ALLアプローチ協会

なぜ、大腰筋で五十肩が改善するのか?

新年あけましておめでとうございます。

今年もALLアプローチ協会をよろしくお願いいたします。

今年もセラピストの皆さんにお役に立てる情報を、

惜しみなく発信していきますので、

どうぞよろしくお願いいたします!

申し遅れました!汗

ALLアプローチ協会 テクニカルトレーナー

渡会 賢太です。

本日も、

勉強熱心な理学療法士・作業療法士・柔道整復師・整体師など

セラピストの皆さんに向けて、

明日からの臨床ですぐ使える治療のアイデアやヒントを

お伝えします!

 

今回は、

「なぜ、大腰筋で五十肩が改善するのか?」

というテーマでお話していきます。

 

「大腰筋」と言えば、

腰椎から起始して、大腿骨に付着する筋であり、

姿勢の保持や歩行に、

とても重要な筋として有名ですよね。

そして、

腰痛治療において、

この大腰筋が原因で腰痛を引き起こしている方が多くいて、

腰痛の方によく治療する筋肉として、

皆さんご存知かと思います。

 

そんな大腰筋をアプローチすることで、

「五十肩」

の痛みや可動域制限が、

が改善するケースが、

臨床上多く診られることがあります。

「では、なぜ大腰筋で五十肩が改善するのか?」

その理由について、

解剖学や運動学的特徴から、

解説していきます。

 

【大腰筋が原因となりやすい3つの動き】

一概に五十肩と言っても、

肩のどのような動きで痛みや、

可動域制限があるのか?

肩挙上時なのか、伸展時なのか?

患者様によって様々だと思います。

今回は、

特に大腰筋が原因となりやすい動きを、

「3つ」

ご紹介いたします。

  肩関節伸展

肩関節内外転0°で、腕を後ろに引いた時。

 

  肩関節水平外転

肩関節90°外転位で後方に腕を引いた時。

 

  肩関節2nd外線時

肩関節90°外転位、肘関節90°屈曲位で、

肩関節を外旋させた時。

 

この3つの動きで、

痛みや可動域制限がある倍の五十肩は、

大腰筋で改善するケースが、

特に多いです。

 

それでは、

「なぜ、大腰筋が上記の3つの動きの痛みや可動域制限を作るのか?」

について解説していきます。

 

【筋膜のつながりから原因を考える】

上記で挙げた、

  肩関節伸展

  肩関節水平外転

  肩関節2nd外線

の痛みの原因や可動域制限として考えられる筋として、

まずはシンプルに、

反対の作用をする筋(拮抗筋)が原因になっていることが考えられます。

具体的には、

  伸展⇒屈曲

  水平外転⇒水平内転

  2nd外旋⇒2nd内旋

に作用する筋が考えられます。

その中でも特に関わりが深いのが、

「小胸筋」、「上腕二頭筋(長頭)

が挙げられます。

この2つの筋が五十肩の原因になりやすいことは、

養成校などでも教わってきたレベルの内容だと思います。

 

ここからが重要になってきます。

この、

「小胸筋」、「上腕二頭筋」は、

アナトミー・トレインの書籍で記されている、

筋膜ラインの中で、

「ディープ・フロント・アーム・ライン(DFAL)

に含まれる筋になります。

 

また、

大腰筋は、

「ディープ・フロント・ライン(DFL)

に含まれる筋です。

 

さらに、

「小胸筋」は、

DFLDFALを繋いでいる筋とされており、

小胸筋を介してDFLからDFALに移行するラインと、

そのまま上行して、

斜角筋、頸長筋、顎二腹筋と、

移行していくラインとで区分されます。

 

つまり、

大腰筋と小胸筋・上腕二頭筋は、

筋膜を介してつながりがある。

ということになります。

 

よって、

「大腰筋」が短縮していることで、

小胸筋や上腕二頭筋の硬さや滑走不全を引き起こし、

上記で挙げた3つの肩の動きに影響を及ぼし、

結果的に、

肩の痛みや可動域制限に繋がるといったことが、

考えられるということです。

 

【まとめ】

今回は、

「なぜ、大腰筋で五十肩が改善するのか?」

というテーマでお話しました。

大腰筋が原因となりやすい3つの特区腸的な動きとして、

  肩関節伸展

  肩関節水平外転

  肩関節2nd外線

になります。

 

そして上記3つの動きの、

痛みや可動域制限となりやすいの代表が、

「小胸筋」、「上腕二頭筋」

なんですが、

筋膜のつながりで、

大腰筋とこの2つの筋は深いつながりがあり、

大腰筋が原因で2つの筋の柔軟性低下・滑走不全を起こし、

結果的に五十肩の痛みの原因となる事がある。

ということです。

 

もしあなたが今診ている五十肩の患者様が、

肩関節周囲の治療だけではなかなか痛みが取り切れない。

もしくは、

その場は痛みが取れてもすぐに痛みが戻ってしまうのであれば、

大腰筋も評価の対象に入れていただき、

問題があれば治療をしてみてください。

きっと、

今までにない変化を出すことが出来るでしょう!

ぜひ参考にしていただき、

より多くの五十肩の患者様に、

貢献していただけたらと思います♪

 

本日は以上になります。

最後まで当協会の公式ブログをお読みいただき、

本当にありがとうございました!

それではまた!

ALLアプローチ協会 テクニカルトレーナー

渡会 賢太

 

セミナーのご案内

【心理学×筋膜・経絡・内臓セミナー】

 【心理学×栄養学セミナー】

ALLアプローチ協会

 

【メルマガ登録】

理学療法士-作業療法士-セミナー 

ピックアップ記事

  1. ストレス・重だるさに対する治療アプローチについて
  2. 脂肪と炎症と毒素(太ると良いことないなぁ~)
  3. 痛みの原因と分類を基礎から学び臨床に活かす(末梢神経・脊髄・脳)
  4. 誰でも腸活って実は危ないこともある 小腸内細菌増殖症(SIBO) 後半
  5. 内臓治療×筋膜×収縮を利用した内臓アプローチとは?

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    【頭蓋・内臓】発達の過程から考える頭蓋骨と内臓のつながり

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  2. ALLアプローチ協会

    【内臓治療】脾臓治療の効果を最大化するマル秘テクニックとは?

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございました…

  3. ALLアプローチ協会

    【腰痛治療 パートⅣ】体幹機能を支える神経システムと内臓の関係性

    おはようございます。All アプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道…

  4. ALLアプローチ協会

    リウマチに対応できるセラピストになるために

    皆さんこんにちは!ALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー 渡…

  5. ALLアプローチ協会

    栄養ください!!肝臓は、無料で働かない

    おはようございます allアプローチ協会 鈴木 正道 です。 …

  6. ALLアプローチ協会

    頭蓋仙骨療法のための脳脊髄液の重要性とは?

    頭蓋仙骨療法のための脳脊髄液の重要性とは?From 山口拓也 …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. ALLアプローチ協会

    【肩こり治療】内臓と感情が肩こりへ与える影響
  2. 内臓治療

    生理痛に対する内臓・筋骨格・頭蓋治療について
  3. 健康・体質・栄養

    【内臓】逆流性食道炎の原因
  4. ALLアプローチ協会

    血管を知るって楽しいね♪ 血流と内臓から股関節を考える
  5. ALLアプローチ協会

    胸骨治療の重要性【リンパ・メンタル・自律神経への関与】
PAGE TOP