの患者様で、

驚くほどに腹部がゆるゆるに緩めることができます。

「では、その3つの部位とはなにか?」

解剖学的な特徴と私の臨床経験を基に、

シェアしていきます。

 

  小腸

大腰筋などの深部筋を触診していく際に、

実際には、

小腸を介して触れていることになります。

そのため、

小腸自体が硬くなってしまうと、

なかなか大腰筋など深部筋に触れるのは、

困難になってしまいます。

つまり、

小腸に対してアプローチを行うことで、

腹部の硬さが緩和し、

触診や治療がしやすくなります。

また、

小腸は腹膜と、

筋膜を介して繋がっているので、

小腸の動きを出すことで、

後腹膜の緊張も緩和され、

深部筋が触診しやすくなる。

といった面もあります。

なので、

小腸をしっかりと緩めておくことは、

大腰筋などの深部筋にアプローチする上で、

とても有効であると思います。

 

  後頭骨

頭蓋骨が、

腹部の硬さに影響していることが、

臨床上非常に多いです。

特に、

「後頭骨」の動きを出していくことで、

一気に腹部が緩むなんてことが、

よく診られます。

 

また、

右の後頭骨と小腸は、

頭蓋×内臓の関連性のつながりがあるので、

後頭骨の調整で小腸の硬さが改善されて、

その結果、

腹部の硬さの緩和に繋がるというわけですね。

特に右後頭骨に関しては、

腹部の硬さを取り除きたいときには、

チェックしておくことを、

おススメします!

 

  硬膜

硬膜はまず、

「後頭骨」

に付着するので、

⓶で説明したように、

後頭骨の硬さから小腸の硬さを作り、

その結果、

腹部の硬さを作ることに繋がってしまう。

ということです。

さらに、

硬膜は脊柱から仙骨まで付着しているので、

腹部だけではなく、

骨盤や胸郭の硬さにも影響します。

横隔膜や腸腰筋など、

深部筋は胸郭や骨盤に付着する筋が多いので、

硬膜が柔軟であることは、

非常に重要であることが分かると思います。

 

また、

硬膜は後腹膜ともつながりがあるので、

後腹膜の緊張緩和により、

腹部の硬さも和らぐといった結果が得られることが、

考えられます。

 

【まとめ】

今回は、

「どうしようもない腹部の硬さを取りきる3つのポイントとは?

というテーマでお話していきました。

 

腹部が硬すぎて、

腸腰筋や横隔膜なdの深部筋のアプローチが難しい場合は、

「小腸」

「後頭骨」

「硬膜」

の状態を評価し、

問題があれば治療していくことで、

驚くほどに腹部がユルユルに緩むことがあります。

筋骨格系だけでは難しい問題も、

頭蓋骨や内臓に対してのアプローチによって、

簡単に解決してしまうケースは、

この腹部の硬さだけに限らないので、

様々な分野にも視野を広げて、

治療を展開していくことは、

重要ではないかというのも、

今回の記事で伝えたいことの一つでもあります。

是非参考にしていただき、

より多くの患者様に貢献していただけたらと思います。

 

本日は以上になります

最後まで当協会の公式ブログをお読みいただき、

本当にありがとうございました!

ALLアプローチ協会 テクニカルトレーナー

渡会 賢太

 

【筋膜アプローチセミナー】

【メルマガ登録】
興味のある方は、公式サイトよりご登録お願いします。

 

LINE@登録はこちらから LINE@限定の治療テクニック配信中

 

「いいね」と思った方は、ツイッター・FB等でシェアしてくれますと幸いです

ピックアップ記事

  1. 【内臓セミナー事前学習】大腸の立体的イメージ・構造の理解を深める
  2. 頭蓋仙骨療法のための脳脊髄液の重要性とは?
  3. 心理学×筋膜・経絡・内臓セミナーin東京 12月17日 本当にレベルの高い1日 …
  4. 治療に必要な膝の痛みに関する構造について【変形性膝関節症】
  5. 【筋膜×運動連鎖】階段昇降時の膝痛に肩のある筋肉が原因となる新事実とは?

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    【症例報告】メンタルアプローチにより立ち上がり動作が改善した症例

    皆さんこんにちは!ALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー 渡…

  2. ALLアプローチ協会

    理学療法士が身につけておくべき栄養指導に必要な栄養学(マーガリン編)

    マーガリンについて・・・From 山口拓也埼玉 越谷 整体院よ…

  3. ALLアプローチ協会

    重度の変形性股関節症にも有効なある筋肉とは?

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございます!…

  4. ALLアプローチ協会

    頭蓋仙骨療法 素人でもできるセルフメンテナンスのご紹介‼︎

    頭蓋仙骨療法を簡単にセルフメンテナンス する方法?from 山口拓…

  5. ALLアプローチ協会

    リウマチに対応できるセラピストになるために

    皆さんこんにちは!ALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー 渡…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. ALLアプローチについて

    浅層フロントライン(SFL)&浅層バックライン(SBL)
  2. 山口拓也

    頸椎の重要性【筋膜・ジンクパターン・内臓治療との関連】
  3. 内臓治療

    脈診とは?【内臓評価・テクニック・東洋医学】
  4. 渡会賢太

    【筋膜×経絡】頑固な側腹部の硬さを効率的に緩めるには?
  5. ALLアプローチ協会

    肝臓治療における五行の活用「相生」「相克」
PAGE TOP