ALLアプローチ協会

どうしても取れない腹部の硬さを取りきる3つのポイントとは?

いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、

本当にありがとうございます!

ALLアプローチ協会 代表 山口拓也です。

本日も、

勉強熱心な理学療法士・柔道整復師・整体師など

セラピストの皆さんに向けて

明日からの臨床ですぐ使える治療のアイデアやヒントを

お伝えします。

 

今回は、

「どうしても取れない腹部の硬さを取りきる3つのポイントとは?

というテーマでお話していきます。

 

腰痛治療などで、

大腰筋や横隔膜など、

腹部の深部筋に対してアプローチをすることで、

腰痛が改善する方は、

臨床上多いと思います。

しかし、

この筋にアプローチがしたくても、

腹部があまりにも硬すぎて、

筋腹まで指が届かない!

と、

困ってしまうことってあると思います。

無理に力を入れて指を押し込んでも、

患者さんが痛がってしまったり、

なんとか筋腹まで触れても、

力み過ぎて触診の感覚が分かりづらくなり、

治療の精度が落ちてしまう。

 

原因が大腰筋だと分かっていても、

十分に治療が出来ていないので、

治療の成果がイマイチ出てこないといったことに

なってしまいます。

 

そこで今回は、

どうしようもないくらいに、

硬くなってしまっている腹部を、

改善させるアイデアとヒントを、

お伝えします。

 

それは、

ある3つの部位に対してアプローチすることで、

ほとんどの患者様で、

驚くほどに腹部がゆるゆるに緩めることができます。

「では、その3つの部位とはなにか?」

解剖学的な特徴と私の臨床経験を基に、

シェアしていきます。

 

  小腸

大腰筋などの深部筋を触診していく際に、

実際には、

小腸を介して触れていることになります。

そのため、

小腸自体が硬くなってしまうと、

なかなか大腰筋など深部筋に触れるのは、

困難になってしまいます。

つまり、

小腸に対してアプローチを行うことで、

腹部の硬さが緩和し、

触診や治療がしやすくなります。

また、

小腸は腹膜と、

筋膜を介して繋がっているので、

小腸の動きを出すことで、

後腹膜の緊張も緩和され、

深部筋が触診しやすくなる。

といった面もあります。

なので、

小腸をしっかりと緩めておくことは、

大腰筋などの深部筋にアプローチする上で、

とても有効であると思います。

 

  後頭骨

頭蓋骨が、

腹部の硬さに影響していることが、

臨床上非常に多いです。

特に、

「後頭骨」の動きを出していくことで、

一気に腹部が緩むなんてことが、

よく診られます。

 

また、

右の後頭骨と小腸は、

頭蓋×内臓の関連性のつながりがあるので、

後頭骨の調整で小腸の硬さが改善されて、

その結果、

腹部の硬さの緩和に繋がるというわけですね。

特に右後頭骨に関しては、

腹部の硬さを取り除きたいときには、

チェックしておくことを、

おススメします!

 

  硬膜

硬膜はまず、

「後頭骨」

に付着するので、

⓶で説明したように、

後頭骨の硬さから小腸の硬さを作り、

その結果、

腹部の硬さを作ることに繋がってしまう。

ということです。

さらに、

硬膜は脊柱から仙骨まで付着しているので、

腹部だけではなく、

骨盤や胸郭の硬さにも影響します。

横隔膜や腸腰筋など、

深部筋は胸郭や骨盤に付着する筋が多いので、

硬膜が柔軟であることは、

非常に重要であることが分かると思います。

 

また、

硬膜は後腹膜ともつながりがあるので、

後腹膜の緊張緩和により、

腹部の硬さも和らぐといった結果が得られることが、

考えられます。

 

【まとめ】

今回は、

「どうしようもない腹部の硬さを取りきる3つのポイントとは?

というテーマでお話していきました。

 

腹部が硬すぎて、

腸腰筋や横隔膜なdの深部筋のアプローチが難しい場合は、

「小腸」

「後頭骨」

「硬膜」

の状態を評価し、

問題があれば治療していくことで、

驚くほどに腹部がユルユルに緩むことがあります。

筋骨格系だけでは難しい問題も、

頭蓋骨や内臓に対してのアプローチによって、

簡単に解決してしまうケースは、

この腹部の硬さだけに限らないので、

様々な分野にも視野を広げて、

治療を展開していくことは、

重要ではないかというのも、

今回の記事で伝えたいことの一つでもあります。

是非参考にしていただき、

より多くの患者様に貢献していただけたらと思います。

 

本日は以上になります

最後まで当協会の公式ブログをお読みいただき、

本当にありがとうございました!

ALLアプローチ協会 代表 山口拓也

「いいね」と思った方は、ツイッター・FB等でシェアしてくれますと幸いです

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. なぜ、内臓治療を行った方がいいのか…【内臓調整、テクニック、マニュピレーション】…
  2. 【内臓治療】便秘に対する内臓アプローチ(大腸の奇形や変形パターン含め)
  3. なぜ変形性股関節の痛みに外旋六筋が原因となりやすいのか?
  4. 【自律神経アプローチ】自律神経セルフケアの重要性
  5. 【栄養指導・たんぱく質 パートⅡ】セラピストに必要なタンパク質指導の知識

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    十二指腸 内臓治療編 【テクニック・内臓治療・マニュピレーション】

    十二指腸治療編 【テクニック・内臓治療・マニュピレーション】皆…

  2. ALLアプローチ協会

    【変形性膝関節症】上肢にアプローチして膝関節屈曲の痛みが改善した症例

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  3. ALLアプローチ協会

    【五十肩】知らなければ絶対やらない経絡筋膜アプローチ

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  4. ALLアプローチ協会

    手のアーチ 足のアーチの重要性とは?【構造‐機能‐筋肉】

    皆さん こんにちは ALLアプローチ協会代表 山口拓也です。い…

  5. ALLアプローチ協会

    死の4重奏・5重奏に必要な指導・アプローチについて

    皆さん いつもメルマガを読んで頂き本当に有難うございます。ALLア…

  6. ALLアプローチ協会

    【内臓セミナー事前学習】大腸の立体的イメージ・構造の理解を深める

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

プレミアムコースのご案内

年間コミニティー×オンラインサロン

栄養学プロフェッショナル認定コース

関連サイト

 

 

セミナー案内

最近の記事

マーケティング公式メルマガ

美容テクニック専門の公式メルマガ

心理学専門の公式メルマガ

Facebookページ

インスタグラム

Tik Tok

YouTubeチャンネル

 

 

 

 

 

 

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

スタッフ・仲間募集中

  1. メンタルアプローチ

    自律神経症状の根本的なアプローチとは?
  2. 内臓治療

    【内臓治療】胃の解剖的特徴(膜と立体感)
  3. セルフメンテナンス

    【自律神経アプローチ】自律神経セルフケアの重要性
  4. ALLアプローチ協会

    治療家自身の感覚レベルを高めるワークを紹介!
  5. ALLアプローチ協会

    【仙腸関節】仙腸関節アプローチの応用的視点
PAGE TOP